K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【K-1】優勝候補の壬生狼一輝「これからは俺たちの時代じゃあ!」、“ビッグマウス”鵜澤悠也の挑発に橋本実生「気安く呼ぶなよ。しばくぞ!」

2021/04/18 01:04
【K-1】優勝候補の壬生狼一輝「これからは俺たちの時代じゃあ!」、“ビッグマウス”鵜澤悠也の挑発に橋本実生「気安く呼ぶなよ。しばくぞ!」

トーナメントに出場する8選手(左から)橋本、大村、壬生狼、野田、松本、鵜澤、黒田、池田

 2021年5月23日(日)東京・大田区総合体育館『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』の記者会見が、4月17日(土)都内にて行われた。

 今大会では「K-1 WORLD GP 2021 K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」を開催。トーナメントに出場する8選手は18歳~26歳で、キャリアは最多でも7戦。デビュー戦の選手も抜擢され、まさにフレッシュな顔ぶれで争われる。


 会見がピリッとしたのは“ビッグマウス”で知られる鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス)が、「橋本実生をぶっ飛ばしたいと思っていた」と橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を名指ししたことだ。

「代理戦争でも目立ってましたし、シンデレラボーイだかチェリーボーイだかなんかわかんないですけど、凄いチヤホヤされているなと思っていたんで、決勝で松本選手とやりたいとか、そんなのは予想してたいんですけど、初戦でしっかり松本選手をぶっ飛ばして、決勝に上がってきてほしいなとは思っています」と挑発すると、橋本も「気安く呼ぶなよ。しばくぞ!」と声を荒げる。


「まず誰か知らへんし」と橋本が言うと、鵜澤は「そう言うのも予想していたので、誰か知らへんって言ってても、自ずと視界に入るようにしてやろうかなと思っています」」と、橋本との対戦をアピールした。


 また、黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード)は登場するなり、1回戦の対戦相手である池田幸司(ReBORN経堂)にフェイスオフを仕掛けた。

 その理由を聞くと「特に理由はないですが、相手の目を見たら燃える気持ちも出てきたのでやりました」と、元アウトローの血が騒いだようだ。池田は「相手の目を見たらピクピクしていたのでビビっているのかなと思いました」と強気に返したが、「けど、自分も足が震えていました」と言って笑いを誘った。


 地元・福岡の博多祇園山笠にちなんだハッピ・ねじり鉢巻・地下足袋・ふんどしという姿で現れた壬生狼一輝(力道場静岡)は、いつも通り大仁田厚になり切ってのパフォーマンスを披露。それに1回戦の対戦相手である野田蒼(月心会チーム侍)は笑いが堪えきれない様子。「もう会見から怖くて怖くて、考えてきたことも飛んじゃって。でも凄い好きです」と笑った。


 その壬生狼は3月のKrushで吉岡ビギンを破り、Krushバンタム級王座に就いたばかり。そのリング上で「もうそろそろK-1さん、K-1のバンタム級トーナメントを開いていいと思うので、役者は揃っていると思うので開いてください」とK-1バンタム級新設をアピールしており、今回その願いが叶った形となった。

 優勝候補と目されている壬生狼は「そうじゃのう。確かにワシが言ってできたこのトーナメント。じゃがのう、ここにいるバンタム級のこの8人、この役者がしっかり揃ってできた大会だと、俺は思うとる。じゃから、今回、この大会、一人ひとりが主役で、一人ひとりのストーリーを作って、この大会をこの8人全員でしっかりと盛り上げていこうと思うとる。これからは俺たちの時代じゃあ!」と高らかに宣言した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事