K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【K-1】フェザー級王者・椿原龍矢が王者としての第一戦「王者としてしっかり倒す」、玖村修平は「しっかり喰いたい」

2021/04/19 20:04
 2021年5月23日(日)東京・大田区総合体育館『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』の記者会見が、4月19日(月)都内にて行われた。追加対戦カードとしてスーパーファイト(ワンマッチ)の8試合が発表となった。  フェザー級3分3R延長1Rで、K-1 WORLD GPフェザー級王者・椿原龍矢(月心会)が、元NJKFバンタム級王者・玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)と対戦する。  椿原はK-1甲子園2017 -55kg王者。2020年7月にフェザー級に階級を上げ、その一戦目ではかつて江川優生に勝利した桝本翔也を左ハイキック一発でKO。同年9月、K-1で江川から番狂わせの勝利を奪い、2021年3月のタイトルマッチでの再戦でも返り討ちにして第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者となった。戦績は12勝(3KO)3敗1分。  玖村は空手を学び、キックボクシング転向後は2017年6月にNJKFバンタム級王座を獲得。2018年6月からK-1 JAPAN GROUPに参戦し、2019年6月には「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」に出場。同年10月の試合を最後に網膜剥離(全治3カ月)で戦線離脱していたが、階級を上げて復帰。「第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント」では準決勝で新美貴士に敗れて涙をのんだ。2021年3月のK-1では鷹大から勝利を収めている。戦績は15勝(7KO)8敗1無効試合。  今大会を「K-1の新たなるスタート」としている中村拓己K-1プロデューサーは「K-1のピラミッドの一番下(アマチュア)から上(プロのチャンピオン)まで駆け上がってきた椿原選手が今大会で試合をするのは意味がある、ぜひ出て欲しいと思っていました。椿王者になっていろいろな意見もあった中で勝利していますし、王者として今後どういう試合をしていくか。王者の初陣として大事な試合となりました。玖村選手はここで王者を倒すのがベルトを獲る近道。ガムシャラなスタイルは椿原選手と対照的なところもあるので面白いカードになったと思います」と、この一戦のテーマを語った。  玖村は「前回K’FESTAで勝つことができて、ここからトップに食い込んでいこうと気合い入れていた時に王者と組んでいただき感謝しています。フェザー級はいろいろな選手がいてる中で自分が選ばれた理由は分かっているので、倒してフェザー級トップ戦線をかきまわしたい」と意気込み、玖村は「王者になってすぐに試合を組んでもらってまた出番が来たなって思いました。玖村選手から王者と言ってもらえて嬉しいなって気持ちがあります」とにこやかに挨拶。  椿原は王者となり、「いろいろな人が声をかけてくれるようになりました」と言うが、「仕事と練習しかしていないので時間があまりなくて。もっと強い王者になって変わって行ったらいいなって思います」ともっと知名度を上げたいとする。  玖村はいきなり王者との試合が組まれたことには「これからトップに食い込んでいきたいと思っていたところなので、美味しいなと思いました。しっかり喰いたいと思います」と目の前のごちそうに下なめずりするかのよう。 それぞれの印象を聞くと、椿原は「めっちゃ綺麗でめちゃめちゃ上手い。あとイケメンでお顔が小さいので(会見で座る)距離が離れていてよかった」、玖村は「相手をいなして中に入れない隙のない上手い選手。僕はタイプとして(椿原が)やりやすいと思うので、僕も弱点や椿原選手が嫌な戦い方は分かっているのでそれを僕がどれだけできるかがカギ。練習してその弱点を突きたい」とする。  椿原は江川とのタイトルマッチでアウトボクシング的な戦法を展開し、ファイターやファンから賛否両論が巻き起こった。そのことについて聞かれると「まず勝ててよかったと思う。いろいろな意見があって当たり前。その人ら全員納得させていければいいと思っているので、あとは僕が期待に応えるだけです」と、これから納得させる試合を見せていきたいという。「しっかり倒せるようになりたいし、僕のアウトボクシングを進化させて椿原流を作っていければと思っています」と、アウトボクシングを活かしつつ倒せるようなスタイルを確立させたいとした。  その江川とのタイトルマッチの感想を求められた玖村は「僕は上手く戦って完勝だなと思いました。でもK-1は倒し合う競技だと思っているので、僕はそう思って倒しに行く試合をしたつもり。倒し合う競技なので、椿原選手も王者になって倒しに来ると思います。倒しに来たら僕も倒しに行くので凄い試合にしたい。倒し合いたいですね」と、椿原の戦い方を称えた上で、今回は倒し合いの試合をしたいと要望。  玖村は「今回勝ったらタイトルマッチでやらせてもらいたい。そのためには中途半端な勝ち方ではダメ。KOで倒してタイトルをやりたい」と、KO勝ちしてタイトルマッチで再戦したいとの野望を燃やす。  一方、椿原は王者になったことで「強さと人間性を上げたいと思っています。でも強さがまず一番ですね」と強い王者になっていきたいとした。  今大会のテーマについて、玖村は「若い選手が多いですよね。トーナメントも若い選手が多い。フェザー級は層が厚くて選手が多い。中途半端な試合をしていたら、ここに選ばれた意味がない。他の選手にも失礼です。僕が盛り上がる試合をして一番会場を盛り上げたい」と意気込む。  椿原も「今回は他に若い選手がいっぱいいますね。とは言っても僕もまだ21歳でだいぶ若い。他の選手にナメられないように、王者としてしっかり倒して、他の選手から“椿原ヤバッ!”って誰も近寄ってこれないくらいの選手になりたいと思っています」と、王者として違いを見せたいと話した。 <決定対戦カード> ▼スーパーファイト K-1フェザー級 3分3R延長1R椿原龍矢(月心会/K-1フェザー級王者)玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス) ▼スーパーファイト K-1スーパー・ライト級 3分3R延長1R林 健太(FLYSKY GYM)ヴィトー・トファネリ(ブラジル/ブラジリアンタイ/闘英館) ▼スーパーファイト -56kg契約 3分3R延長1R佐々木洵樹(POWER OF DREAM)ラット・エイワスポーツジム(タイ/エイワスポーツジム) ▼スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1RMOMOTARO(OGUNI-GYM)西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) ▼スーパーファイト -75kg契約 3分3R延長1R神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)ブハリ亜輝留(WSRフェアテックス幕張) ▼スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R島野浩太朗(菅原道場)佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) ▼スーパーファイト K-1フェザー級 3分3R延長1R斗麗(WIZARDキックボクシングジム)亀本勇翔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) ▼スーパーファイト K-1女子アトム級 3分3R延長1RMOE(若獅子会館)優(NEXT LEVEL 渋谷)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事