キックボクシング
ニュース

【RISE】紅絹が15年間の現役生活にピリオド、最後は同門の後輩・小林愛三とエキシビション。北井智大が中尾満と対戦

2021/05/25 22:05
 2021年6月18日(金)東京・後楽園ホール『RISE 150』の追加対戦カードが発表された。  初代RISE QUEENアトム級王者・紅絹(NEXT LEVEL渋谷)が引退エキシビションマッチを行う。  紅絹は2006年10月デビューのベテラン選手で、パンチを主体としたトリッキーなファイトスタイルで各団体にて活躍。2012年11月、J-GIRLSミニフライ級王者になったのを皮切りにタイトルマッチを多数経験。2019年7月には那須川梨々との王座決定トーナメント決勝戦を制し、RISE QUEENアトム級(-46kg)王座に就いてベテラン健在を示した。2020年2月には平岡琴との倒し倒されの激闘を制して初防衛に成功。2020年10月の「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」1回戦でAyakaを破り、11月の準決勝では百花に勝利。決勝進出を果たすも寺山日葵に敗れて準優勝に。  2021年2月26日に37歳を迎え、2021年3月28日のRISE QUEENアトム級王座2度目の防衛戦で挑戦者・宮崎小雪(TRY HARD GYM)に判定2-0(49-48×2、49-49)で敗れ、王座を失うと試合後に引退を表明。今回、正式に引退することになった。生涯戦績は35勝(2KO)22敗6分。  その引退エキシビションマッチ2分2Rの相手を務めるのは、初代RISE QUEENフライ級王者で同門の後輩である小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)。先輩・紅絹からの伝承マッチとなった。なお、エキシビション終了後、引退セレモニーも行われる。  ライト級(-63kg)3分3R延長1Rでは、同級2位・北井智大(チームドラゴン)vs元新日本キックボクシング協会日本ライト級暫定王者・中尾満(エイワスポーツジム)が決定。  北井はチームドラゴンのニューリーダーとしてRISEで活躍。後半戦の強さを活かして勝利することが多く、パンチでの猛攻で逆転勝利を飾ってきた。RISE随一の激闘派として知られるが、2019年2月に各団体で暴れまわる山口裕人を初回KO、9月にKNOCK OUTで活躍した水落洋祐を初回KO、2020年1月にはNKBライト級王者・高橋一眞を2RでKO、8月にはKNOCK OUTで活躍したマサ佐藤も判定で破るなど“RISEの門番”としての一面も持つ。前回は今年1月にキック四冠王の小川翔から2度のダウンを奪って勝利した。  対する中尾は2003年プロデビューで、キャリア18年、60戦近くを経験している大ベテラン。頑丈な身体と鋭いヒザ蹴りを武器に、2010年には新日本キックライト級暫定王座を獲得。2017年7月にMMAファイターの金原正徳とKNOCK OUTでキックボクシングルールで対戦したこともある。RISEには2019年3月に参戦し、直樹にKO負け。北井とは激しい打ち合いを展開するか。  また、バンタム級でRISE初参戦同士となる松下武蔵(TRY HARD GYM)vsアレックス太田(HAMBOLT)が決定。そして、スーパーフライ級(-53kg)以下のタイトル制定が検討されている中、51.5kg契約の一戦で星久保将城(蹴空ジム)vs帝征(KGMキックボクシングジム)も追加決定した。 ▼紅絹引退エキシビションマッチ 2分2R紅絹(NEXT LEVEL渋谷/初代RISE QUEENアトム級王者)小林愛三(NEXT LEVEL渋谷/初代RISE QUEENフライ級王者) ▼ライト級(-63kg) 3分3R延長1R北井智大(チームドラゴン/同級2位)中尾 満(エイワスポーツジム/元新日本キックボクシング協会日本ライト級暫定王者) ▼-51.5kg契約 3分3R星久保将城(蹴空ジム)帝征(KGMキックボクシングジム) ▼バンタム級(-55kg) 3分3R松下武蔵(TRY HARD GYM/2019年Amateur RISE Nova全日本ジュニアトーナメント-55kg級優勝)アレックス太田(HAMBOLT)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア