キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈の対戦相手が決定「次に戦いたい相手とやるために倒して勝ちます」

2021/03/31 15:03
【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈の対戦相手が決定「次に戦いたい相手とやるために倒して勝ちます」

公開練習としてミット打ちも披露したぱんちゃん。自分の成長を見せる試合とした

 2021年4月25日(日)東京・後楽園ホール『KNOCK OUT 2021 vol.2』に出場が決まっていた、KNOCK OUT-BLACK女子アトム級王者・ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)の対戦相手が発表された。

 ぱんちゃんは2020年11月の試合で拳の脱臼による靭帯断裂で手術、戦線を離脱していたが、今大会で復帰を果たす。


 3月31日(水)都内所属ジムにて記者会見が行われ、対戦相手はJ-GIRLSピン級&WMC日本女子同級二冠王のMIREY(HIDE GYM)に決定。MIREYは日本人の父とペルー人の母を持つハーフで、2018年2月にプロデビュー。5戦目で祥子を破り、J-GIRLS王座に就いた。2020年2月には奥脇奈々を破り、WMC日本王座も獲得。戦績は5勝3敗1分。ぱんちゃんとは2019年10月に対戦し、ぱんちゃんが判定3-0で勝利を収めている。

 会見の冒頭、宮田充KNOCK OUTプロデューサーは「4月25日後楽園ホール大会で、ぱんちゃん璃奈選手の対戦相手としてタイ人選手の招聘を考えて、3月8日の会見で発表しました。候補選手探しに始まって、3選手のプロフィールが届き、さあどの選手にしようかという段階になっていました。また、それと同時に、緊急事態宣言が3月22日に解除された後、入国許可が下りるものと想定して手続きの準備もしていました。


 しかしながら解除から1週間が過ぎても未だ、(政府の方針により)新規外国人の入国停止解除のメドが立っていません。まだタイ人選手が招聘できる可能性はゼロではありませんが、来日してから14日間の隔離期間を置かねばならないことを考えると、タイムリミットがどんどん迫ってきています。そこで、ぱんちゃん璃奈選手が所属するSTRUGGLEさんと協議して、今回の対戦相手を日本人選手に切り替えて考えることとなりました」と、当初予定していたタイ人選手との対戦を断念したことを発表。

 その結果、MIREYが急遽の対戦を受諾、契約ウェイトの46.5kgも承諾し、1年半ぶり2度目の再戦が決定した。


 会見に出席したぱんちゃんは「正直、2月・3月と試合ができずモチベーションを保つのに必死で。そこで戦いたい内の一人と決まりかけてモチベーションが上がり、1カ月半くらい対策して勝てる自信が付いたのにその選手との対戦がなくなってしまいました。落ち込んだ中で強いタイ人選手を呼ぶのでと言ってもらってまた頑張ったけれど、それも厳しいということになって…。まだ戦っていないベルトを持っている人と戦いたいとオファーも出してもらいましたが、断られたり決まらなかったりして、応じてくれたのがMIREY選手でした。

 相手が見つからなければ試合がなくなったかもしれないので、急遽オファーを受けてくれたことには感謝していますが、私は再戦したいのではなく挑戦したかったので、正直『うーん…』という感じがします。でも私の試合を楽しみにしてくれているファンの方たちがいるので、試合に出ないといけないのでモチベーションを上げてしっかり試合をしたいと思います。次に戦いたい相手とやるために倒して勝ちます」と、複雑な心境を打ち明けた。


 最初にタイ人選手の来日がかなわないことを聞かれた時には「“なんで!?”って言ったと思います。“またダメなの!?”って。じゃあ誰がいるの、誰が戦ってくれるのって不安でした。もう大会まで1カ月切っていたので」と、相当落ち込んだという。

 MIREYとは再戦となるが「前回は私がいい勝ち方をしていると思う。その時の私はめちゃめちゃ弱いと思っているけれどしっかり勝てているので、お互い成長しているけれど一度勝っている選手に負けることはないのでもっと差を見せたい」と、当時よりも圧倒的な差を見せて勝ちたいとする。


(写真)手術した右手もすでに90%の力で打てるようになっているという

「絶対にダウンを取りたい。今のスピードとパワーがあれば取れると思います。ちゃんと見て当てれば倒れる。その次に戦いたい相手と戦うためにきっちり差をつけたい。格闘技なので100%はないですが、負けることは絶対にないと思っています」と、最低でもダウンを奪いたいという。

 MIREYについては「さっきも映像を見てきました。奥脇選手との試合を見ましたが、そんなに前と変わらない。パワーはあるけれどリーチ差と、MIREYはスピードがある選手ではないので自分の攻撃を当てる、相手の攻撃はもらわない試合ができると思います。試したいですね。5カ月間、成長した部分を試したい」と、練習の成果を発揮したいとした。


 STRUGGLEの鈴木秀明会長も「5カ月間、手の負傷で試合はできませんでしたが、サボっていたわけじゃなく努力をしてきたので、上手くいけばそれが出ると思います。試合に出なかった期間も努力していたところを見せられる試合になればと思っています」と、手の負傷がありながらもできる努力を続けてきた成果を出させたいと語った。

 MIREYは「1年以上ぶりの試合になるのでワクワクしています。ぱんちゃんの印象は特にないです。お互いに時間も経って、試合数を重ねているので成長し合えていると思います。前回の試合は自分の試合ができなかった。会場の雰囲気に飲まれたこともあったので、今回は自分の試合をして勝ちたいと思います。久しぶりの試合でMIREY旋風を吹かせます。期待してください」とのコメントを寄せている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事