MMA
ニュース

【RIZIN】6・13東京ドームは那須川天心vs武尊だった「RIZIN、K-1、RISEの共同イベントだった」(榊原CEO)

2021/06/01 13:06
 2021年6月13日(日)に東京ドームで開催される「Yogibo presents RIZIN.28」の記者会見が1日、都内にて行われた。  会見の冒頭、榊原信行RIZIN CEOは、当初この6月13日の東京ドームは「那須川天心vs武尊をRIZIN、K-1、RISEの共同の別イベントで世紀の一戦を実現できればいいなと年明けから進めていました」と、那須川vs武尊戦のために抑えていたことを明らかにした。  当初、武尊は1月24日にレオナ・ペタス戦、那須川は2月28日に志朗戦が決まっていたが、緊急事態宣言で武尊の試合が3月28日に延期。 「1月末に武尊、2月末に天心、6月までの準備期間があれば回復できるだろうと考えていましたが、武尊選手の試合が3月になったと。終わって怪我がなければ準備を進めて6・13ついにということで準備してきたことに舵を切れましたが、武尊選手がその試合で怪我を負ったことで幻となってしまいました」  RIZINは「それとは別にRIZINで4月29日に東京ドームを抑えていました。年末に来年3月ドーム行きましょうと言いましたが、最初は3月14日にやる予定でした。それもコロナの影響でズラしましたが、また緊急事態宣言が入るということで、思い切って5月23日にずらしたらまた緊急事態宣言。武尊vs天心がなくなったところがあって、別イベントで抑えていた6月13日にスライドすることで東京ドームさんに了解をいただけました」と、RIZIN東京ドーム大会が6月13日になった理由を説明した。 なお、那須川は6・13東京ドームで別の対戦カードを組むべく出場を調整中とのこと。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事