ONEONE
MMA
レポート

【DEEP JEWELS】大島沙緒里が青野ひかるを決勝で下しアトム級GP優勝! 伊澤星花が本野美樹に一本勝ちでストロー級新王者に

2021/06/20 11:06
PPV LIVE配信 ▼メインイベント 第8試合 DEEP JEWELSアトム級GP決勝 5分2R〇大島沙緒里(AACC)[判定5-0] ※20-17×2, 20-18×3×青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)※大島がアトム級新王者に。ミクロ級と併せて2冠王者に  DEEP JEWELSアトム級(47.6㎏)GP決勝戦。  3月の1回戦を勝ち上がったのは青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)、村上彩(フリー)、パク・シウ(TEAM MAD)、大島沙緒里(AACC)の4名。しかし、村上が病気の治療のため欠場。代わって1回戦でシウに敗れたにっせー(フリー)が敗者復活。今大会の準決勝で青野と対戦し、青野がにっせーに1R 腕十字で勝利、決勝進出を決めた。  青野は日本大学レスリング部出身で、2013年東日本学生女子選手権48kg級優勝、2014年全日本社会人レスリング選手権大会48kg級優勝などの実績を持つ。2017年12月にDEEP JEWELSでプロデビューも、佐藤絵実に逆転一本負け。以降3連勝したが2019年3月にベテランの富松恵美に一本負け。その後は2連続一本勝ちを収めたが2019年12月、シウにTKO負けを喫した。  再起戦でTKO勝ちすると、10月には前DEEP JEWELSアトム級王者・前澤智とのタイトルマッチに挑んだが、3Rに逆転一本負けで王座奪取に失敗。その試合を最後に前澤が引退したため、今回のチャンスが巡ってきた。1回戦では佐藤絵実にリベンジしている。  対する大島は、出場選手の中で唯一人の現役タイトルホルダー。3歳から始めた柔道歴は21年を数え、2019年の全日本アマチュア修斗で圧倒的な強さで優勝。2020年1月には修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメントに抜擢され、一回戦でKO勝ち、5月の準決勝では元DEEP JEWELSアトム級王者の黒部三奈相手に敗れはしたものの、新人離れした才能を発揮した。  2020年7月の『DEEP JEWELS 29』では柔術出身のさくらとの寝技合戦をアームロックで制してさくらにプロ初黒星を付け、9月の『DEEP』ではしなしさとこが返上したDEEP女子ミクロ級王者決定戦をにっせーと争い、1R2分10秒、ハンマーロックによるTKO勝ちでプロわずか4戦目にして王座に就いた。しかし2020年12月、今回のGP優勝候補であるパク・シウに判定3-0で敗れた。今大会の準決勝では、パク・シウとの再戦で、1R腕十字で勝利。リヴェンジを果たして決勝に進出した。  1R、左右で詰める大島にダブルレッグからボディロックテイクダウンは青野! そすぐにバックに回るが、足がかからずサイドに落とされると大島は袈裟固めからパウンド。  足で腕をからめようとするがバック狙いから上を取る青野がサイドへ。リバーサルした大島はサイドからキムラ狙い! 前転する青野に腕を掴みながらセンタク挟みも。腕を抜いた青野は外ヒールから内ヒールフックへ! しかし大島もアンクルをねじる。  2R、詰める青野に外ヒールから内ヒール、さらにキムラに切り替える大島! サイドを奪うと細かくパウンド。大島のアームロックの圧力が下の青野のブリッジの動きを慎重にさせる。右で脇差し左でパウンドの大島。ハーフに片足をからめる青野に再びパスする大島はサイドから腕十字をうかがうが、そのままゴング。判定へ。  判定は5-0(20-17×2, 20-18×3)で大島が青野に勝利し、アトム級新王者に。