K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】“狂犬”弘輝が全選手に噛みつく「プロとしての仕事が出来てないヤツらばかり」東本央貴と一触即発のにらみ合い

2021/07/23 17:07
 2021年7月24日(土)東京・後楽園ホール『Krush.127』の前日計量&記者会見が、23日(金)都内にて13:00より行われた。  8選手参加の「第6代Krushライト級王座決定トーナメント」は今大会で1回戦4試合が行われ、勝ち上がった4選手が9月24日大会で準決勝・決勝戦を争う。  計量では昇也(士魂村上塾)が64.2kgで1.7kgオーバー。昇也は再計量でのパスを目指す。また、堀井翼(K-1ジム五反田チームキングス)は計量後に体調不良となり、会見は欠席した。  出場8選手の中で、明らかに一人だけ違う空気を醸し出したのは東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦する弘輝(team ALL-WIN)だ。弘輝は計量をパスすると、東本とのフェイスオフでいきなり東本のアゴの下に拳を突き出し、東本が払いのけてもしつこく拳を出す。ヒートアップした両者は顔を近付けてのにらみ合い。両者とも手こそ出さなかったが、一触即発のにらみ合いがしばらく続いた。  続いて行われた会見でも、弘輝は「東本さんはなんか、が~まるちょばみたいになってると思っただけ。後は別に。昔は凄かったみたいな、強い選手に勝ってるみたいだが、そこからなんも変わっていないので、成長していない選手に成長中の俺が負けるつもりはないなって感じです」と豪語。  東本も「なんか好き勝手言ってますが、なんでも言わせたらいいです。明日の結果を見てくれたら分かると思うので明日見てもらったらということです」と怒りの表情で答える。  計量でのいざこざのことを聞かれると東本は「自分の顔の前で何かやられたら普通誰でもイラつきますよね? だから(払い)のけただけです」とイラついたとした。  それに弘輝は「別に東本君のことを特別嫌いでも好きでもないですけれど、今回の大会に出る全ファイターに言えることですが、2人で並んで向かい合ってお互いの目を見て写真撮って、何がしたいねんってなるじゃないですか。おまえらが見つめ合っているところを誰が見たいねんって感じで。だったら相手に喧嘩売ったりとかそんなんが出来るファイターじゃないと。計量もクリアーできへん、会見にも出られへんってプロとしての仕事が出来てないヤツらばかりなので。試合ももちろん大事やし練習ももちろん大事だけれど、それ以外でもKrushとK-1を見せていこうって考えがないヤツらが多すぎるんで、そんなヤツらに負けるつもりは一切ないです」と言い放った。  全選手を否定する発言に、会見場にピリッとした空気が流れたが、堀井と1回戦で対戦する南雲大輝(八光流柔術総本部)が自ら手を上げ、「いま弘輝選手がおっしゃった通りだと思いますし、堀井選手、明日しっかりリカバリーしていただいていい試合をしましょうって話です」とフォローした。 “ビッグマウス”で全選手を敵に回した弘輝がこのトーナメントをかき回すのか、それとも1回戦で対戦する東本が鉄拳で弘輝の口を塞ぐのか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事