SirikaSirika
MMA
ニュース

【UFC】足骨折のワイドマンが「ビフォーアフターのX線写真」を公開。無事退院し、ダナ代表のプライヴェートジェットで帰宅

2021/04/28 11:04
【UFC】足骨折のワイドマンが「ビフォーアフターのX線写真」を公開。無事退院し、ダナ代表のプライヴェートジェットで帰宅

Chris Weidmanのinstgramより

 2021年4月24日(日本時間25日)、米国フロリダ州ジャクソンビルのVyStarベテランズ・メモリアル・アリーナで開催された「UFC 261」で、ユライア・ホール(ジャマイカ)にカーフキックをチェック(防御)されて、右足を骨折した元ミドル級王者クリス・ワイドマン(米国)が、手術前後のX線写真を公開。27日(同28日)には、退院の瞬間とジェット機で自宅に移動したことを、自身のSNSで報告した。

 試合翌日に、病院での手術が成功したことを記したワイドマン。麻酔と鎮痛剤でベッドに横になっているため、尿が出ずにカテーテルを入れる必要があると言われたものの、1時間待って無事、尿瓶に排尿できたことを語っていた。

 そして、手術前と手術後のX線写真を公開。

「この悪夢のビフォーアフターのX線写真」という文とともに、脛骨および腓骨が骨折した写真を投稿した。

「一番心配なのは、体重をかけたときにふくらはぎと皮膚に骨が刺さり、その裂傷が感染しないかどうかということです」と記し、2枚目、3枚目では、繋げた骨をネイル(髄内釘)と3本のボルトで固定したX線写真をアップした。

 ワイドマンは「手術を成功させてくれたギトリン医師に感謝します。また、UFCのデイヴィソン医師にも感謝しています。彼は私が適切なケアを受けていることを確認し、私に代わって病院の医師に話をしてくれました」と、UFCのドクターが現地に残り、ワイドマンのケアを続けていたことに感謝の意を表している。

 そして、日本時間28日の朝に、車いすでの退院の模様とジェット機での移動の動画をアップ。このプライヴェートジェットは、ダナ・ホワイトUFC代表が用意したものだという。

「このような困難な時期に私と家族の面倒を見てくれたダナ・ホワイトとUFCには感謝してもしきれません。このようなことは、一般の人には見えないところでやってくれているのです。公共の飛行機で痛みに耐えたり、車にずっと乗っていたりする代わりに、病院から家まで直接飛行機をチャーターしてくれました。また、UFCのメディカル・コーディネーターであるアリーがジャクソンビルにずっと滞在し、私の体調を確認してくれたことにも感謝しています」と周囲への感謝の言葉を投稿した。

 直近の写真では、退院時の家族とのハグの模様をアップ。「私の美しい家族にとても感謝しています。ファイトウィークのプレッシャーは、いつも私たち家族の距離を縮めてくれるようです」と記している。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事