キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治、白鳥大珠と舌戦の理由を話す「SNSでピーピーこいてたら、それが一番口だけちゃうか」

2021/05/01 14:05
 2021年4月30日(金)都内にて、5月30日(日)丸善インテックアリーナ大阪『RIZIN.29』の記者会見が行われ、61kg級のキックボクシングルール・ワンナイトトーナメント(3分3R・延長無し)の開催が発表された。  出場選手は皇治(TEAM ONE)、白鳥大珠(TEAM TEPPEN)、高橋亮(真門ジム)、梅野源治(PHOENIX)の4名で、抽選会により当たりを引いた梅野が皇治を指名し、準決勝の組み合わせは皇治vs梅野、白鳥vs高橋となった。  会見では皇治と白鳥が舌戦を展開し、「決勝まで上がって来れるのかな」と心配する白鳥に「お前はその前に町内会のお兄ちゃん(高橋)に負けるから」と皇治。ヒートアップする両者に対して梅野と高橋はクールに接した。 (写真)準決勝では“日本ムエタイ界の至宝”梅野源治(右)と対戦する皇治 会見後、皇治は自身のYouTubeチャンネル『皇治チャンネル』に会見直後のインタビュー動画をアップ。その中で「モテてしゃあないですね。みんな皇治、皇治言うてましたよね。素直になりなよ。やって全てかっさらって人気者になりたいんやろと。素直になったらええのにね。まあ、誰でもよかったですよ。やる気満々やったんで」と、準決勝の相手は誰でもよかったとした。  舌戦を展開した白鳥については「俺に口で勝とうと思ったら100万年早いですよ。最後おちょおちょ言うてましたやん。彼なりに盛り上げようと頑張っているんじゃないですかね。でも男として真っ直ぐしてないかなと俺は思っているので、実力がどうのこうの言うなら、それで黙ってこいてたらいいんですよ。それができずにSNSでピーピーこいてたら、それが一番口だけちゃうかと」と白鳥の姿勢を批判し、「男と言うものを教えてやりますよ。正々堂々と文句あるなら面と向かって言え」と挑発。  会見で白鳥に「天心君のカバン持ち君のためにプレゼントを持ってきた」と手渡したカバンについては「あれはしっかり天心君のグローブとかスケジュール帳を入れて、あの子はシュッと黙って天心君のカバン持ちしてればいいんです。あんだけ男前なんやから殴り合いせんと」と使ってほしいと言うが、白鳥がメルカリに出品するとの噂を聞いて「それはそれで面白い」と笑った。  そして「俺らは崖っぷちアイドル」と自分の立場を表現し、「初めてなんですよ、覚悟を決めたというか。今までは金を稼いでね、綺麗事を貫いて、金を稼いで自分の大切なもの、仲間やったり家族やったり、金がないと幸せになれないから俺は絶対に格闘技で金を稼いで成り上がったるっていうのが俺の覚悟やったんですけれど、RIZINに引っ越して2連敗して初めて覚悟が決まったというか。このまま選手として結果を出さずに終わったら一生後悔すると思ったので、これは俺の挑戦やと思ったんですよね。だからしっかり勝って優勝して、こうなれたのはほんまにファンのおかげなので、準決勝・決勝は金のためではなくてシンプルに皆さんに男を見せようと頑張る」と、このトーナメントに懸ける想いを明かした。  最後には「ファンもアンチも俺は運命共同体だと思っているので一緒に戦ってください」とメッセージを発している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事