MMA
インタビュー

【RIZIN】朝倉海と1回戦で対戦する渡部修斗「自分も相手も想定していない展開に持ち込みたい」“るろうに剣心”と自分を重ねる部分も

2021/06/11 12:06
 2021年6月13日(日)東京ドーム『Yogibo presents RIZIN.28』に出場する全選手のオンライン個別インタビューが、11日(金)に行われた。  第7試合のバンタム級トーナメント1回戦5分3Rで、朝倉海(トライフォース赤坂)と対戦する渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)が、インタビューに答えた。 ――現在の心境は? 「もうやることはやったという感じで。後は最後の体重調整でコンディションを整えるだけです」 ――対戦相手の印象は? 「変わらずRIZINのスター選手であると思うし、日本バンタム級の名実ともにトップ選手だという印象です」 ――どういう試合展開になると思いますか? 「ある程度の理想、想定は多くの人が持っているように打撃vs寝技になると思いますが、自分も相手も想定していない展開に持ち込みたいのが希望。自分でも想定していない試合に持ち込みたいですね」 ――「想定していない試合」というのは、今まで見せていない動きを出すということ? 「練習ではわりかし何でもできるって周りから言われていて、試合だと堅くいってしまうので、今回はドームだし、RIZINでバンタム級GPで、相手が朝倉海選手で注目されるので、細かいある程度のプランはありますが、そこにとらわれすぎずに行きたい。今までやってきたことを全部出して戦いたいです。そうすれば想定していない展開になると思います。  結果に関しては白黒ついちゃうんですけれど、自分は勝つためにやってきました。格闘技を始めてからずっと勝つことを意識してやってきたので、この試合だけでなく、今まで培ってきたものに(新しいものを)足して結果につなげたいと思います」 ――試合前にRIZINが行った勝敗予想は全員が海選手の勝利を予想していましたが、なにくそという気持ちは沸いてきましたか? 「それはそうだよな、っていう(笑)。それはそうでしょって感じなので。前回は淡い期待があったので一人くらいつかないかなと思っていたんですが、今回は想定内なので何とも。それはそうだよなって感じです」 ――足利工業大学附属高等学校レスリング部の先輩の川田さんがエールを送っていましたね。 「終わったらご挨拶をかねてラーメン屋さんに行きたいと思っています。自分のことを知ってくださっているんだと思って。RIZINさんのおかげで感謝しています」 ――ちなみに『るろうに剣心』がお好きだそうですね? どんなところに惹かれますか。 「普段あんな感じなのにムチャクチャ強い。人斬りの過去があって、それにも理由があって新時代のために戦っていたので、そういう孤独と戦って自分の正義を貫くのがカッコいいですね。丸くなっても本気を出したらめちゃくちゃ強いってキャラクターや信念に惹かれますね」 ――自分自身とそのキャラクターを重ねる部分もあるんですか? 「自分が孤独だとは感じたことはないけれど、格闘家っぽくないとは言われるのでキャラ的には似ているなと感じます」 ――カーフキックは蹴りますか? 「あまり考えてないですけれど、試合になったら出すかもしれないですよ。特にプランには入ってないです。たださっきも言ったように。自分も想定してない試合をしたいと言ったじゃないですか。だから出すかも(笑)。蹴れないことはないです。カーフキックが流行る前から練習でずっとやってるんです。2年前から。実はやっていたので、意外と体にはしみ込んでいます。練習ではわりかしやっていますね」 ー――カーフキックを出すと盛り上がると思いますが? 「盛り上がるんだったら出したいなとは思いますけれど、あまりプランには入っていなかったので。でも蹴るかもしれないですね」 ――「蹴るかもしれない」と、相手に意識させるだけで違う? 「あまり考えたことがなかったです(笑)」 ――優勝候補と試合をすること、勝利者予想でも予想されない、そういう逆境をどう思っていますか? 「逆境とかあまりそこは意識したことがなくて。相手がどうとか場所がどうとか本当に全然関係ない。格闘技を始めてからずっとやってきたことを日曜日のリングに悔いなく出したい。そして結果が付いてきてほしい。その一心だけです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事