MMA
ニュース

【ONE】サムエー敗れる! プラジャンチャイが新王者に。ンサンがアタイデスをKO「ミャンマーに祈りを」。澤田龍人が元五輪戦士バラートに判定負け、ビクトリア・リーが連勝

2021/07/30 14:07
 2021年7月30日(金)シンガポール・インドアスタジアムにて「ONE:BATTLEGROUND」が開催された。 ONE: BATTLEGROUND 速報 ▼ONEストロー級ムエタイ世界タイトルマッチ ×サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)王者/56.30kg, 1.0107[判定0-2]〇プラジャンチャイ・PK・センチャイムエタイジム(タイ)挑戦者/56.70kg, 1.0248※プラジャンチャイが新王者に  サムエーはルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級とスーパーフライ級の2階級、プロムエタイ協会ではスーパーバンタム級・スーパーフライ級・フェザー級の3階級を制覇。2011年にはルンピニー・ファイター・オブ・ザ・イヤーとスポーツライターズ・フレンズ・ファイター・オブ・ザ・イヤーの両方を受賞しているムエタイレジェンド。  ONE最初のムエタイの試合を戦ったサムエーは、ONEフライ級ムエタイ世界王者にもなったが、2019年5月にジョナサン・ハガティに判定負け後、10月にストロー級転向。ダレン・ローランドにKO勝ちすると、12月にはワン・ジュングァンに判定勝ちし、新設されたONEキックボクシング世界ストロー級王者となった。さらに2020年2月、ロッキー・オグデンを破りムエタイ世界同級王座も獲得して二冠王に2020年10月にはジョシュ・トナーに2RでTKO勝ちし、初防衛に成功している。戦績は370勝47敗9分。  プラジャンチャイは元ラジャダムナンスタジアム認定フライ級王者、元ルンピニースタジアム認定バンタム級&スーパーバンタム級王者。ボクシングでもWBAサウスアジア・バンタム級&フェザー級王座に就いている。  スピードがあり、ハイレベルなテクニシャンタイプのムエタイトップファイターの一人で、パンパヤック、ルンキット、プーンコン、ピチットチャイといった一流強豪ファイターたちと拳を交えている。今年3月には7チャンネルのTVマッチでロンナチャイから勝利を収めた。ONEには今回が初参戦で、いきなりのタイトル挑戦となる。  1R、オープンフィンガーグローブのムエタイ戦。身長で5cm高いサムエーはサウスポー構え。プラジャンチャイはオーソドックス構え。先にジャブで圧力をかけるプラジャンチャイ。さらに右ミドル。左ミドルを返すサムエー。プラジャンチャイは積極的に前に詰める。  左ボディストレートを返すサムエー。プラジャンチャイは右ミドル・前蹴りもさばくサムエー。左奥足ローを当てるとさらに左ミドル。しかし、その蹴り足を掴んで右ストレートでプラジャンチャイがダウンを奪う!  2R、先に左ミドルを当てるサムエー。右インローを返すプラジャンチャイ。左ボディストレートを返すサムエー。左ミドルのダブル、左テンカオを入れる。右ミドルを脇腹に当てるプラジャンチャイ。さらにワンツー! 攻撃の戻しが速く打ち終わりを狙えないサムエー。左ミドルを当てるが、スピードで勝るプラジャンチャイはワンツースリーと連打する。  3R、流れを戻したいサムエーは左ミドルから。しかし前に詰めるプラジャンチャイ。サムエーの左の攻撃に左回りで避けて、右ミドルを返す。さらに右ボディストレート。左ジャブを返すサムエー。ワンツーのパンチで攻めるプラジャンチャイ。右でサムエーのアゴを上げさせる。  サムエーは左ミドルを当てるが、その打ち終わりにプラジャンチャイは右、さらにアッパーがガードの間を抜ける。サムエーの左ハイをかわして右ミドルを突くプラジャンチャイ。サムエーも右ジャブから左ミドル。サムエーの左ミドルをダッキングして2度かわしてせる。  4R、先に右ミドルを打つプラジャンチャイ。左ミドルを返すサムエーにカウンターの右も。プラジャンチャイの蹴り足を取ってこかすサムエーは、左の攻撃でペースを掴みにいく。左ジャブから右ストレートで跳びこむプラジャンチャイに、左ストレートを当てるサムエー!  追うサムエーにガードを固めるプラジャンチャイ。サムエーの金的へのヒザ蹴りでインターバルを取る。