MMA
ニュース

【PFL】踵蹴りからチョーク葬! マクドナルドがPFLで一本勝ち。ハーフ&クローズドガードの中から肩固めフィニッシュ連続も

2021/04/30 21:04
 2021年4月29日(日本時間30日)米国ニュージャージー州アトランティックシティのオーシャンカジノリゾートで「PFL 2021 #2」が開催された。  メインイベントでは、UFCでウェルター級王座に挑戦し、Bellatorでウェルター級王者となったローリー・マクドナルド(カナダ)が、同じくUFCとBellator参戦経験を持つカーティス・ミランダ―(米国)と対戦した。 ▼ウェルター級 5分3R○ローリー・マクドナルド(カナダ)[1R 3分38秒 リアネイキドチョーク]×カーティス・ミランダ―(米国)  マクドナルドは、UFCで9勝4敗、Bellatorで3勝2敗1分。2019年10月の前戦ではドゥグラス・リマに判定負けし、王座陥落。今回がPFL初参戦となる。  対するミランダ―はUFC3勝2敗、Bellator3勝3敗。2020年8月の前戦では、サバ・ホマシに判定負け。マクドナルド同様に今回がPFL初参戦だ。  1R、ともにオーソドックス構え。左ジャブを突くミランダー。右のカーフキックでマクドナルドのバランスを崩す。スイッチを見せるミランダーはマクドナルドのジャブに右を狙う。  後ろ手を触覚のように牽制で使うリーチの長いミランダーは、右ハイキック。ガードするマクドナルドは圧力を強め、前手の右フックを見せる。  右ストレートを振るミランダーにカウンターのダブルレッグから右足にシングルレッグはマクドナルド! 右腕で小手に巻いて差し上げようとするミランダーを手前に引き出して回して倒そうとするが、右足を外に出して耐えるミランダー。  ついに両足をクラッチしたマクドナルドがダブルレッグテイクダウン。パウンドを入れ、右足は越えているマクドナルドは、ハーフガードから背中を見せて立とうとするミランダーのバックに。両足をかけて、ボディトライアングルの4の字に組み直すと、たすきがけから対角のミランダーの左手を掴んで、脇下の左手を抜くも、すぐに首を防御するミランダー。  足を解いたマクドナルドは、左足のカカトでミランダーの太腿やレバー周辺を蹴って気を散らすと、右腕を喉下に! 頭後ろからパームトゥパームの形で手のひらは合わせず、左手首を持って引っ張り、タップを奪った。  コールを待つマクドナルドは、フィラス・ザハビにシングルレッグからダブルレッグに移行し脇を潜ってバックにつく動作を確認し、解説陣から「ケージの中でまだドリルをしている」と感心される。  試合後のインタビューでは、「この1年に向けて、2020年に多くの犠牲とともにトレーニングしてきたから、今日のような良い動きを見せることができた。(カカトで蹴ったのは)オールドスクールテクニックで、子供の頃からやっていた。彼はレバーを蹴られて顎が空いた。(モニターを見ながら)スタンドでいろんな場所でたくさんスリップしたから、マットを変えてほしい。そうしたらもっといい打撃を見せられる」と語った。  ウェルター級は、6P獲得のレイ・クーパー3世が1位、同じく6Pのマクドナルドがフィニッシュタイム差で2位。ジョアオ・ゼフェリーノが3Pで3位につけている。欠場したアレクセイ・クンチェンコとマゴメド・マゴメドフは今後どんな試合を見せるか。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R○レイ・クーパー3世(米国)[1R 1分23秒 肩固め]×ジェイソン・ポネ(フランス)  1R、オーソドックス構えのクーパーに、サウスポー構えのポネ。詰めるクーパーにポネはシングルレッグへ。がぶるクーパーを金網まで押し込んで左で差すポネ。  金網背に四つに組むクーパーはポネのヒザ蹴りを下から抱えるとそのままスラム! サイドを奪うとポネの左脇を開けて首を突っ込み肩固めへ。  右に出たいクーパーに、下のポネはクーパーの右足をハーフガードでからめるが、このハーフのままクーパーは中腰で絞め上げ、ポネがタップ! 勝利したクーパーはマゴメド・マゴメドカリモフとの対戦をアピールした。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R○ジョアォ・ゼフェリーノ(ブラジル)[判定3-0] ※29-28×3×グレイソン・チバウ(ブラジル) [nextpage] ▼ライトヘビー級 5分3R○エミリアーノ・ソルディ(アルゼンチン)[判定3-0] ※29-28, 29-28, 28-27×クリス・カモージ(米国) [nextpage] ▼ライトヘビー級 5分3R○アントニオ・カーロス・ジュニオール(ブラジル)[1R 4分43秒 ギロチンチョーク]×トム・ローラー(米国)  サウスポー構えのローラーに、オーソドックス構えから右ミドルを当てるカーロスJr。ニータップでテイクダウンを奪うが、クローズドガードに入れてギロチンチョークはローラー。  しかし、首を抜いたカーロスJrがパスガードからマウント、肩固め狙い。上体を立て、下からシングルレッグに来たローラーをアームインギロチンに極めてタップを奪った。 [nextpage] ▼ライトヘビー級 5分3R○セザー・フェレイラ(ブラジル)[1R 0分37秒 KO] ※右フック×ニック・ローリック(米国)  1R、サウスポー構えのフェレイラに、オーソドックス構えのローリック。左前蹴りを当て、左ストレートで前に出るフェレイラが金網に詰めて右フックでダウン奪い、KO。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R-サディボウ・シ(スウェーデン)[2R 1分56秒 ノーコンテスト] ※アクシデントのアイポーク-ニコライ・アレクサヒン(ロシア) [nextpage] ▼ライトヘビー級 5分3R○マルシン・ハムレット(ノルウェイ)[2R 0分50秒 肩固め]×ダン・スポーン(米国)  1R、サウスポー構えのスポーンの左を掻い潜り、オーソのハムレットが右で差してテイクダウン。ガードの中に入れるスポーン。ハムレットはインサイドから細かいパウンド。スポーンの左脇が開くと肩固めの動きも見せる。  2R、開始早々にシングルレッグテイクダウンはハムレット。再びガードの中に入れるスポーン。スポーンの左脇が開いたところに頭を突っ込んでスポーンの左腕を流したハムレットが、左腕を首に巻き、背中ごしに右手とクラッチ。なんとクローズドガードの中から肩固めへ。下から1発右手で腹を叩いたスポーンだが、上からの肩の圧力もあり、すぐに失神! 1Rで一本勝ちしたハムレットが、5Pを獲得した。  通常とは逆側の頸動脈を極めたか。解説陣も「信じられない、クローズドガードの中からアームトライアングルチョークを極めた!」と驚愕の一本勝ちとなった。  1Rにもクローズドガードの中から肩固めを狙っていたハムレット。これでMMA戦線を7勝1敗のとし、自身3つめの肩固めでの勝利をマークした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事