MMA
インタビュー

【RIZIN】ケラモフが本田圭佑からもらった「温かい言葉」。斎藤裕よりも「自分は全て優れている」、勝負飯は「水」

2021/06/11 19:06
【RIZIN】ケラモフが本田圭佑からもらった「温かい言葉」。斎藤裕よりも「自分は全て優れている」、勝負飯は「水」

RIZINフェザー級王者・斎藤裕とノンタイトル戦で戦うケラモフ。王者越えに自信たっぷり(C)RIZIN FF

 2021年6月13日(日)東京ドーム『Yogibo presents RIZIN.28』に出場する全選手のオンライン個別インタビューが、11日(金)に行われた。

 第3試合の66.0kg契約5分3Rで、RIZINフェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)とノンタイトル戦で対戦するヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン)が、インタビューに答えた。


──アゼルバイジャンから来日し、隔離期間を経ての現在の心境をお知らせください。

「とてもいい気分です。コンディションも最高で準備は出来ています。明後日いい試合を見せたいと思います」

──対戦相手の斎藤裕選手の印象を教えてください。

「フェザー級チャンピオンと知っているし、とても強いと思う。リングで全力を尽くして勝ちます」

──どんな試合展開を想定していますか。

「どんな試合になるかは前もって予想するのは難しい。グラウンドであれ、スタンディングであれ、私の目的はたったひとつ。しっかりと勝利を収めることです」

──来日してからの写真を見ましたが、ライト級のムサエフ選手より大きな身体をしていました。これは意識的に大きく身体をパワーアップしてきたのでしょうか。

「具体的に私が大きいと言うのは前から分かっていて、実際にそれを利用して練習してきていて、自分はきっちり目標を持っているので、今度の試合で見せられると思う」

──内戦のなかで練習にも影響があったのでしょうか。

「自分自身は戦争に行っていないので、戦争のために練習を中断することはありませんでした。(コロナの)状況で隔離というなかで、できる範囲で、毎日朝から晩までトレーニングを続けてきました」


──斎藤選手より優っていると思う点は?

「自分のフィジカル、メンタル、スタンディングでも、グラウンドでも、対戦相手より優れていると思う。なので、明後日の試合は必ず秀でたところをしっかり見せて勝利できると確信しています」

――アゼルバイジャン1部のネフチ・バクー(2021年5月に8シーズンぶり9度目優勝)の本田圭佑選手からどんな言葉をもらいましたか?

「本田選手と仲良くなり、一緒に食事などの交流をしました。『ぜひ頑張ってくるように』と温かい言葉をもらいました」

――アゼルバイジャン国内での試合の放送はありますか?

「CBCで放送すると聞いているので、それは国内で放送されるし全世界でも見られると聞いています」

――母国のファンにどういったものを見せたいと思いますか?

「精神力、性格が出ると思う。見応えのある良い試合をアゼルバイジャンの皆さんに見せたい。そして、そうなると確信しています」

――コロナ禍で、自分の周りはどう変わりましたか?

「もちろん隔離期間という状況はありましたので、来日してからは隔離状態で過ごさなければならなかった。それが過ぎたら、通常の練習場で通常どおり練習をしてきたので、格別コロナで状況が大きく変わったとは感じていません」


――ムサエフのセコンドにはつきますか? 逆にムサエフはあなたのセコンドにつきますか?

「2人とも試合に出るので、前回のようにセコンドをお互いにというのは可能かわからないが、自分のほうが先に勝利したら、ムサエフの試合を当然セコンドとしてサポートします。今までもお互いにセコンドでお互いをサポートしていたので、それは普通のことなので。でもルスランがトレーナーであり、セコンドなので、自分はそれで十分です」

――斎藤選手の警戒する点は何ですか?

「もっと強い選手も今まで見てきました。なので、私自身のいい点と彼のいい点がどうぶつかるかをお楽しみにしていただけたらと思います」

――国内がコロナ禍で大変な中、日本の一番大きい会場で試合をするチャンスをどう思っていますか?

「こういった機会を得られたことは大変貴重なことだと思っています。こういった機会を与えてくださったRIZIN関係者のみなさんに心から感謝します。日本で戦うのは2回目ですが、何度でも戻ってきて戦いたいと思っています」


――滞在が長い中で、どういう食事で準備をしてきましたか? 計量後の勝負飯は? 勝利のジンクスの食べ物はありますか?

「勝つためには水。どうしても必要なものは水だけですね。絶対に必要なものは水だけなんです、ただ、少し長い期間日本にいたので、時差を解消できたことがプラスに働いていると思います。食生活はトレーナーが気をつけてくれているので、何の問題もありません」

――今回はノンタイトル戦ですが、いずれはRIZINのフェザー級タイトルに挑戦したい気持ちは?

「もちろんです。日本に来ているのはチャンピオンになるためなので、必ずや自分の階級の王者になるという意気込みです」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事