SirikaSirika
キックボクシング
ニュース

那須川天心のRIZIN出場は6月東京ドームと年末の2試合、1vs3当日発表のXについては「よく天心は受けたなと思う」

2021/06/08 21:06
 2021年6月13日(日)東京ドーム『Yogibo presents RIZIN.28』にて、1vs3の変則マッチ(1R3分で1人ずつ、3Rで3人と対戦)を行うと宣言したRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)。  6月2日から応募フォームにて受け付けた募集は6日に締め切られ、本日8日(火)にRIZINの公式YouTubeチャンネルにてライブ配信で対戦相手が発表された。応募は「トップファイターから冷やかしまで含めて」(榊原信行RIZIN CEO)約500名。  榊原CEOは「ONE、K-1、KNOCK OUTと契約があるとか、いろいろな契約下にある選手の中からも声をあげてくれた選手がいたことにも嬉しく思いますけれども当然プロの世界なので契約に則って、契約下にある選手を除いて選考を進めようと考えました」と、他団体との契約がある選手は除外したと説明。 「6月と年末、あと2回天心の試合をRIZINという舞台ではお届けできることになるのかな、もう2回しかRIZINでは天心の試合は見れないのかな、と思っています」と那須川のRIZIN出場が今回も含めて2回だとし、「あと2回しかRIZINに上がらない天心に酷かもしれませんけれど、思い切ってキックボクシングではなくて蹴りという天心の最大の武器を封印して打撃のみ。ボクシングに準じたルールで、そうすることによって一気に戦う選手たち、キックだけでと考えると大半の選手は天心の独壇場になると思うので、キックを封印してボクシングルールに準じたルールの中で3試合やってもらう。そういうオファーをして、天心も臨むところだと」と、攻撃はパンチのみの試合になることを発表した。  対戦相手の1人目はキックボクサーの大崎孔稀(OISHI GYM)。  大崎は24勝5敗1無効試合の戦績を持ち、20勝の内16勝がKO勝ちという攻撃力の持ち主。パンチ、蹴り、ヒジ、ヒザいずれでもKOできる破壊力を持ち、タイ人と渡り合うテクニックも持っている。特にボディブローは強烈。様々な団体で活躍するが、RISEには2019年11月から参戦。初戦は政所仁に敗れたが、元REBELS-MUAYTHAIフライ級王者・奥脇一哉にハイキックで初回KO勝ち、RISEスーパーフライ級3位・京介をカーフキックで2RにTKO。  今年4月には『BOM』で、本場タイにてルンピニー&ラジャダムナンスタジアムのランキングに入るなど最も活躍している日本人ムエタイファイターのカイト・ウォー・ワンチャイ(=福田海斗)と注目の一騎打ちを行い、判定3-0(49-48×2、49-47)で破って日本人トップ対決を制した。BOMバンタム級王座、WMC日本スーパーフライ級王座、J-NETWORKスーパーフライ級王座などを保持。今後がさらに期待される21歳で、那須川と同じく空手出身。  発表後、大崎は自身のSNSにて「この大舞台で最強の選手と。RIZIN初参戦なので、誰やねんって感じだと思いますが見ててください。自分でチャンスを手にし、自分でチャンスを掴みとる。キックがあっても無くても死ぬ気で倒しにいきます」と意気込んでいる。  2人目は「僕らなりに何人か声をかけました。その中で1人、じゃあやってもいいよと言ってくれた選手がいます。そのやってもいいよと言ってくれた選手に対して天心もやってもいいよ、ということで成り立った話なんですけれども」と発表されたのはHIROYA(TRY HARD GYM)。  HIROYAは小学4年生からキックボクシングを始め、2006年3月にWMFアマチュアムエタイ世界選手権ジュニア部門ピン級で金メダルを獲得。2006年9月、魔裟斗が所属するシルバーウルフジムを訪れて魔裟斗に自分の技術を見せたところ、魔裟斗がK-1に推薦。2007年2月にアマチュアルールでK-1史上最年少の15歳で出場を果たした。  中学卒業後はタイのインターナショナルスクールに進学し、ムエタイ修行と試合を経験。2007年10月からK-1に本格参戦を果たし、同年の『K-1甲子園』に出場したが決勝戦で伏兵・雄大に敗れて準優勝。2008年の同大会では優勝を果たした。  K-1活動休止後はKrushに参戦し、2014年3月にトーナメントを制して初代Krushスーパー・ライト級王座に就いた。2018年からはRISEに参戦してMMAファイターの高谷裕之、内村洋次郎をいずれも3R TKOに下している。2020年10月には同門の松倉信太郎に代わってRIZINに緊急参戦、小西拓槙と77.0kg契約で対戦するもKO負け。2020年大晦日にはシバターとMIXルールで対戦し、2R38秒、腕十字でシバターが勝利している。  HIROYAは当日75kg契約のため、天心8オンス、HIROYA10オンスのグローブハンディとなる。  そして3人目はすでに決定しているが「ミスターX」として当日発表されることになった。榊原CEOによれば「それで来たか、と思う選手が僕の方で交渉して口説けました。当日皆さんに驚いてもらえると思いますし、ボクシングのルールになるということで、これもよく天心は受けたなと思うんですけれども、蹴りを封印されて勝負が一気に面白くなるというか、決着がどうなるか。1試合目、2試合目でどこまで天心が削られているのか。3試合目に出てくる選手がジョーカーになるのか」とのヒントを話した。  契約体重は時間がない中での準備ということもあり、各選手通常で行う体重よりも重めとなる。ワセリンの使用OK。3ノックダウン制。シューズの着用は自由。通常のボクシングでは反則となるバックハンドブロー、スーパーマンパンチは有効。  1Rに那須川が大崎をKOまたはTKOすればその時点で1Rが終了し、選手の入場を待って2R目(2試合目)に進むというように、那須川は3試合を行う。逆に、那須川が3人の挑戦者のうち誰かにKO・TKOされた場合はその時点で試合終了となる。判定は無し。  最後に榊原CEOは「当日何が起きるか。こんな前代未聞なチャレンジをする選手も見たことがないし、プロモーションとしてこんな邪道なというか、こんなチャレンジをよしとする団体もないのかもしれないけれど(中略)このチャレンジが是となるか非となるか、それも含めて東京ドームを楽しんでいただければと思います」と語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事