キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治と白鳥大珠が舌戦を展開、「男として情けない。顔だけ」(皇治)「梅野選手に勝てるか心配」(白鳥)

2021/04/30 15:04
 2021年4月30日(金)都内にて5月30日(日)丸善インテックアリーナ大阪『RIZIN.29』の記者会見が行われ、皇治(TEAM ONE)が希望していた61kg級のキックボクシングルール・ワンナイトトーナメント(3分3R・延長無し)の開催が発表された。  出場メンバーは、皇治の呼びかけに名乗りをあげた白鳥大珠(TEAM TEPPEN)、高橋亮(真門ジム)、梅野源治(PHOENIX)の4選手に決定。その場で組み合わせ抽選会が行われ、当たりの入った封筒を引いた梅野が指名権を得て、準決勝の相手に皇治を指名。これにより、準決勝の組み合わせは皇治vs梅野、白鳥vs高橋となった。  しかし、舌戦を展開したのは皇治と白鳥。まずは白鳥が「決勝戦になっちゃったんですけれど、僕は去年からピーチクパーチク言って(皇治が)相手にしてくれなくてマウントとってきたので、頑張って決勝に上がってきてもらいたいですけれど、梅野選手なので心配ですね。大丈夫かなって。そこだけちょっと心配なので頑張って決勝へ上がってきてください」と挑発。  これに皇治は「トーナメントが開催されて嬉しいですね。ずっと言い続けていて、こんな一丁前な選手に集まってもらって凄く嬉しく思っています。俺が中心でこの子たちは脇役なので、しっかり俺がそれを証明してやろうと思っています。言うことはそんなにないけれど、白鳥君に関してはもう情けないですね。顔だけで。男のくせに昨日もYouTubeで見たけれどピーチクパーチク、もうカッコ悪いですね。実力がどうのこうの言ってないで、黙って天心のカバン持って頑張ってればいいのにね。ということで、当日は俺が実力で黙らせてやろうと思っています」と、白鳥を那須川天心のカバン持ちだという。  皇治がRIZINに移籍した時から対戦をアピールしていた白鳥は「やっとと言えばやっとなんですけれど、去年K-1からRIZINに来て、ここでやれたら面白いなって意味でアピールしたんですよ。でもそれを知名度とか人気ばっかりでマウントを取って来るので、今年に入ってから興味が薄れちゃったんですね、正直。でもこうやって話をもらってRIZINの大阪が盛り上がると思ったので、参戦させていただいたんですけれど。まあ、カバン持ち君に負けたらどうするんですかって感じですね」と、それだけ言っておいて負けたらどうすると皇治に言い返す。  すると皇治は「人気も知名度も、ほんで2連敗もしていて、どの口が言っとんねんって話なんですよ。ほんでもうオタクみたいに家に帰って友だちとピーチクパーチクYouTubeで俺の悪口言うて。お前こそカッコ悪いなと。おかんに感謝しろ、そんな男前に産んでもらって」と、白鳥に口をはさむ間も与えないマシンガントーク。  白鳥が呆れた口調で「凄いよ、喋りはうまい。どこからそんなに出てくるのかな」と言うと、皇治は「俺は喋りならメイウェザーにも勝てる。所詮この喋りに勝てないってことは本物の実力じゃないんですよ。本物の実力があれば俺の全てを超えられるんでね。それができへんことを俺が実力で証明してやりますよ」と、実力でも負けないとした。  それに白鳥が「決勝まで頑張って上がってきてください」と答えると、皇治は「大丈夫だよ。お前は俺の横の町内会のお兄さん(高橋)に負けるから」と、高橋が勝つとした。  ここまでビッグマウスを炸裂させ、RIZINで結果を残せていない崖っぷちの状態の皇治。参加メンバーを見てもリスクが高いが、「ずっとですやん。ずっとデカいこと言って勝ったり負けたりして、叩かれまくってここまで来たので。まあ、いいんじゃないですか。梅野選手みたいに男らしくシュッとした選手とボコボコ殴り合いたいですね。分かりやすい試合をしたい。そして決勝はひょろ長君をぶっ倒してやろうと思っています」と最後まで強気な姿勢を崩さなかった。  さらに、最後には「天心のカバン持ち君のためにプレゼントを持ってきた。これでも大人しく持ってろ」と白鳥にカバンを手渡した。しかし、白鳥がそのカバンを持つと様になっており、「カッコいい」との声があがった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事