ワンツーから右ミドルに繋ぐプラジャンチャイ。サムエーは左ミドルを当てるが、その蹴り足を掴んで右を当てるプラジャンチャイ。しかしサムエーはプラジャンチャイの右をかわして左ミドルを当てる。ここはサムエーが取ったラウンドか。  5R、左ミドルをガード上に当てるサムエー。プラジャンチャイは逃げ切りに入らず左右からヒジで前へ。そこを脇を差して回すサムエー。プラジャンチャイはワンツーの右をサムエーの引いたアゴに当てる。サムエーも左ミドル。さらに組み付いたプラジャンチャイに左ヒジ!  声を出しながら前に詰めるプラジャンチャイだが、深追いはせず。組んでの崩しはサムエー。左ミドルを当てるが、それを掴んで右を返す、ONEの裁定を意識したプラジャンチャイ。プラジャンチャイの蹴り足を掴んで左を打ち込むサムエーだが、連打は出来ず。   判定は2-0でプラジャンチャイが勝利し、ベルトを肩にかけた。戴冠に涙を流すプラジャンチャイは「とても幸せだ。この試合のゲームプランを作ってくれたチーム、コーチに感謝したい」と語った。 [nextpage] ▼ミドル級→95.8kg 5分3R〇アウンラ・ンサン(米国/ミャンマー)95.8kg, 1.0207 ※体重超過[1R 3分45秒 KO]×レアンドロ・アタイデス(ブラジル)92.60kg, 1.0191 ※ンサンがミドル級(93.0kg)から2.3kg体重超過の95.8kg、キャッチウェイトで試合は行われる。ンサンはファイトマネーの20%をアタイデスへ支払う。  元ONE2階級世界王者アウンラ・ンサン(米国/ミャンマー)は再起戦。ミャンマーの英雄ンサンは、コロナ禍の2020年10月と2021年4月にライニア・デ・リダーとミドル級とライトヘビー級の2つのタイトル戦で対戦。初戦でリアネイキドチョークで敗れ、再戦では判定負けを喫している。  連敗からの再起戦の相手は、レアンドロ・アタイデス。2018年5月にヴィタリー・ビグダシュを3R TKOに下し、2020年2月にンサンが2度敗れているライニア・デ・リダーに判定まで持ち込むも敗れているブラジルの強豪だ。ンサン対策としてデ・リダーとも練習を積んできたというアタイデス。対するンサンは、米国のサンフォードMMAでローリー・マクドナルドらと練習を積んできた。  1R、ともにオーソドックス構え。先に右ハイを見せるンサン。さらに右ストレート、左ミドルも。続く右をかわして左を振るアタイデスは左ロー。  さらに左右フックで前進するンサンにカウンターのダブルレッグテイクダウンはアタイデス! 足を効かすンサンにいったん離れたアタイデスだが、ンサンの立ち際にスタンドバックに。金網まで歩いて防ぐンサン。ブレーク。  左ジャブを突き、右ハイも見せるンサンはボディストレートも。さらに金網に詰めて、左ヒザを突くと、左右フック! 崩れ落ちたアタイデスを見てレフェリーが間に入ると、後ろを向き、マウスピースを吐き出したンサン。  勝利コールにも何か激高し、ケージ外にいるチャトリ・シットヨートンにも語りかけると、ケージ内に戻り、「彼(アタイデス)に試合前のインタビューで、怯えてるんじゃないかと言われていた、自分は誰一人として恐れたことなど、ない。ミドル級、どうぞ、誰でも。レッツゴー。誰とでもやる。チャンピオンとやりたい、ウェルター級選手とだっていい、チャンピオンとやりたい」と、対戦をアピール。  さらに、「アブソフ、待ってるよ、レッツゴー、やろうじゃないか。それからレジェンドの岡見勇信、ビグダシュとやったってエキサイティングな試合になるだろう。実現してほしい。誰もつまんない試合なんかみたくないだろ。ファンが望むようなエキサイティングな試合を見せたい」と、次戦について語った。  続けて、涙ぐみながら「ミャンマーの人たちのために祈りたい。僕たちみんなにとってとても辛い時期が続いている。とりわけ僕自身にとってはすごくきつかった、ジムに行くときもミャンマーにいる人たちのことを思ってしまって……、どうかミャンマーの未来について考えよう。自分自身のためのことばかりでなく。みんな、ありがとう」と、混乱の最中にある母国に注目してほしいと語った。 [nextpage] ▼ストロー級 5分3R×澤田龍人(日本)56.50kg, 1.0144[判定0-3] ※バラートに2枚のイエローカード〇グスタボ・バラート(キューバ)56.35kg, 1.0078  澤田は、「Evolve MMA」のトライアウトに合格し、シンガポールに移住して2年。