SirikaSirika
MMA
レポート

【UFC】歓喜! オリヴェイラが11年目の初戴冠、チャンドラーをTKO! ダリウシュがファーガソンをドミネートし7連勝、ジャカレがまさかの一本負け=UFC262

2021/05/16 15:05
 2021年5月15日(日本時間16日)、米国テキサス州ヒューストンのトヨタセンターにて『UFC262』が行われた。  4月24日のフロリダ大会に続き有観客での開催となったメインイベントでは、無敗のハビブ・ヌルマゴメドフの引退により空位になったライト王座を懸けて、8連勝中のシャーウス・オリヴェイラ(ブラジル)と、元Bellator世界ライト級王者のマイケル・チャンドラー(米国)が対戦した。 ▼UFC世界ライト級王座決定戦 5分5R○シャーウス・オリヴェイラ(ブラジル)[2R 0分19秒 TKO] ※左フック→パウンド×マイケル・チャンドラー(米国)  3位のオリヴェイラと4位のチャンドラーによるライト級王座決定戦。  1位のデスティン・ポイエーはコナー・マクレガーとのラバーマッチを選択し、2位のゲイジーは2020年10月に前王者ヌルマゴメドフに敗れているため、両者の対戦となった。  8連勝中のオリヴェイラに対し、Bellatorでベルトを巻いたチャンドラーは、2021年1月のUFCデビュー戦でダン・フッカーに1R KO勝利している。  1R、いきなり中央を取ったチャンドラー。しかし圧力をかけ直すオリヴェイラは右カーフキック! バランスを崩したチャンドラーだが、左右を振って中に入る。オリヴェイラのダブルレッグテイクダウンに、チャンドラーはアームンギロチンチョーク!  頭を抜いたオリヴェイラは、首に手を巻いて4の字ロックからリアネイキドチョーク狙いへ。それを後方にスラムするチャンドラー! 頭が当たったか右目をカットしているオリヴェイラ。  バックから4の字ロックも、正対するチャンドラー! 下のオリヴェイラにキックはチャンドラー。立ち上がるオリヴェイラに左フック! ケージに座り込みながらガードするオリヴェイラに、右ヒジはチャンドラー! 「USA」コールにチャンドラーはパウンドも息が荒いか。潜るオリヴェイラに鉄槌で剥がすチャンドラー。インサイドからなおも飛び込みブザー。  2R、詰めて打ち合いに持ち込むチャンドラーの左に、左フックを当てるオリヴェイラ! ダウンするチャンドラーに右ヒザ! 崩れながらもケージづたいに回ろうとするチャンドラーをさらに追うオリヴェイラは左フック! ダウンしたチャンドラーにオリヴェイラがパウンドを連打し、2R 0分19秒、TK0勝利!  オリヴェイラは、ケージを乗り越え、解説席のジョー・ローガン、ケージサイドにいるダナ・ホワイトの下へ走り、さらにケージサイトを回る。  勝利コールにダナ・ホワイトからベルトを腰に巻かれたオリヴェイラはベルトを撫でて歓喜。  9連勝、UFC11年目にして王座戴冠を果たしたオリヴェイラは、試合後、「ダナ、今日しっかりと勝って見せた。Bellatorから最強の男を連れてきたと思うけど、言った通り、KOを予告し、ちゃんとノックアウトしただろう? 自分こそライオンの中のライオン、最強だ.マイケル、君も最強のチャンピオンだったけど、今日は俺の日だった」と語った。  さらに、2Rに盛り返した打撃について「シュートボックスのトレーニングをしてきた。(ダビデの石を引用し)石は、投げた強さをもって打ち返されるんだ」と振り返ると、「マイケルが『僕のプレッシャーはたいしたことがない』と言っていたけど、彼が打って、打って、打って、打って、でも、僕は今こうしてここにいる。ああ、これがベルトだ! ヒューストン、ブラジル、ありがとうみんなのおかげだよ」と、勝利を噛み締めた。  一方、UFC2戦目の王座戴冠ならなかったチャンドラーは「地球上で最強の1人と闘った。彼は本物だ。また作り直して、1年以内にベルトを巻く。彼はここ10年以上でプロであることを証明した。僕も必ず帰ってくる」と潔く語った。 ◆オリヴェイラ「あきらめるなんて一度も考えたことがない。ずっと信じていた。チャンピオンになるためにUFCに来たし、いずれ自分の時代が来ると。それが今だ」 「今は頭の中がめちゃくちゃで、いろんな感情が渦巻いている。