EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
ニュース

【UFC】“ギガキック”が炸裂するか、チカゼとバルボーザ、注目のストライカー対決! TUF決勝2試合も

2021/08/28 22:08
 2021年8月28日(日本時間29日)に、米国ネバダ州ラスベガスのUFC APEXにて「UFC Fight Night: Barboza vs. Chikadze」が開催される。  前日計量では、メインイベントのフェザー級(145ポンド/65.8kg)で対戦する、ギガ・チカゼ(ジョージア)が145.5ポンド(65.99kg)、エジソン・バルボーザ(ブラジル)が145ポンド(65.77kg)で共にパス(※タイトル戦以外は1ポンドオーバーまで可)している。  フェイスオフでは、チカゼが両手を落として脱力しながらバルボーザを見据えて近づくと、バルボーザは両拳を握りファイティングポーズ。ともに視線を外さず。間にダナ・ホワイト代表が入ると、チカゼは軽く一礼をしてから正面にガッツポーズを作った。  MMA13勝2敗のチカゼはフェザー級10位。ジョージアで極真空手を始め、沖縄剛柔流空手に取り組み黒帯三段を持つストライカー。剛柔流の試合のみならず極真、松濤館、糸東流の試合にも出場。  2007年から2年間ゴールデングローリーで練習し、その後、2年間をマイクス・ジム、最後の3年間はボス・ジムに所属し、ダッチ・キックボクシングを7年に渡って学び、It's ShowtimeやGLORYで活躍。  米国に移ってからは、元シュートボクセのハファエル・コルデイロ率いるキングスMMAに所属。2015年12月のWSOF 26: Palmer vs. AlmeidaえでMMAデビューも判定負け。Gladiator Challengeで経験を積み、2019年9月にオクタゴンデビュー。  UFCで無敗の6連勝を飾り、キャリア8連勝中だ。2021年5月の前戦カブ・スワンソン戦では得意の左三日月蹴りでダウンを奪い、63秒でパウンドアウトしている。  対するMMA22勝9敗のバルボーザは、フェザー級9位。8歳からムエタイを始め、28戦25勝(22KO)3敗。2009年1月にブラジルから米国フロリダ州に移り、エルメス・フランカに師事。同年4月にプロMMAデビュー。6連勝でUFC入りを決めた。  2010年11月にUFCデビューし、2016年4月にはライト級3位のアンソニー・ペティスに3-0の判定勝ち。2017年12月には2位のハビブ・ヌルマゴメドフと対戦も判定負け。ライト級で上位まで行ったが、王座挑戦には至らず。  2020年5月にフェザー級転向初戦で15位のダン・イゲと対戦し、スプリット判定で惜敗。2020年10月にマクワン・アミルカーニに判定勝ちすると、2021年5月の前戦では、フェザー級9位のシェーン・ブルゴス相手に、3Rにカーフを効かせての右フックでダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。2連勝を飾っている。  ともに蹴りを得意とするストライカーだが、オーソドックス構えのバルボーザに対し、チカゼは基本サウスポー構えながら右でも左でも歩くようにスイッチし、一撃必殺の後ろ廻し蹴りも武器に持つ。懐が深いためデフェンス力も高い。バルボーザにも得意のローキック、そして三日月蹴りはあるが、喧嘩四つのなかでどれだけ発揮できるか。近年は打たれ弱さが見えることも気になるところだ。  そのほか、メインカードには、TUFフィナーレ(チームヴォルカノフスキー vs. チームオルテガの)のミドル級とバンタム級の決勝2試合も組まれている。  日本時間8月29日(日)朝8時(予定)にスタートするプレリム6試合が、UFC公式サイトおよびYouTube公式チャンネルでライブ配信されるほか、UFC FIGHT PASSではプレリムを含め、11時開始予定のメインカード6試合もライブ配信される。 [nextpage] UFC Fight Night: Barboza vs. Chikadze 計量結果&全写真 現地時間2021年8月28日(土)、日本時間8月29日(日)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX 【メインイベント】 ▼フェザー級 5分5Rエドソン・バルボーザ(ブラジル)145lbs/65.77kgギガ・チカゼ(ジョージア)145.5lbs/66.00kg 【セミメインイベント】 ▼ミドル級 5分3R(TUFフィナーレ/サドンデスの場合は第4Rあり)ブライアン・バトル(米国)185.5lbs/84.14kgギルバート・ウルビナ(米国)186lbs/84.37kg 【メインカード】 ▼バンタム級 5分3R(TUFフィナーレ/サドンデスの場合は第4Rあり)リッキー・トゥルシオス(米国)135lbs/61.24kgブレイディ・ヒースタンド(米国)135.5lbs/61.46kg ▼ウェルター級 5分3Rケビン・リー(米国)170.5lbs/77.34kgダニエル・ロドリゲス(米国)171lbs/77.56kg ▼ミドル級 5分3Rアンドレ・ペトロスキー(米国)185.5lbs/84.14kgマイケル・ギルモア(米国)184lbs/83.46kg ▼ミドル級 5分3Rマフムート・ムラドフ(ウズベキスタン)184.5lbs/83.69kgジェラルド・マーシャート(米国)185lbs/83.91kg [nextpage] 【プレリム】 ▼ミドル級 5分3Rアレッシオ・ディ・キリコ(イタリア)185.5lbs/84.14kgアブドゥル・ラザク・アルハサン(ガーナ)185.5lbs/84.14kg ▼ミドル級 5分3Rサム・アルビー(米国)185.5lbs/84.14kgウェリントン・トゥルマン(ブラジル)185.5lbs/84.14kg ▼ライトヘビー級 5分3Rダスティン・ジャコビー(米国)203.5lbs/92.31kgダレン・スチュワート(英国)204.5lbs/92.76kg ▼女子フライ級 5分3RJ.J.アルドリッチ(米国)125lbs/56.70kgバネッサ・デモポロス(米国)125.5lbs/56.93kg ▼フェザー級 5分3Rジャマル・エマース(145.5lbs/66.00kg)パット・サバティーニ(145.5lbs/66.00kg) ▼バンタム級 5分3Rマーナ・マルティネス(米国)140lbs/63.50kg ※グイド・カネッティ(アルゼンチン)135.5lbs/61.46kg ※マルティネスが体重超過。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のカネッティに報奨金の30%を支払う
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント