MMA
ニュース

【DEEP】連勝対決! 清水俊一を下した赤尾セイジが、高野優樹を極めた笹晋久と対戦! 女子戦に栗山葵、パンナコッタみのり、須田萌里が出場=7月18日(日)大阪

2021/06/04 21:06
 2021年7月18日(日)に大阪・コレガスタジオで開催される『DEEP OSAKA IMPACT 2021』の7カードが決定した。昼のPANCRASE大阪大会に続き、リングで行われる。  DEEPは、2021年4月に同所で大阪大会を開催しており、今年2度目の大阪開催。コロナ対策をルール化し、東京開催も含めると、6月19日のDEEP TOKYO IMPACTから1カ月で6大会を開催という積極的なイベント日程だ。大阪では、DEEP公式戦に加え、DEEP JEWELS公式戦として女子MMA3試合も決定している。 ▼DEEPバンタム級 5分3R赤尾セイジ(パラエストラ天満)笹 晋久(パラエストラ柏)  バンタム級で大阪出身の第3代HEATバンタム級王者・赤尾セイジ(パラエストラ天満)と、新潟出身の笹晋久(パラエストラ柏)が対戦。  赤尾は、2019年4月のDEEP大阪大会で瀧口脩生に判定勝利後、7月のHEATバンタム級王座決定戦で春日井たけしに2R リアネイキドチョークで一本負け。しかし、11月の「DEEP&PANCRASE 大阪大会」でグラップラー城田和秀を相手に判定勝利。続く2021年4月の清水俊一戦でも判定勝ちで2連勝中だ。  2017年の修斗バンタム級新人王の笹は、修斗で一條 貴洋を2R TKOに下すなど4連勝後、2018年に加藤ケンジに判定負け。2020年3月から主戦場をDEEPに移し、ハシャーン・フヒトに判定勝ち、8月に強豪・高野優樹も1R ギロチンチョーク得意のギロチンチョークで極めて2連勝を飾っている  赤尾が地元でベテランの強さを見せるか。勢いに乗る笹がリングで赤尾をも超えるか。3連勝を飾るのはどっちだ!? ▼DEEP JEWELSフライ級 5分2R栗山 葵(SMOKER GYM)加賀谷花野(柔術&MMAアカデミーG-face)  2月に杉山しずかに1R TKO負けを喫した栗山が再起戦。高校時代は女子サッカー全国3位に入る名門・日ノ本学園に特待生で入学した運動神経の持ち主だが、MMAは25歳の遅咲きデビュー。  毛利道場の和田千聖と激しい打撃戦を繰り広げて判定勝ちするも、2020年8月にARAMIに判定負け。10月にアミバに判定勝利後、2021年2月に杉山にパウンドアウトされた。上位陣には厳しい戦いを強いられている栗山は、MMA1勝ながらアスリートの加賀谷相手に再び白星を掴むことが出来るか。  加賀谷は小学校から柔道を学び九州大会3位、インターハイベスト16の実績を持つ。2019年12月に『DEEP JEWELS』でプロデビューし、元柔道講道館杯ベスト8の上田真央に判定勝利を収めている。  杉山に寝かされた栗山はリングで立つことが出来るか。加賀谷は上田を上回った的確なパンチとポジショニングで連勝を飾るか。 ▼DEEP JEWELSアトム級 5分2Rパンナコッタみのり(UBF)古賀愛蘭(総合格闘技STYLE)  地元から参戦のパンナコッタはMMA3連敗中。大阪『ACF』で白星デビュー後、2018年12月の「GRACHAN 37 x GLADIATOR 8」で沙弥子と接戦の末に判定負け。その後、2019年4月に中村未来にニンジャチョークで一本負け、12月に古瀬美月にリアネイキドチョークで一本負けと厳しい試合が続いている。約1年半ぶりの試合で再起となるか。  対する古賀は、2019年の桜丘高校日本拳法部時代に全国高校日本拳法選手権大会で女子個人戦優勝の実績を持つ。2021年3月の『DEEP JEWELSアマチュア』に出場し、アマチュアSPルールで悠花に判定勝利。ヒザ蹴りを得意とするストライカーだが、腰も強く組みの進化を見せるか。 ▼DEEP JEWELS49㎏級 5分2R須田萌里(SCORPION GYM)樋田智子(カルペディエム福岡)  2021年4月の『DEEP OSAKA IMPACT 2021』で坂本美香を相手に判定勝利を収めた須田萌里(SCORPION GYM)は16歳の浪速っ子。素早い出入りの打撃と寝技を武器とするが、柔術家の村上彩に判定負けするなど、寝技巧者には苦しい戦いを強いられている。  対する樋田智子(カルペディエム福岡)は、2018年5月にRISEでプロデビューするなどキック経験が豊富だが、カルペディエム福岡所属らしく、古瀬美月に極めさせないガード力を持つ。その後のRISEでは2試合判定負けを喫しているが、MMAは2戦目でどんな成長を見せるか。 ▼DEEPバンタム級 5分2RMG眞介(パラエストラ東大阪)谷岡祐樹(パラエストラ加古川)  MG眞介は2020年2月から3勝1敗。上野惇平、前川大輔を1R KO・TKOも2020年10月に井村塁に一本負け。2021年4月の前戦・DEEP大阪大会で中本龍平との乱打戦を制し、1R TKO勝ちし再起を飾っている。  対する谷岡は、元DEEP☆KICK-60kg王者。MG眞介と同じく2021年4月の前戦・DEEP大阪大会に出場し、宇都宮伍にスプリット判定勝ち。MMAデビュー戦を勝利で飾っている。 ▼DEEPバンタム級 5分2R山崎鼓大(BLOWS)秋田良隆(KING GYM KOBE) ▼DEEPウェルター級 5分2R網藤雄太(スパーク)ホドリゴ・ナカヤ(ダニエル・ダ・シルバーBJJ)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事