ここまで本当にたくさんのことがあって、やっとここに来られた……。飢えに直面したことは一度もなく、父は俺たちに必ず食事をさせてくれていたけど、それでもやりたいことはたくさんあったし、できないこともたくさんあった。母と父はいつも自分のこと、兄弟のことを信じてくれていた。『頑張れ』と言ってくれた。いろんなことを経験して今があるし、振り返ってみれば、自分たちが乗り越えてきたすべてのことを思い出す。  モンスターみたいな人たちと一緒にここまでやってきた。9連勝して、毎回、ノックアウトかサブミッションで決めていて、やっとここまできたね。神様の思し召しに感謝するしかない。本当にありがたく思っている。モチベーションはいろいろある。別の車もほしいし、チャンピオンにもなりたいし、記録も更新したい。UFCに来た時、たくさんの人が俺をヤバイやつだと言ってくれたし、世界一になりたくて、新記録の樹立もしたかった。今は一番のフィニッシャーになれたし、ファイトボーナス獲得では2位だ。ライト級王者になって、今日は歴史に名を刻んだ。このベルトを巻いたブラジル人としてはたぶん自分が2人目だと思うけど、ここから歴史を作っていく。  家を出る前に、娘から頼まれたんだ。『ベルトを持って帰ってきてね』って。娘と約束したし、たくさんの人たちと約束したから、それを守る。自分を信じてくれたみんなに感謝したい。これから家に戻って、トレーニングを続けていく。大変だった。楽になるはずなんてない。トニー・ファーガソンとの試合についてたくさん話してきた。トップ5と対戦するチャンスがほしいと言ったら、5日前のオファーがあった。  俺が彼に何をしたかはみんなが知っている通りだし、彼はモンスターで、世界中の尊敬を集めるにふさわしい人。今週、話す機会があって、彼のことを心から尊敬していると思った。そして今回はマイケル・チャンドラーというまたもう1人のタフな相手だったから、大変だったし、簡単なんてもんじゃない。ギロチンを仕掛けられたし、うまくアジャストされてしまったけど、“気を失いそうだけど、タップはしない”と言ったんだ。そうしたら放してくれた。  相手の背中を取って、少しホールドしたかったけど、相手にペースがあったし、かなりプッシュしてきた。それでも、こっちはまだ立っていられた。ラウンド間に腰を下ろしたとき、コーチから、『息をしろ、続けていけ、落ち着いて行くんだ』と言われた。戻ったときには自分の腕がヘビーだったし、相手に当たれば、彼もきっとそれを感じるはずだと思った。勝利は俺たちのものだと思っていたし、あきらめるつもりなんてまったくなかった。神様は自分に対応できること以上のものは与えない。難しいことだとは思っていた。父からは“神様はおまえをライオンの巣窟に放り込むだろうけど、信じろ。必ずやり遂げるんだ”と言われていた。それをやり遂げたんだ。  自分がすべきことは感謝の気持ちを伝えること。神にも、家族にも、チーム、ブラジル、それから世界中に感謝しないとね。この1週間、みんなが俺の健闘を祈り、祝福し、会いたがってくれた。俺を信じてくれたすべてのみんなへ、ついにやったぜ。自分が主役になる日はきっとくると信じていた。これまでの自分の時代だと思ったことはあるけど、でもまだタイミングが違って、あれは神の時代だった。それを学んだときに、神様が示してくれたんだ。あきらめるなんて一度も考えたことがない。ずっと信じていた。チャンピオンになるためにUFCに来たし、いずれ自分の時代が来ると。それが今だ」 [nextpage] ▼ライト級 5分3R○ベニール・ダリウシュ(米国)[判定3-0] ※30-27×3×トニー・ファーガソン(米国)  ライト級5位のファーガソンと、9位のダリウシュの対戦。  37歳のファーガソンは12連勝から、2020年5月にジャスティン・ゲイジーにKO負け。12月にシャーウス・オリヴェイラに判定負けでキャリア初の連敗中。  32歳、イラン出身米国人グラップラーのダリウシュは6連勝中。2021年2月の前戦で上位ランカーのディエゴ・フェレイラにスプリット判定勝利。  1R、サウスポー構えのダリウシュにオーソドックス構えのファーガソン。ダリウシュは左インロー! さらに左で奥足ローを当てる!  