K-1K-1
K-1
インタビュー

【K-1】愛鷹亮、K-Jeeとの決着戦に勝って完全復活へ「本当の自分を取り戻して、肉弾戦・しのぎ合いに勝つ」=7.17(土)福岡

2021/06/10 20:06
 2021年7月17日(土)福岡国際センターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」のクルーザー級で、K-Jee(K-1ジム福岡チームbigineing)と対戦する愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)のインタビューが主催者より届いた。  1勝1敗の決着戦に向け、愛鷹は「シナ・カリミアンに勝った時の自分はもっと徹底して生活、勝つために日々を送っていたので、そういう自分を取り戻さないと勝てない。今はまた自分に厳しくやっているので、次の試合では愛鷹亮を取り戻せるんじゃないかと思っている」と、抱負を語った。  愛鷹は、中学・高校時代は柔道を学び、高校卒業後は静岡県警に就職して機動隊員になった。しかしプロ格闘家になる夢を諦められずに除隊、キックボクシングを始めて2016年12月にBigbangヘビー級王座を獲得。2017年8月にKrushに初参戦すると同年11月からはK-1にも参戦。2019年8月にK-1初代クルーザー級王者シナ・カリミアンとノンタイルマッチで対戦すると、カリミアンを右フックでマットに沈める“ジャイアントキリング”を起こして一気に注目を集めた。2020年3月にタイトルマッチでの再戦が実現したが、判定で敗れタイトル奪取ならず。その後、6月に両眼網膜剥離で手術。今年3月に復帰戦を行うもANIMAL☆KOJIに判定で敗れた。戦績は22勝(10KO)8敗。 勝ちに徹した試合をしなければ、俺は勝てないのでシビアに行く (C)K-1 ――3月のK-1武道館大会で約1年ぶりの復帰戦を果たした愛鷹選手ですが、残念な結果に終わってしまいました。 「前回の復帰戦を落としたというのは自分の中で大きかったです。1年ぶりの復帰戦でK-1のリングから1年離れていて、戻った時にK-1の厳しさを少しふんわりしたものにしてしまっていた自分がいました。具体的に言うと“今まで何年も格闘技をやってきてリングで戦ってきたんだから大丈夫”という気持ちで行っちゃって。あとから思い返すと格闘家として、試合に徹底していなかったんだなというのを痛感しました」 ――復帰戦で入念に準備されたと思いますが、至らないところがあったと。 「ありましたね。前回の試合を見てもらえたら、体も正直絞り切れてなくてたるんでいました。体重は合わせたんですけど、体がたるんでいるということは筋肉量が戻ってない状態で、さらに脂肪が乗っていて動きも悪いということ。食事もそこまで徹底できてなくて甘かったです。もっとシビアに日頃から気をつけていたようなことが、試合から離れていた期間で感覚がちょっと一般に寄っていったところがあったのかもしれないです。恥ずかしい話、“一般の人よりはちょっと節制してるから大丈夫だろう”っていうような気持ちだったのかもしれないです(苦笑)。でもK-1はそれで勝てる場ではないし、本当に前回の試合は自分がダメでした」 ――1年ぶりの復帰戦、結婚などもあり力が入り過ぎたのかと思ったのですが、その点はいかがですか? 「それも要因ではあるなと思います。ちょっと気負い過ぎていたのかなって。“1発KOで復帰するぞ”というイメージを自分の中で決めつけ過ぎていて、その通りにしようしようとしたのが、ああいう大振りだけの試合になっちゃったんじゃないかなって。やっぱりもっと勝ちに徹しないと勝てない世界なので、理想を追い求めるのも大事ですけど、それよりもまずは結果が必要です。シナ・カリミアンに勝った時の自分はもっと徹底して生活、勝つために日々を送っていたので、そういう自分を取り戻さないと勝てないですね。今はまた自分に厳しくやっているので、次の試合では愛鷹亮を取り戻せるんじゃないかと思ってます」 ――そんな試合の相手がK-Jee選手に決まりました。これまで2度対戦し1勝1敗、今回が決着戦です。 「いつか必ずK-1 JAPAN GROUPでやるだろうと思っていたので、遂にこの日が来たなという感じです。K-Jee選手は一度K-1チャンピオンにもなってますし、今までよりも強くなってるというのは見ていて感じます。さっき言った通り勝ちに徹した試合をしなければ、俺は勝てないのでシビアに行きたいと思います」 ――2度戦っていて、相手の手の内や出方が分かっている部分もありますか? 「前回やった試合からもう2~3年経って、お互い大分変わっているので、前回の印象のまま行っちゃダメだなっていうのはあります。最近は戦い方がアグレッシブになってると感じるし、パワフルにもなって、技のレパートリーも増えてると思います。最近の試合を見て、K-Jee選手の動きをしっかり頭に入れて、勝ちに行きたいです」 ――決着戦という部分にはどんな想いがありますか? 「こうしてK-1のリングで決着をつけられることを嬉しく思うし、勝者は必ず自分になるように全力を尽くします」 ――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。 「大事な復帰2戦目で、いま自分に豪快なKOを見たいというファンの方もいると思います。でもまずは結果です。結果の次に倒し方が問われてくると思うので、次の試合は肉弾戦、しのぎ合いだと思います。肉を切らして骨を断つじゃないですけど、“1発狙って”という試合にはならないと思うので、しっかり勝って次に繋げたいと思いますので、応援して頂きたいです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事