EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】KO勝ちのぱんちゃん璃奈が告白「塩試合とか勝っても批判がたくさんあって凄い悔しかった」のがバネに

2021/05/24 12:05
 2021年5月22日(土)東京・後楽園ホールで開催された『KNOCK OUT 2021 vol.2』にて、J-GIRLSピン級&WMC日本女子同級王者MIREY(HIDE GYM)を1R2分30秒、右ストレートでKOしたKNOCK OUT-BLACK女子アトム級王者ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)。  試合翌日の23日には自身のYouTubeチャンネル『ぱんチャンネル』で、ファンに勝利を報告。「はい、試合1R KO勝ちで勝ちました。有言実行、ちゃんと倒しました。やっとリングに立ててやっとKOができて、こうやってKOしたよってみんなに一緒に喜んでもらいたくて頑張りました」と、ファンと喜びを分かち合いたいと即行で動画を撮影・編集したという。 「今回、いろいろ狙っていたんですけれど、顔面ヒザももちろん狙っていましたし、ちょっと当たったかな。奇麗にはドカンと当たってないんですけれど。あとハイキックももちろん狙ってましたし、ローキック、カーフキックも出せたらと思ってたし、今ボクシングをK'SBOXというところで世界チャンピオンの井岡選手を教えているトレーナーさんにパーソナルしていただいててボディもたくさん出そうと思っていたんですけれど、一番練習していた相手のローキックに合わせたカウンターのワンツーが奇麗に決まって相手が意識飛んで一発でKO勝ちでした。リングに上がる直前に会長と練習した技で勝ちました」と、いろいろな技でKOを狙っていたが、試合直前に確認した技で倒すことができたという。  動画では練習していた3種類のワンツーを紹介。ぱんちゃんは終始笑顔で「めちゃめちゃ興奮しました」と、KO勝ちの余韻がまだ残っている様子。  こんな告白もあった。「いつもぱんちゃんの試合は塩試合、つまらない、おもんない、勝っても批判がたくさんあって凄い悔しくて。そんなこと言わせないくらい強くなってやろうと。ムカつくから(笑)。勝つだけじゃなく倒せる選手になりたい」と、試合に対する批判への反発心で練習にも取り組んだとした。 (写真)勝利のカップ麺シーフードヌードルをすするぱんちゃん(ぱんチャンネルより) そして「恒例の試合後の勝利のカップ麺を食べたいと思います。キックボクシングを始める前は週5で食べていたカップ麺。それがご褒美。前回泣きながらだったので今回はめっちゃ笑いながら食べようと思います」と、試合に勝った当日にだけ食べるというカップ麺(カップヌードルシーフード味のビッグサイズ)をすする。4月に大会の開催が延期になった時は、やけ食いで泣きながらすすったカップ麺だったが、今回はより美味しかっただろう。 「次の試合は7月18日。すぐに発表されると思います」と、約2カ月後、再びリングに上がると告知して締めくくった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント