MMA
ニュース

【RIZIN】榊原信行CEOが5・30『RIZIN.29』大阪大会に関する配信会見=5月12日(水)正午より

2021/05/11 15:05
 RIZINの榊原信行CEOが2021年5月12日(水)正午より、RIZIN FFオフィシャルYouTubeチャンネルにて5月30日(日)丸善インテックアリーナ大阪で開催される『RIZIN.29』に関する配信会見を行うことが発表された。  榊原CEOは5月8日に自身のSNSにて「緊急事態宣言の延長が5月31日迄となる事が発表されました。大阪府は引き続き無観客でのイベント実施を要請しています。これを受け、5月30日に開催を予定していたRIZIN.29について、現在関係各位と鋭意調整中です。来週早々にどの様な対応をするのかご案内致しますので、正式発表までお待ち下さい」と知らせていた。 (写真)東京ドーム大会の延期に続いて苦渋の決断を迫られた榊原CEO 報道によると大阪府は7日に「人が集まるプロスポーツなどのイベントは規模や場所にかかわらず、これまでと同様に原則無観客とする」としている。  大阪では同日30日にエディオンアリーナ大阪で行われる『第6回全日本フルコンタクト空手道選手権大会』は無観客での開催、大阪城野外音楽堂で開催の「ベリーグッドマン 超好感祭2021 Debut 5th Anniversary」と大阪城ホールで開催の『NMB48 白間美瑠卒業コンサート』がそれぞれ延期を発表している。また、吉本興業は10日に31日までの大阪・京都両府内の3劇場1拠点でのイベント中止、無観客での有料オンライン配信への変更などの対応を継続すると発表。  プロ野球オリックスは31日までに京セラドーム大阪で行われる試合について無観客で開催すると発表、阪神は12日から27日まで甲子園球場で行われる予定の8試合は、すでに販売済みの年間予約席に限って観客を入れて試合を開催するとしている。  榊原CEOは緊急事態宣言の延長が発表される前の4月30日、「このゴールデンウィークの中での数の推移を見ながら、大阪府・大阪市がどういう判断を下していくか。いずれにしても1万人のキャパの中の5千人という形で準備をして、そこまでのチケットを発売しています。それに対してひょっとすると中止の要請か無観客との要請が出るかもしれない。それは現状判断するタイミングではないと思いますし、緊急事態宣言で数は減っていくはずですから、改善が見えてくれば大丈夫じゃないかなと思っています。それを信じて前へ進めたらいいなと思っています」と、現時点では判断できないとし、大会を開催する方向で準備を進めるとしていた。  前売りチケットは販売中で、チケットぴあではA席が完売、VIP席が残り僅か。無観客での開催か、延期か、それともこれまで販売したチケットに限っての有観客か。配信会見ではどのような形での開催になるかが発表されると予想される。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事