ONEONE
キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT-EX】龍聖が120秒TKO圧勝、大晦日RIZINで師匠HIROYAと「最初で最後、同じ日に試合をしたい」

2021/08/22 20:08
SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX vol.4 ~BLACK FIGHT~2021年8月22日(日)東京・新宿FACE ▼メインイベント(第5試合)KNOCK OUT-BLACKフェザー級 3分3R延長1R○龍聖(TRY HARD GYM)TKO 1R 2分00秒 ※左右連打×井上竜太(Hard Worker/INNOVATIONフェザー級4位)  龍聖は小学1年生でキックボクシングを始め、HIROYAの指導を受けアマチュアで多くの経験を積んで2019年4月にプロデビュー(KO勝ち)。“HIROYAが送り込む刺客”として同年8月のREBELSに初参戦し、強打で2R53秒KO勝ち。その後もKOで連勝し、2020年12月のREBELSでは聖域統一フェザー級王者・光太郎ZLSに1Rわずか51秒でハイキックによるKO勝ち。6戦6勝全KO勝ちのパーフェクトレコードを更新していたが、前回3月大会で大脇武に判定勝ち。無敗記録は更新したものの初めてKOを逃してしまった。戦績は7勝(6KO)無敗。  井上は11戦無敗の記録を更新していたが、6月のシュートボクシングで手塚翔太に敗れ、初黒星を喫した。戦績は7勝(3KO)1敗4分。両者とも2001年生まれ同士の対決となった。  1R、龍聖はジャブを突いてロー、井上もローで対抗する。じりじりとプレッシャーをかけていく龍聖は接近すると左フックでダウンを奪う。続いて顔面前蹴り、右ハイ。  井上はジャブを突いてローを蹴るが、龍聖がボディからのコンビネーションパンチで左フックをヒットさせる。さらに左右ボディからの右カーフキック2連発。飛びヒザ蹴りからの左右連打で井上がコーナーにもたれかかったところでレフェリーがストップした。  圧勝を遂げた龍聖は「試合数が減っちゃたりしてその中でKNOCK OUTを応援してくれてありがとうございます。内容もまだまだで喜べる内容ではないですけれど格闘技界を引っ張っていけるように頑張っていきます」と宣言した。  試合後のインタビューでは、まずは年内にKNOCK OUTのタイトルを獲り、「大晦日のRIZINでHIROYAさんが引退試合をやるなら、HIROYAさんに憧れて始めたので最初で最後の同じ日に試合がしたい。それがストーリーだし、運命なのかなと思います」と、師匠のHIROYAと同じリングで試合がしたいと話した。 [nextpage] ▼セミファイナル(第4試合)KNOCK OUT-BLACKライト級 3分3R△カミシロ(PHOENIX/2017・2018北斗旗全日本空道体力別選手権大会-240クラス優勝)ドロー 判定1-1 ※29-29、28-29、28-30△Apollo中山(GOD SIDE GYM/2021年KNOCK OUTアマチュア・アダルト65kgトーナメント優勝)  2017・2018年北斗旗全日本空道体力別選手権大会-240クラス優勝の実績を持つカミシロ(=神代雄太)が、2021年KNOCK OUTアマチュア・アダルト65kgトーナメント優勝のApollo中山と対戦。カミシロは29歳で1勝1敗、中山は33歳で1勝(1KO)と遅れてきた新人同士の対戦となる。  1R、スピーディーに動く中山は左右に構えを変えながら飛び込んでの右フックを見せる。それを追いかける形のカミシロ。リングを広く使って回り込み、飛び込んでくる変則的な中山にカミシロはワンツーで攻め込むが動く中山を捉えられない。  2R、カミシロは右ローと右ミドルで動きを止めにかかるが、中山の左フックをもらう。中山が入ってくるところにはカミシロが左フックを合わせる。両方の構えからフックで飛び込んでくる中山だが、カミシロは目が慣れたか中山のフックをかわして左フック、右ミドル。  3R、カミシロの右ミドルをキャッチして右フックを打つ中山は踏み込んでの右フックも繰り出す。カミシロは左フックで迎え撃って右の蹴りにつなぐ。  判定は三者三様のドロー、両者痛み分けに終わった。 [nextpage] ▼第3試合 KNOCK OUT-BLACKスーパーフェザー級 3分3R×斧田雅寛(KIBAマーシャルアーツクラブ)KO 1R 2分32秒 ※3ノックダウン○我如古優貴(BEST GYM)  1R、ジャブと右ミドルの我如古に斧田はもらいながらも前に出る。その前に出る斧田にジャブで十分な距離をとった我如古は斧田が近付いてきたところに右フックでダウンを奪う。  続いて右の連打で押していった我如古が右フックでダウンを追加。ロープを背負う斧田にジャブ、ワンツーを我如古が打ち、斧田がロープにもたれかかったところでレフェリーがストップ。我如古が初回KO勝ちを飾った。  マイクを持った我如古は「沖縄から来ました我如古です。初めまして。1年半ぶりの試合で感謝しています。もっともっと沖縄からも強い選手いっぱいいて試合できなくてうずうずしている選手がいるので沖縄にも注目してもらえると嬉しいです」と沖縄をアピールした。 [nextpage] ▼第2試合 KNOCK OUT-BLACK 61.0kg契約 3分3R×佐藤拓也(クロスポイント吉祥寺)判定0-2 ※29-29、28-29、29-30○渋谷昂治(東京町田金子ジム)  1R、開始と同時に放ったサウスポーの渋谷の左ローがローブローに。再開後、右ミドルを蹴る佐藤と右フックを打つ佐藤だがすぐに首相撲となり、両者攻撃なくブレイクとなる展開に。  2R、オーソドックスに変えた渋谷は佐藤のパンチと右ミドルを受けても“効いてないよ”という表情。細かいパンチでロープに詰める佐藤だが渋谷が左ストレートで反撃。  3R、佐藤の連打に渋谷がガードを固めると佐藤はボディへの連打。渋谷も右フックを返す。再びサウスポーに構える渋谷に右のパンチを当てに行く佐藤。渋谷もパンチを返して左ハイ。疲れが見える中、佐藤が右を2発顔面に当てて試合終了。判定2-0で渋谷の勝利となった。 [nextpage] ▼第1試合 KNOCK OUT-BLACKフェザー級 3分3R×上野仁弘(スクランブル渋谷/2021年KNOCK OUTアマチュア・アダルト60kgトーナメント優勝)判定0-3 ※29-30×2、28-29○中島凛太郎(NEXT LEVEL渋谷)  1R、中島は鋭い踏み込みからの重い右ローを連発、上野は首相撲に捕まえてのヒザ蹴りで対抗。中島は思い切り踏み込んでの右クロス、右ストレートもヒットさせる。上野は左フックから組み付いてのヒザに持ち込む。  2Rもしつこく右ローを蹴る中島。上野は長いリーチからパンチを繰り出すが空振り。中島の右ローに上野がワンツー、そして組んでのヒザ。両者組むともつれて転倒を繰り返す。  3R、中島は右ロー、左インローを蹴るが上野が接近すると組み付きを多用。パンチを出すたびに両者組み合うという展開が続き、試合終了。中島が判定3-0で勝利した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事