MMA
インタビュー

【RIZIN】怪物ケラモフ迎え撃つ斎藤裕、相手のパワーを警戒も「いい打撃が当たれば効かせられる、倒せるんじゃないかと思っています」

2021/06/11 13:06
 2021年6月13日(日)東京ドーム『Yogibo presents RIZIN.28』に出場する全選手のオンライン個別インタビューが、11日(金)に行われた。  第3試合の66.0kg契約5分3Rで、ヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン)と対戦するRIZINフェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)が、インタビューに答えた。 ――現在の心境は? 「試合が近づいているというか、すぐなので、戦いにむけて、整っているような状況ですね、はい」 ――対戦相手の印象は? 「パワフルな、直線的でパワフルなイメージ。爆発力というか、フィジカルが強そうなイメージがあります」 ――どういう試合展開になると思っていますか? 「どういう展開になってもいいと思っているんですけれど、最初から自分のリズムで、自分のタイミングで色々攻撃をしかけていきたい。最初から最後まで、それをやりたいと思っています」 ――どのような決め手を考えていますか? 「自分のいいタイミングというか、いい打撃が当たれば効かせられる、倒せるんじゃないかと思っています」 ――試合順が3番目となった感想は? 「早い順番で試合をするのは7年ぶりくらいなんですけれど、自分の試合が早く終わるという意味では待っていなくていいのでそこまでは。3試合目かって感じです」 ――それ以後の試合を楽しむつもり? 「自分の試合が終わればとりあえずって感じなので、他の試合を楽しむかどうかは終わってから考えます」 ――ノンタイトル戦になったことに関しては? 「タイトル戦になる状況になかったということだと思っています。防衛戦はストーリーがあった方が面白いかなと思っていますね」 ――ベルトがある生活はいかがでしたか? 「僕自身としては自覚を持って、しっかりしないといけないと思っていますが、自分以上に周りの人が盛り上げてくれるのでそれはありがたく思っています。反響の多さでは今までと違った感じはしました。プレッシャーがあると言えばありますが、マイナスなイメージではなくもっといい試合をしたいという意識も高まっています。これからもっと頑張ろうという意識はあります」 ――この先のイメージは? 「防衛戦を相手問わずやることになりますが、まだ先が見えない状況なのでいつ誰とは明言しがたい状況ではありますね」 ――少年時代にK-1などの東京ドーム大会を見ていたと思いますが、感慨深いものはありますか? 「自分が現役の時にドーム大会にあたるとは想像していなかったので感慨深さはあります。でも選手なのでこれに勝たないといけないので勝負に集中しています」 ――少年時代、野球は好きでしたか? 「秋田はジャイアンツの試合しか映らなかったので、ずっと見ていた記憶があります」 ――王者としての使命は感じていますか? 「やはり勝つこと。プラスアルファで内容や結果がついてくれば自分に返って来るものがあると思います」 ――試合間隔が空きましたがその影響は? 「試合間隔は空いても空かなくても僕は関係ないと思っています。長く選手をやってきているので、こういう状況も初めてではないので。7カ月くらいなら問題なく試合に入れると思います」 ――母校が校名を変更しましたね。 「時代の流れを感じますね。秋田県自体が盛り上がってくれればいいんですが、なかなか難しいのかもしれませんね」 ――来日したケラモフがムサエフとの写真で大きな身体を披露していました。マイク・グランディやアギー・サルダリといった今までの相手と比べて、ケラモフの圧力はどう想像していますか? 「向かい合ってみないと分かりませんが、間違いなくパワーはあると思います。展開にもよりますが、今までパワーのある選手とやってきた経験は活かせると思っています」 ――ケラモフは前半の嵐のような攻撃に比べ、後半はペースが落ちてきます。斎藤選手としては、15分使って勝ち切りたいとの気持ちですか? 「どの試合でも、早く終わればラッキーですが、基本的には5分3Rやるつもりで組み立てているのでそれは今回も変わりません」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事