ファーガソンの打撃を距離を潰して詰めるダリウシュはボディロックテイクダウン! 中腰からパウンドのダリウシュにファーガソンはラバーガード。ガードの真ん中に入るダリウシュにオープンガードのファーガソンはインバーテッドガードも狙う。ハーフからパウンドするダリウシュ。脇を差し、バックを狙うファーガソンに背中を着かせる。  2R、右で詰めて右で差してテイクダウンはダリウシュ! 尻を着かされたファーガソンはニンジャチョーク狙いも首は抜けている。背中を見せて立ち上がるファーガソンにダリウシュはバック奪いに行くが、前方に落とされる。しかしダリウシュは前転して、外掛けサドルから右足外ヒール狙いから、差しこまれた左足に内ヒールフック! ファーガソンは右足で蹴って立ち上がりも際はダリウシュが上! 右を差してパス、サイドポジションを奪い、ブザー。  3R、詰めるダリウシュはシングルレッグも、そこにノーアームギロチンを合わせに行くファーガソン。しかしダリウシュは持ち上げダブルレッグテイクダウン! サイドを奪い、足を戻すファーガソンをなおも担ぎパス。ケージを使い足を戻すファーガソンだが、マットに背中をつけたままブザーを聞いた。  判定は3-0(30-27×3)で、ダリウシュがファーガソンを完封。なぜかブーイングに7連勝のダリウシュは「感謝します。この試合、ここまでに苦しんできたすべての人々に捧げます。分かりきれないかもしれないけど、想像はできます。聞いてくれ、娘が生まれるんだ」と語った。 ◆ダリウシュ「打撃で勝てないのは分かっていたこと。自分がやるべきことをやった」 「深く掘り下げなければならなかった部分はゲームプランにこだわること。ワイルドにいきたかったんだ。スピードに関しては感触が良かったし、パワーも自分の方がいいと思っていたから、激しく行こうとしたんだけど、そこで思い出したんだ。自分がチャンピオンになりたいってことをね。ボーナス狙いのファイターになりたいわけじゃない。実際はファンのおかげでもある。みんなが相手の名前を叫んでいて、だから俺としては、ね。すべて雑音さ。勝利は主のものであり、俺は自分の仕事を果たすのみ。ゲームプランにこだわって、やるべきことをやった。トニーはそのすべてに値する。  トニーのキャリアを見れば分かる通りさ。史上最強のライト級ファイターの1人だし、愛されているのも応援されるのも分かる。トニーのことを大声で応援していた人たちが、気まぐれにならず、彼が去るその日までずっと彼のファンでいることを願っている。トニーが退場するときにブーイングなんて聞きたくない。残りのトニーのキャリアも、彼に対する応援だけを聞きたいもんだね。そうじゃなきゃ、気まぐれで、トニーのファンと名乗るにはふさわしくないってことになる。トニーを見たら、元通りになって俺を蹴り始める。人間じゃないからね。もう少し絞ってみようと思って、もしタップすればタップするだろうし。タップしなければ、次に進んでやるべきことをやるだけだと思っていた。ヒールフックを狙っていったけど、それじゃ仕留めきれず、マウントを取ってとにかくそこから支配しようと思った。  彼はかなりぎこちなく、ケージに対してもそうだった。3Rはノースサウス(チョーク)を狙って、俺は何度もサイドに行こうとしたんだけどできなくて。文字通り、固くホールドされていた。気持ちのコントロールが大事だ。スタンディングで勝てないのは分かっていたこと。タイミングを見て、何度か触れていったんだけど、相手のタイミングに引き込まれそうな気がしたし、そうなればヤバいから、自分にやるべきことをやろうと思ったんだ。つまり、腰の位置を確認してテイクダウンすることさ」 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R○ホジェリオ・ボントリン(ブラジル)137lbs/62.14kg[判定3-0] ※30-27, 30-27, 29-28×マット・シュネル(米国)136lbs/61.69kg  シュネルはもともとアレックス・ペレスと対戦予定もペレスが欠場。急遽代役としてボントリンが出場。  緊急参戦のボントリンが1ポンド体重超過。シュネルに報奨金の20%を支払う。本来フライ級の両者がバンタム級で対戦。  