シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】“東北の剛腕美女”未奈が計量パス、KINGレイナに「私は投げられない。誰が見ても分かるように明白に勝つ」

2021/07/28 18:07
 2021年7月29日(木)東京・浅草花やしき内にある浅草花劇場にて開催される『SHOOT BOXING Girls S-cup2021 -road to tournament-』の前日計量&記者会見が、28日(水)都内にて17・00より行われた。  大会最終試合となる第5試合の65.0kg契約エキスパートクラス特別ルール3分3R延長無制限Rで対戦する、SB日本女子ライト級王者・未奈(秀晃道場)とKINGレイナ(フリー)は、共にリミットちょうどの65.0kgで計量をパス。  計量を終えた“東北の剛腕美女”こと未奈は「試合だなって感じです。計量が終わったって感想です」と全くピリピリした様子もなく普段通り。  KINGレイナの印象を聞くと「熊」と一言で答え、「プロレスラーとよく試合しているなって印象ですかね」とし、試合が決まった時も「対戦相手が決まったか、というくらい。いつもと変わらずですね」となにも臆するものはなかったという。相手は格闘技界で名前が知られているがと聞かれても「そこは別に考えてないですね。名前があっても強いかどうかは別ですから」と答えた。  今回はライト級(62.5kg)よりも重い65.0kgでKINGレイナ寄りの契約体重となっていることも「問題ないです」とした。  KINGレイナが投げを予告していることについては「投げられないと思います。柔道じゃないので。これはSBなので。私はシュートボクサーなので絶対にマットに倒れないと思います」と、投げは通用しないと断言。  どのような勝ち方を目指すとかと聞くと「子供でも大人でも、格闘技を知らない人が見ても誰が見ても分かるように明白に勝ちます。打・投・極全てで勝ちます。SBの技を全部を使って勝ちます」と圧倒すると宣言した。  開催中の東京オリンピックでも女子選手が活躍しており、刺激になっているかと問われると「なりますね。なりますというか。コロナの影響もあって本当は今回世界トーナメントだったんですが、開催してもらえるだけ嬉しいので、世間の五輪に負けないように。五輪があるのに私の試合を見に来ていただけるお客様もいると思うので、満足いただける試合をしたい」と意気込んだ。  また、MMAの経験(1戦1勝)もある未奈に、KINGレイナとMMAルールでの再戦もあるのかと聞くと「それはSB協会にお尋ねお願いします。やれと言われればやります」と、SB協会に任せるとした。  最後には「普通にやって普通に勝ちます」と改めて必勝を誓った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事