優勝賞金100万円を獲得。ミクロ級と併せて2冠王者となった。  マット上で双子の子供と記念撮影した新王者は、「メインらしく一本を獲れずにすみません。前回敗れたパク・シウ選手に勝つためだけに、今回、練習してきました。シウ選手が3部練習することもあると聞いて、正直、焦りしかなかったですが、AACCでは週2回しか練習出来ないですが、グラップリングで週2回、打撃も週1回、クロスフィットも入れて、今までで一番練習してきました。ベルトを獲って、これからがスタートだと思っています。しっかり守り続けられるように頑張ります」と語った。  また、試合後の会見では、「グラップリングの上手い選手の杉内(由紀)さんやIGLOOで練習をしてきて、アームロックを警戒されているので足関節も練習してきました。挑戦する気持ちで戦いました。パンチが当たった時に『当たった!』と思って気持ちが抜けた瞬間に(パクのパンチを)もらってしまって、何回も入れ直しました。足を触られるのを警戒されてるのは感じていて、どうやって組もうと思っていたときに、パンチをもらってグラついて、反射的に倒れてすぐにパウンドを掴もうと考えました」とリヴェンジとなった試合を振り返った。  続けて決勝について「初戦のダメージはあまりなく、ただ青野選手がオーソドックスかサウスポーかすら分からないまま戦い、右フックをもらいヤバいと思いました。やってみたら力がすごく強くてポイントが取り切れなかったのでどうしようかなと。最後は腕がパンパンになってました」とギリギリの勝負だったことを語った。  今後については、「アトム級にたくさん選手がいる中でチャンピオンになれたのは嬉しいです。(2本の紅白のベルトを持ち)これからがプレッシャーですが、私の力になってくれるベルトだと思います。(RIZINの榊原CEOも来場していたが)RIZINに出ている(浜崎)朱加さんと練習をしていて、あいさんやRENAさんたちもどれだけ強いかも知っているので、簡単に(RIZINとは)言えないです。オファーがあったら試合をしますが、デビュー以来2、3カ月に1回ペースで試合をしてきたので、しばらくは母として妻として仕事をやりたいです」と、2つのベルトを前に語った。 [nextpage] ▼セミファイナル 第7試合 DEEP JEWELSストロー級タイトルマッチ 5分3R×本野美樹(AACC)王者[1R 3分22秒 腕十字]〇伊澤星花(高本道場)挑戦者※伊澤が新王者に  本野は、東海大学柔道部出身で2010年の講道館杯では西田優香(2010年世界柔道選手権-52kg級優勝)に勝利するなど活躍し、アマチュアMMAでも無敗。2019年3月の『HEAT』で満を持してプロMMAデビューを果たし、同年6月の『DEEP JEWELS』に初参戦すると、ベテランの長野美香をデビュー2戦目にして破るというアップセットを起こしている。2020年7月のDEEP JEWELSストロー級暫定王者決定戦で赤林檎を1R4分23秒、TKOに破ってわずか6戦目で王座に就いた。  伊澤は東京学芸大学教職大学院生で22歳。小学生から柔道とレスリングを始め、レスリングでは2012年ジュニアクイーンズカップ52kg級準優勝、2012年沼尻直杯全国中学生選手権女子57㎏級で優勝。柔道は高校2年生の時にインターハイ3位と全国選手権5位に入賞。2019年東京学生柔道体重別選手権女子52kg級では準々決勝まで進出している。さらに女子相撲にも出場し、2019年の全日本選手権で準優勝と、組み技のハイブリッドガールだ。2020年10月のDEEP JEWELSでプロMMAデビューし、キャリアで優るARAMIをテイクダウン&寝技で圧倒。判定3-0(20-18×3)の完勝を収めた。  両者は12月19日の『DEEP JEWELS 31』で対戦し、打撃勝負を挑んできた本野に伊澤が右ミドル、左ジャブを当てて攻勢を保ち、組みでも上回り、判定3-0でデビュー2戦目にして王者を破る番狂わせを起こした。