キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治vs梅野源治、白鳥大珠vs.高橋亮でワンナイトトーナメント決定! 皇治「俺が中心、この子たちは俺の脇役」=5月30日(日)大阪

2021/04/30 12:04
 2021年4月30日(金)都内にて5月30日(日)丸善インテックアリーナ大阪『RIZIN.29』の記者会見が行われ、皇治(TEAM ONE)が希望していた61kg級のキックボクシングルール・ワンナイトトーナメント(3分3R・延長無し)の開催が発表された。  出場メンバーは、皇治の呼びかけに名乗りをあげた白鳥大珠(TEAM TEPPEN)、高橋亮(真門ジム)、梅野源治(PHOENIX)の4選手に決定。  トーナメント準決勝の組み合わせは、この日の抽選により、「当たり」の一番くじを引いた梅野が対戦相手に「皇治」を指名。結果、皇治vs.梅野源治、白鳥大珠vs.高橋亮となった。決勝戦は同日のメインイベントにて行われる。優勝賞金は調整中。  強豪揃いとなったトーナメントに進退を懸ける皇治は「トーナメントが開催されて嬉しいです。俺を中心にこの子たちは俺の脇役。それを証明したい。梅野選手は素晴らしい選手だけど、いまはピークを過ぎた。“ひょっとこムエタイ”狩りをしたい。白鳥くんに関しては情けない。顔だけで言葉ばかりピーチクパーチクと。“天心の鞄持ち”で頑張ってたらいいのに。“町内会のお兄さん”と頑張ってください」と、いつもの毒舌で意気込みを語った。  対する梅野は、皇治について「すごく尊敬していて原動力・行動力を持っているので、そういう男と1回戦で拳を交えたいと思い選ばしてもらいました。一緒に盛り上げましょう。そして決勝は、白鳥選手に勝ち上がってもらって、しっかりリヴェンジをしたいと思います」と抱負を語った。  白鳥は「1回戦の相手の高橋選手は階級下で試合をしていたのであまり試合を見ていないですけど、実力ある選手、しっかり勝って決勝戦に進みたい」と語り、因縁の皇治については、「ピーチクパーチク言ってきましたけど、知名度ばかりを理由にマウントとってきて、なかなか相手にしてくれなくてね。“鞄持ち”に負けたらどうするんスかね。それと、梅野選手と(試合して負けないか)ちょっと心配ですね。頑張って決勝まで上がってきてください」と返した。  一方の高橋は「このトーナメントで僕の格闘人生を変える。一番厄介な相手が1回戦ですが、そこでしっかり勝って決勝に上がります。盛り上げましょう」と語った。  RIZINキックルールは、ヒジによる攻撃は禁止。首相撲からのヒザ蹴りや蹴り足を掴んでの攻撃など相手を掴んでの攻撃は1回のみ認められる。  皇治は、無類のタフネスと歯に衣着せぬ言動で2019年まで新生K-1の中心選手として活躍。4歳から空手、日本拳法を中学時まで取組み、空手では魚本流で全国1位、日本拳法では全国2位になっている。2018年12月にはK-1で武尊と壮絶な殴り合いを繰り広げた。2020年7月、RIZIN参戦を表明して9月に那須川天心と対戦したが判定負け。同年大晦日には五味隆典とパンチのみのスタンディングバウト特別ルールで対戦したが、判定負けでRIZIN移籍後は勝利をあげられていない。  白鳥は那須川天心の盟友で、キックボクシングからボクシングに転向し、8勝(5KO)3敗の戦績を残してキックボクシングにカムバック。2019年2月に第5代RISEライト級王者に輝くと、3月に開幕した「RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament」でヘクター・サンチアゴ、セクサン・オー・クワンムアン、梅野源治を下し優勝。世界王者のベルトを巻いた。10月と大晦日にはRIZINで大雅と連戦して2連勝するなど怒涛の12連勝を飾ったが、2020年10月の「RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント」準決勝で直樹に初回TKO負けを喫し、連勝がストップ。今年2月には原口健飛にも判定負けで連敗を喫しており、再起を懸ける。  高橋は“高橋三兄弟”の次男で、近年は『KNOCK OUT』にも参戦。2017年12月には小笠原瑛作からダウンを奪って引き分け、2018年5月には宮元啓介、9月には瀧澤博人から勝利を奪い、2019年6月にはホームのNKBでバンタム級に続いてフェザー級のタイトルも奪い、2階級制覇に成功。10月には大ベテランの国崇にもTKO勝利。2020年は「ジャパンシフトランド杯59kgトーナメント」で決勝へ進出したが、村田裕俊に延長戦で敗れて優勝を逃した。7月にRISEフェザー級王者・工藤政英とは延長戦までもつれ込みドロー。2021年は2月にWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・山浦俊一をハイキックでKOしている。白鳥と同じく皇治が苦手とするサウスポー。  梅野は2007年11月にプロデビューするとWPMF日本スーパーバンタム級王座、WBCムエタイ日本同級王座、M-1フェザー級王座、WPMF世界スーパーフェザー級王座、WBCムエタイ・インターナショナル同級王座を次々と獲得し、2014年11月には日本人初のWBCムエタイ世界(スーパーフェザー級)王者に。2016年10月にはヨードレックペット・オー・ピティサックを破り外国人として史上6人目のラジャダムナンスタジアム(ライト級)王者となる快挙を達成。2019年は得意の首相撲とヒジ打ちを封印して『RISE』の世界トーナメントに出場し、決勝へ進出するも白鳥大珠にKO負け。その後はムエタイに復帰して1勝1敗、2021年2月にはRISEに再び出場してノラシンからダウンを奪っての判定勝利。3月には『BOM』でムエタイ復帰後の1敗を付けられたキヨソンセンにリベンジしたばかり。  会見で、大阪大会でのキックのワンナイトトーナメント開催を発表した榊原信行CEOは、「大阪大会で皇治選手からトーナメントをやってくれと。RIZINの舞台は総合格闘技を主体とした舞台で、キックの選手にジレンマはあると思う。ファンの熱が強くなれば、女子の試合が増えたように、キックの試合も増えて行く。エキシビションも含め、守備範囲は広い。ファンのハートをわしづかみにしてほしい。今回、キックのワンナイトトーナメントを開催します」と、立ち技の試合に期待を語った。  さらに、「コロナとの闘いは思ったより長く1年以上になりますが、このコロナの影響で僕ら格闘技界はいくつも大会が延期になったり、中止になったりが繰り返されています。この先のことは行政に従っていくことはお約束したなかで、出来ることを最大限チャレンジして歩みを止めず進んでいきます。予定通り、大阪大会を開催します。チケットは5千枚しかありませんが、すでにS席とA席は完売。このあと1カ月、最高の戦いの準備を進めたい」と抱負を語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事