シュネルは、UFCデビューから2連敗も、2018年6月のフライ級時代に井上直樹をスプリット判定で下すなど以降は5勝1敗。唯一の黒星は、2019年12月にアレッシャンドリ・パントージャの右オーバーハンドに敗れている。 ボントリンは、日本で体重超過ながら春日井たけしに腕十字で一本勝ち。2017年10月のGRANDSLAM 6で田中路教にリアネイキドチョークで一本負け。その後、UFCにカムバックし、2勝2敗。前回はRIZINで和田竜光に敗れているカイ・カラフランスに逆転のKO負けを喫した。  1R、ともにオーソドックス構えから左ミドルはシュネル。ボントリンも下がりながら右・左を振る。さらにボントリンは右カーフキック! シュネルはバランスを崩す。さらに右ローを打つボントリンは右から左! 大きな右オーバーハンドフックを振るボントリン。それを掻い潜るシュネル。  2R、緩急をつけて右ロー、右ボディフックを打つシュネル。ボントリンは右ローを返す。シュネルは身体を上下に振りながら右を打つが、ボントリンも詰めて右を当てると、左右で前進。そこにシュネルも左ミドル、さらにワンツーを振るが、首を押さえたボントリンは跳びヒザを狙う。  3Rもスタンドの展開。右ローから前進し、右を当てるボントリン。金網に詰めると右を当てて、跳びヒザ、さらにダブルレッグテイクダウン! 三角絞めを狙いながら下になるシュネルだが、察知しインサイドのボントリンがかついでパスガード! 亀になるシュネルにサイドバックからパウンドはボントリン。シュネルは前転から三角絞めを狙うが、ここも防御するボントリンがかつぎパスからサイド奪いブザー。  判定は3-0で緊急参戦で体重超過ながら、ボントリンが勝利した。 ◆ボントリン「2連敗して、COVID-19のせいで親戚を亡くして、今、また勝利を手にすることができて本当に嬉しい」 「今週の初めに、勝利するだけじゃなく、素晴らしいパフォーマンスを見せたいと話したように、その通りになったと思う。だからこそ、最終ラウンドだけグラウンドに持ち込むことにしたんだ。最初の2ラウンドはスタンディングのままでみんなにショーを披露して、最悪の場合はテイクダウンしようと思っていた。第3ラウンドの終盤、勝利するにはテイクダウンするしかないと思った。  本当に嬉しい。すべてがうまくいった。俺の計画では1週間の休みを取って、トレーニングに戻り、あとは電話が鳴るのを待つだけ。第1ラウンドは確実に自分が勝ったと思うけど、第2ラウンドは正直分からない。だから第3ラウンドはテイクダウンを狙わないといけないと思ったんだし、少なくとも相手が2ラウンド目を取っているとしたら、2-1に持ち込む必要があったからね。  対戦相手はあまり選ばない。ベストな相手と戦いたいし、UFCが用意してくれる相手なら誰でもいい。2連敗して、COVID-19のせいで親戚を亡くして、今、また勝利を手にすることができて本当に嬉しいし、感情的になっている。いろんなことがあった。今回の勝利は自分にとって大きな意味がある」 [nextpage] ▼女子フライ級 5分3R○ケイトリン・チューケイギアン(米国)[判定3-0] ※29-28, 29-28, 30-27×ヴィヴィアニ・アロージョ(ブラジル) ▼フェザー級 5分3R○エジソン・バルボーサ(ブラジル)[3R 1分16秒 KO] ※右ストレート→パウンド×シェーン・バーゴス(米国) [nextpage] ▼ミドル級 5分3R○アンドレ・ムニス(ブラジル)[1R 3分59秒 腕十字]×ホナウド・ジャカレ(ブラジル)  柔術世界王者のジャカレは、Strikeforce&DREAM王者だが、41歳で現在3連敗中。王座挑戦の一歩手前で敗れることが多く、2020年12月の前戦では、ケビン・ホランドに1R KO負けを喫している。  同じブラジルのムニスは31歳。ダナ・ホワイトのコンテンダーシリーズで2勝し、UFCと契約。オクタゴンでも2連勝で、20勝中13の一本勝ちをマークしている。  1R、サウスポー構えのムニスは左ハイ、圧力をかけるジャカレは右ミドル。ワンツーで金網に詰めてダブルレッグから両足を束ねてテイクダウン&パウンド。  蹴り上げから立つムニスは左ミドル、そしてムニスからダブルレッグへ。