DEEP JEWELS史上最短となる3戦目での王座獲りを宣言した挑戦者の伊澤か、それとも王者・本野のリベンジか。  1Rから先に一気に右の蹴りで詰める伊澤はダブルレッグテイクダウン。立ち上がる本野にヒザを突く伊澤。しかし本野も体を入れ替えると左で差す伊澤がボディロックテイクダウン! 右で差して背中を着かせて左手でパウンド! 腕十字へ。腕をクラッチする本野を伊澤は前転させて仰向けにさせて極めると、本野がタップした。  キャリア3戦の新王者はケージの中で「こんにちは、チャンピオンになりました! 今日チャンピオンになって何を言おうか凄く悩んで、悩んだんですけど、私はDEEP JEWELSがすごく好きで、いま教えてくださっている横田(一則)さんも大好きです。私がもっともっと引っ張って、DEEP JEWELSが世界で一番強い団体だと証明していきたいと思います。なので、これからも伊澤星花の応援をよろしくお願いします」と元気いっぱいに挨拶した。  また、試合後の会見では、「前回は判定で今回は絶対一本かKOで決めたいと思って、厳しい練習をしてきました。練習環境を変えてやることが変わって、今日も壁(ケージ)が使えてよりMMAらしい動きが出来ました。今回は腕十字に繋ぐための動きを、最初のインローやパウンドも含め、戦術的に組み立てて出来ました。いまの時点では今回はベストですが、世界を獲るためにもっと練習が必要です」と戴冠にも落ち着いた表情。 「(前日の兄弟の敗戦は)自分に影響はありませんでしたが、兄弟が負けちゃった分、頑張ろうとは思いました。お兄ちゃん(カズト)がセコンドについてくれて安心感が違うなと思いました」と兄弟ともにMMAに挑戦していることが力になったと語った。  また、今後について目指した「世界」がどの団体かを問われると、「どの団体とかは決めていませんが、いま試合に出られて活躍できるのはDEEP JEWELSあってのこと。DEEP JEWELSより上と言われている世界の団体でチャンピオンになってからDEEP JEWELSに戻って、世界で一番強いのはDEEP JEWELSだと証明したいです。DEEP JEWELSをしっかり背負ってどこに行っても活躍したいと思います」と語った。 [nextpage] ▼第6試合 DEEP JEWELS フライ級 5分2R〇奈部ゆかり(リバーサルジム新宿Me,We)[判定3-0] ※20-18×3×ARAMI(フリー)  1R、オーソドックス構えの奈部に、サウスポー構えのARAMI。右を振って詰める奈部い離れるARAMI。追う奈部は首投げテイクダウン! しかし首を抜くARAMIは立ち上がる。常に間合いを詰める奈部は右で差して四つに。ギロチンチョークを狙うARAMIは外して離れる。  シングルレッグで金網まで押し込むARAMI。払い腰で崩す奈部に金網使いすぐに立つARAMIが体を入れ替え、右で差し返してきた奈部に前転に足関節を狙う。ゴング。  2R、右を振る奈部に左を返し、崩していくARAMIだが、戻す奈部はダブルレッグから尻下でクラッチし、持ち上げてテイクダウン。すぐに立つARAMIだが、なおも左で差す奈部は金網に押し込みバックテイクを狙う。  脇は潜らせないARAMIは跳びつきギロチンチョーク狙いも首を外したところに奈部がボディロックテイクダウン! 下のARAMIはヒザ十字を狙いゴング。判定は3-0(20-18×3)で組みで主導権を握った奈部が勝利した。 [nextpage] ▼第5試合 DEEP JEWELSストロー級 5分2R×藤田翔子(リバーサルジム新宿Me,We)※体重超過で減点1[判定0-3] ※17-20×3〇HIME(毛利道場)※藤田が400gオーバーでイエローカード。HIMEが勝った場合のみ公式記録となり、藤田が勝った場合はノーコンテストとなる  藤田が400gオーバーでイエローカード1枚からスタート。