コロナ禍のなかロックダウンも経験し、メンタルも強くなったという。Evolveではアレックス・シウバやデェダムロン、ション・ジンナン、サムエーらとトレーニングを積んできた。  4月の前戦では、ミャオ・リータオとの再戦を直前に受けて判定負け。今回は、同じレスリングベースながら元五輪レスラーでATT所属のバラートとの対戦する。バラートは、2012年のロンドン五輪グレコローマンレスリング55kg級準々決勝進出、パンアメリカン・グレコローマン・レスリング3度王者。ONE参戦後、和田竜光、チャン・ロタナ、ロビン・カタランと強豪相手に3連敗を喫している。  澤田は『SEKAI NO OWARI』に入場曲が戻り、花道を歩く。バラートはグラジエーター姿で入場。  1R、サウスポー構えのバラート。オーソドックス構えの澤田に、バラートは大きな左フックを振り、左ローも金的に。中断。再開。右ハイをガード上に当てる澤田。  左ミドルを返すバラートは左の強打で前に。ブロックする澤田は押し返して右ミドル! ガードするバラートの左右に一転、シングルレッグから腕十字に入る澤田。  しかし短い腕を抜くバラート。澤田は右の前蹴りを腹に突く。詰めて左フックを振るバラートにバランスを崩す澤田。バラートの首を抱える澤田。そこにバラートは左ヒザも金的に。中断。再開。  右ハイを空振りは澤田。バラートは右の関節蹴り。詰めて右ミドルから前に出る澤田。組んでシングルレッグを回してテイクダウン。バックから足をかけようとするバラート。かけさせず立つ澤田だが、バックについていくバラートは背後からヒザ。ボディロックし澤田を投げて崩す。澤田が立ち上がってゴング。  2R、ローから入る澤田。左フックのバラートはシングルレッグもスイッチで崩しに行く澤田だが、この攻防でバラートはバックを取らせず。スクランブルからスタンドバックを奪うのはバラート。前転して逃れようとする澤田を投げて崩して、亀の背後からパウンド! ヒザも突く! 立とうとする澤田の右手・右足を抱えて崩すバラート! がぶりからヒザを突く。  頭を抜いた澤田が前に出るもそこに左を振るバラートはバッティング。頭を触る澤田だが試合は続行。テイクダウン狙いに入る澤田だが、金網際で体を入れ替えるバラートが右を振る。  3R、左フックを振るバラート。ガードを固め前に出るが、バラートは跳んでの左ミドルも3回目のローブローと判断され、イエローカードが出され、攻勢点の20%の減点。澤田の右にアゴが上がるバラートだが、フックを振ってダブルレッグテイクダウン! ボディロックから澤田をコントロールし、バックスープレックス!    立ち上がりアームロックを狙う澤田だが、クラッチは取れず。背後から左手を股下に伸ばしてスイッチを狙うが、腕を切るバラートはバックコントロール。さらにダブルレッグから腰に乗せて投げてテイクダウン! 澤田の立ち上がり際をがぶりヒザ! 背中をつけてフルガードを取る澤田。  腕十字を狙うが、すぐに察知しサイドに回ると亀になる澤田にパウンド! しかしそれが後頭部に入り、中断。2枚目のイエローカードがバラートに出され、合計40%の減点。再開後、すぐにゴング。  判定は3-0でバラートが勝利。減点がありながらレスリングでのドミネート&パウンドでONE初白星を掴んだということか。澤田は度重なる反則もあり勝機を掴めず。2連敗となった。 [nextpage] ▼女子アトム級 5分3R〇リトゥ・フォガット(インド)52.10kg, 1.0087[判定3-0]×リン・ホーチン(中国)52.20kg, 1.0116  1R、ともにオーソドックス構え。長身から右ローを当てるホーチン。さらにサイドキックはかわすフォガット。なおも右ローを当てるホーチン。左インローも前足に突く。  左ジャブで打入りするホーチン。左ローの打ち終わりに組んだフォガットはダブルレッグも左手を差し入れたホーチン。フォガットの崩しを切ると離れる。  フォガットの打ち終わりに右を伸ばすホーチン。フォガットはニータップで組んで首投げテイクダウン! ホーチンの左手を両足で挟みアームバーにとらえるが、長い足をかけるホーチンは立ち上がりに成功。  左前蹴りはホーチン。ワンツーの右を伸ばすと、フォガットも右ストレートのダブル。しかしホーチンも長い右を当て返す。  