ムニスのパウンドに亀で背中を見せて立ち上がるジャカレ。  ジャカレのローキックに合わせてなおもダブルレッグからテイクダウンはムニス! ジャカレは背中を見せて立ち上がる。前方に落とすジャカレに、ムニスは腕十字へ。ジャカレのヒジが外れ、レフェリーストップ。初のMMA一本負けのジャカレは4連敗。ムニスは7連勝(UFC3連勝)となった。 ◆ムニス「自分の黒帯が本物かどうかを確かめる必要があった」 「信じられない。今回の試合を受けたとき、誰も自分が勝つなんて信じなかっただろうし、賭けてもいなかったと思う。誰にもベットされていないと分かっていても、それでも必死に取り組んできた。家から離れているし、娘とは特に4カ月も会えていない。トレーニングに集中するためにすべてを捨ててきたから、娘たちの誕生日も逃した。MMAの中でも最高レベルの柔術家と対戦することになったから、今までの2倍くらい柔術の練習に励み、準備を整える必要があった。  俺はジャカレの大ファンなんだ。ずっと彼のキャリアを追いかけてきたから、彼に勝ったなんてまだ実感がない。今日、自分が成し遂げたことがまだ信じられない。彼の腕を折りたいなんて思ってもいなかったんだけど、そういう状況だったのが残念でもある。今回の勝利にはとても満足している。ボーナスがもらえるといいね。今まで誰もやったことのないことを成し遂げたんだ。レジェンドに一本勝ちだ。ボーナスに値すると思う。誰が相手でも一本を取るのはいいこと。黒帯が相手ならもっといい。レジェンドが相手なら……信じられない。今、自分がどう感じているかをうまく言葉にできない。ジャカレの1日も早い回復を願うばかりだ。  自分の戦略は、最初はグラウンドでの戦いを避けてラウンドごとにしっかり戦っていくことだった。メディアデーで、彼を相手に自分のグラウンドゲームを試してみるつもりかと聞かれ、俺はそうすると答えた。最高の相手と対戦するために一生をかけてトレーニングしてきたし、ついに、UFCで最高のグラップラーの1人と対戦する機会を得た。ジャカレよりも多くサブミッションで勝っているのはシャーウス(オリヴェイラ)だけだ。自分自身を試さないといけなかった。自分の黒帯が本物かどうかを確かめる必要があった。それを今日、このヒューストンで世界中に証明できた。  彼の手が自分の腕に挟まっていたから、腰を横に倒して彼が腕を抜けない角度を作った。その結果、一本を取れた。これから少し休みをとって家族と過ごすつもりだけど、準備はできている。次のチャンスを待っている。この試合が終わったらランキング入りするかもしれない。トップ15が空いているはずだから、この最高のパフォーマンスを見せた俺はそこにふさわしいと思っている。どうなるかはそのうち分かるさ。何であれ、俺の覚悟は決まっている。対戦相手は選ばない。今日、UFCで柔術の大御所と対戦してそれを証明したし、とにかくチャンスがほしいだけ。今年中に少なくともあと1回は戦いたい。ケガもなかったしね。でも結局はUFCのオファー次第。価値のあるものを用意してくれるなら、今年にあと2試合するのは全然問題ない」 [nextpage] ▼フェザー級 5分3R○ランド・バンナータ(米国)[判定2-1] ※29-28, 27-30, 30-27×マイク・グランディ(英国) ▼ミドル級 5分3R○ジョーダン・ライト(米国)[1R 1分04秒 TKO] ※首相撲ヒザ→パウンド×ジェイミー・ピケット(米国) ▼女子フライ級 5分3R○アンドレア・リー(米国)[2R 4分52秒 腕ひしぎ三角固め]×アントニーナ・シェフチェンコ(キルギス) ▼女子フライ級 5分3R○プリシーラ・カショエイラ(ブラジル)[2R 4分51秒 TKO] ※左右ラッシュ×ジナ・マザニー(米国) ▼ライト級 5分3R○タッカー・ルッツ(英国)[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×ケヴィン・アギラー(米国) ▼ライト級 5分3R○クリストス・ギアゴス(米国)[2R 0分59秒 ダースチョーク]×ショーン・ソリアーノ(米国)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事