HIMEが勝った場合のみ公式記録となり、藤田が勝った場合はノーコンテストとなる。 1R、先に圧力をかける藤田。HIMEの大きな右をかわすと右で差して脇を潜りバックに回り離れる。右ミドルを当てるHIME。その前進にボディロックテイクダウンは藤田! サイド奪うが下のHIMEはブリッジから起き上がり藤田のバックに跳び乗る。HIMEを着地させる藤田だが、HIMEはなおもバックについていく。  2R、右ハイをヒットさせる藤田! パンチの距離に詰めるHIMEに右ストレートを返す。HIMEのパンチに右ハイを狙う藤田。左インローを当てる藤田に左右の連打で藤田のアゴを上げさせるHIME。  オーソから左ミドルを当てる藤田は三日月蹴りも。しかしローにはHIMEも右の飛び込みを当てる! さらにワンツーの右をヒットさせるが、藤田はカウンターのダブルレッグテイクダウン。立つHIMEの右フックの前進に、下がりながら左前蹴り、左フックもゴング。  判定は3-0(20-17×3)でHIMEが勝利した。 [nextpage] ▼第4試合 DEEP JEWELS 51kg以下 5分2R×音波(AACC)[判定0-3] ※18-20×2, 19-19マスト竹林〇竹林エル(総斗會三村道場)  1R、ともにオーソドックス構え。ワンツーから首相撲ヒザは竹林。引き込む音波に竹林はパウンド。音波は下から腕十字も外した竹林が中腰からパウンドする。立ち上がる音波のタックルを切る竹林がバックマウントからチョークを狙う。  2R、スタンドで近づくと首相撲ヒザを打つ竹林。音波は左で差して押し込むが体を入れ替える竹林が右! 音羽も右を返すと竹林が鼻血。音波の首投げにバックに回る竹林。リアネイキドチョークを狙う。背後の竹林に拳を打つ音波は足を手繰って正対しようとするが、両足をかける竹林はバックマウントのままゴング。判定へ。 [nextpage] ▼第3試合 DEEP JEWELSライト級 5分2R〇ひしぬまjujcyさやか(和術慧舟會GODS)[2R 1分31秒 TKO] ※パウンド×ぽちゃんZ(ねわざワールド品川&パラエストラ東京)  ひしぬまが再三の払い腰テイクダウン。マウント奪いパウンドアウト。 [nextpage] ▼第2試合 DEEP JEWELSアトム級GP準決勝 5分2R〇青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)[1R 1分39秒 腕十字]×にっせー(フリー)※村上彩が病気入院の影響で欠場。リザーブマッチのにっせーvs.富松恵美は中止に。  1R、青野のシングルレッグにバックに回るにっせーだが、落とした青野が上に。ハーフからパスしてマウント、腕十字へ! ヒジが巻き込まれているにっせーがタップした。1回戦は両者ともに1R腕十字決着で決勝進出。 [nextpage] ▼第1試合 DEEP JEWELSアトム級GP 準決勝 5分2R×パク・シウ(TEAM MAD)[1R 2分28秒 腕十字]〇大島沙緒里(AACC)  1R、ともにオーソドックス構え。ジャブを刺すシウ。大島の低いシングルレッグを切るシウは右カーフキック。再び大島はシングルレッグから足にからみつくが、シウは足を抜く。左のトリプルで前に出る大島に、シウは右! ダウンした大島だが下から腕十字! シウがタップした。 [nextpage] 【オープニングファイト】 ▼OPファイト第2試合 DEEP JEWELS 48kg以下 アマチュアSPルール 3分2R×SENA(GRABAKAジム)[2R 1分09秒 アームバー] 〇小松崎亜純(総合格闘技道場コブラ会) ▼OPファイト第1試合 DEEP JEWELS 60kg以下 アマチュアAAルール 3分2R×桜子(フリー)[1R 1分27秒 アメリカーナ]〇奥富夕夏(リバーサルジム新宿Me,We)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事