MMA
インタビュー

【RIZIN】朝倉未来が“覚悟”を決めた「最終は根性の勝負。判定で根性のある方が勝つ」リミットまではあと4kg

2021/06/11 14:06
 2021年6月13日(日)東京ドーム『Yogibo presents RIZIN.28』に出場する全選手のオンライン個別インタビューが、11日(金)に行われた。  メインイベントの66.0kg契約5分3Rで、クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)と対戦する朝倉未来(トライフォース赤坂)が、インタビューに答えた。 ――現在の心境は? 「いよいよ来たなって感じで穏やかな気持ちです。今日、まず水抜きを頑張らないといけないので。日曜日もやんなきゃって感じですね」 ――対戦相手の印象は? 「実績もあって強い選手」 ――どんな試合展開を予想していますか? 「きつい展開を想定しているので、判定で根性ある方が勝つような展開になることを想定しています」 ――クレベル選手は世界でも強豪と見られているので、この選手に勝ったら世界にアピールできると考えていますか? 「結果的にはそういう自分の実績になるとは思います。ただ、大きな団体の王者だったというよりはクレベル選手本人を見ているのでただ倒すだけです」 ――引退した後はどんな格闘家として覚えていてもらいたいですか? 「周りの人にどうこうというよりは自己満ですね。自分が満足したかどうかしか考えないです。どう見られていたかは考えてないですね」 ――身体を見ても肩周りの筋肉が大きくなっています。そのフィジカルトレーニングで打撃や組み技に変化はありましたか? 「あまりフィジカルトレーニングで強くなった実感はないです。まだ1カ月しかやってないので。打撃は凄く変わりましたね。キレや持久力がミット打ちで増えたと思います」 ――サブミッションの体勢になってもタップをしないと言われていましたが? 「タップしないって言ったのは昔のことで、簡単に折れてもタップしないよ、タップしてすぐ諦めるような兄弟じゃないよって言ったのを切り取られただけです。でも、そんな簡単にタップしないですね」 ――そういう体勢になることは想定している? 「展開的に寝技になることはあるかもしれませんが、僕の中では寝技になることは想定はしていないし、その体勢になっても最後の瞬間まで逃げる努力をします」 ――引き込んでこられたら? 「引き込まれた時の対策はしています」 ――フェザー級王者の斎藤選手は意識していますか? 「もちろん見据えているものはありますが、今回勝たないと話にならないので集中しています」 ――今日、水抜きするということでしたがあと何kgですか? 「あと4kgくらいです。いつも通りというか、いつもより少ないですね。(今回は)体重を当日増やすよりは、水抜きを少なくした方がダメージが少ないのかな、と」 ――周囲が見ているように打撃vs寝技の展開になると思いますか? 「ならないと思います。クレベル選手は打撃でプレッシャーをかけて来ると思うので。打撃で自分から出て行って引き込んだりタックルに行ったり、スクランブルの時に一瞬で極めるのが上手い。だから基本的には打撃の勝負になる。基本。自分は立つのが得意なのでテイクダウンしすぎたら体力がなくなっちゃうと思いますね」 ――スタミナ、根性の勝負と言われていましたが? 「今回3R、僕もプロ戦績のうちフィニッシュされたことはない。KO負けも一本負けもない。クレベル選手もKOされたことがないってことは判定に行く可能性が高い。その中で最終は根性の勝負になって来ると思うので、そこで競り勝ちたい。きついことをやる覚悟は決まっています」 ――常に動き続けるってことですか? 「自分が最後に勝つって強い気持ちを持つこと。そして動いていくことです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事