2R、左ローとジャブを見せるホーチン。フォガットは左手を前に出して右ストレートで前に! さらに右を振って左で差して足を取ってテイクダウン! フルガードで腕を狙うホーチンを切り、片足を抜くフォガットがパスガード。ヒジを顔面に突く。  下から首だけを挟むホーチン。首を抜いたフォガットはサイドからヒザ。さらにホーチンの左腕を右ヒザで押さえつけてパウンド! 顔面にヒジも押し付ける。  3R、右のスーパマンパンチで入るフォガット。ホーチンは右ロー。そこにカウンターのパンチを狙うフォガット。ジャブを突くホーチン。左サイドキックも距離を取るもの。そこに詰めるフォガットは簡単にシングルレッグテイクダウン。中腰から強いパウンド! ホーチンも下から蹴り上げを見せる。  足をさばきサイドから鉄槌はフォガット! マウントを奪いネッククランク狙い。ホーチンが首を抜き、両足をシザーズでからませたところでゴング。  判定は3-0でフォガットが完勝。5月にビー・ニューイェンにスプリット判定負けを喫したフォガットだが、再起を果たした。ホーチンは前回のONEデビュー戦でジョマリー・トーレスに三角絞めで勝利するなど11連勝中だったが、3年8カ月ぶりの黒星となった。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R×チェン・ルイ(中国)65.80kg, 1.0103[判定0-3]〇ジェレミー・パカティウ(フィリピン)65.80kg, 1.0237  フィリピンのパカティウは、2019年12月のBrave CFで、かつてRIZINで元谷友貴を体重超過で倒している(NC)フェリペ・エフラインにTKO勝ちした選手。  1R、ワンツーで前に出るパカティウ、右を強振。さらに大きな左アッパーも。かわすルイに詰めてダブルレッグテイクダウンはパカティウ! サイドからすぐにバックテイクし、胴に足を4の字に巻き、背後からリアネイキドチョーク狙い。  正対して離れるルイ。ワンツーにパカティウもワンツー右アッパーを見せる。ルイの右ストレートに左ミドルを合わせるパカティウ。  2R、後ろ廻し蹴りを見せるパカティウ。ルイも大きな右で飛び込む。右を振ってから遠間から低いダブルレッグに入るパカティウ。切るルイ。右ハイは空振りのパカティウ。右から左を打ち下ろすルイ。右ボディストレートも。押し戻すパカティウは右を振ってからダブルレッグテイクダウン。  フルガードのルイ。蹴って放して立ち上がろうとするが、片足を越えたパカティウはサイドポジション。右で脇差しブリッジでスイープするルイに、ヒザ十字、ヒールフック狙うパカティウ。足を抜いて正対するルイにパカティウはギロチンチョークを狙う。  3R、ハグをしてから放った左ローが金的に入り中断。再開。ダブルレッグに入るパカティウ。切るルイが圧力をかける。右ローをダブルで突くパカティウ。ヒザ着きのダブルレッグに入るが、切るルイは前へ。  スタミナが苦しいパカティウは打撃に軸はブレるが、追うルイも手が出ない。消極的なパカティウに中央で戦うよう告げるレフェリー。  追うルイは右ストレート、左ボディ、右フック! パカティウのダブルレッグを切るルイはヒザも突くが、スタンドで左手が下がる。そこにパカティウも右を返すが、詰めるルイが右を当ててゴング。判定は3-0で1、2Rを制したパカティウがスタミナに苦しみながらも勝利した。 [nextpage] ▼女子アトム級 5分3R〇ビクトリア・リー(米国)51.75kg, 1.0018[1R 3分22秒 腕ひしぎ固め]×ワン・ルーピン(中国)51.70kg, 1.0244  姉アンジェラ、兄クリスチャンと同じようにコールに両手を前に深呼吸するビクトリア・リー。  1R、いきなり詰めたビクトリアに、ワンが先に崩すが、すぐに立ち上がったビクトリアが右で差してボディロックから後方にテイクダウン! すかさずマウントを奪うと、亀になるワン。両足を伸ばすビクトリアは背後から肩固め狙い。  仰向けになるワンにマウントからヒジ! さらにハイマウントから三角に組んでヒジ! 最後は三角に組んだままうつ伏せになり腕を伸ばしてヒジを極めた。 2021年7月30日・午後9時30分~ONE SUPER APP、ABEMA「格闘チャンネル」にてライブ配信
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事