キックボクシング
ニュース

【RIZIN】トーナメント出場の白鳥大珠「みんな皇治選手だけみてて。オレもなめられたもんだな」初戦の相手・高橋亮の反応は

2021/05/06 12:05
 2021年5月30日(日)丸善インテックアリーナ大阪『RIZIN.29』で行われる61kg級のキックボクシングルール・ワンナイトトーナメント(3分3R・延長無し)。出場選手は皇治(TEAM ONE)、白鳥大珠(TEAM TEPPEN)、高橋亮(真門ジム)、梅野源治(PHOENIX)の4名で、準決勝の組み合わせは皇治vs梅野、白鳥vs高橋となった。  SNS上で皇治と梅野が舌戦を展開する中、初戦でRISE WORLD SERIES 2019 -61kg世界トーナメント優勝者・白鳥と対戦するNKBバンタム級&フェザー級2階級制覇の高橋は「日々自分を高めて優勝へと近づく。自分の為にも、自分に賭けてくれている方の為にも。決勝で会いましょう」と、皇治へ向けてメッセージ。さらに「最高に格闘技が、大阪が盛り上がればいいな!」と自身のSNSで意気込んだ。 (写真)皇治から「天心君のカバン持ち君」と挑発されて渡されたカバンさえも似合ってしまう白鳥 これに対してカチンと来たのか、白鳥はその数時間後に「いいねー、みんな皇治選手だけみてて。オレもなめられたもんだな~一回戦から必死に倒しに行くよ」と、皇治ばかりに目を向けている高橋と梅野、そしてファンにも“ナメんなよ”とツイート。特に初戦の相手である高橋に向けて、自分は初戦を見ているとした。  すると高橋がこれをリツイートし、「World Seriesチャンピオンとやれるのすげぇ楽しみにしてるわ」とすかさずフォロー。しっかり初戦を見てますよ、とした。  兄弟3人揃ってのプロキックボクサーで“狂暴三兄弟・次男”と呼ばれる高橋だが、対戦相手にきちんと気を遣う一面も持っているようだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事