ONEONE
MMA
ニュース

【RIZIN】パッキャオは「とても楽しかった」、メイウェザーは「2日前まで来ると言っていた」(榊原委員長)

2019/04/22 17:04
【RIZIN】パッキャオは「とても楽しかった」、メイウェザーは「2日前まで来ると言っていた」(榊原委員長)

推薦選手に勝利した那須川天心と記念撮影に収まったパッキャオ(右から2人目)

 4月21日(日)、横浜アリーナにて開催された『RIZIN.15』。大会終了後、榊原信行RIZIN実行委員長が大会総括を行った。


 今大会には、那須川天心と対戦したフリッツ・ビアグタン(フィリピン)を推薦したプロボクシング6階級制覇マニー・パッキャオ(フィリピン)も来場。榊原実行委員長は「パッキャオと話をした中では、MMAにもっと興味をもっていて見にいったことがあると思っていたんですが、MMAの大会を初めて見たそうです。最初から全試合を観戦して『とても楽しかった』と言ってもらいました。笑いながらですが、『俺もやってもいいよ』と言っていましたね」とのエピソードを明かした。

 今後については「ゲストに来てもらうだけでなく、ここがスタート。今はWBCのタイトルホルダーですから、世界戦の後にRIZINの舞台で試合をしてもらえるような交渉は続けていきたい。フィリピンの選手との交流も積極的にやっていきたいと思います。RIZINのフィリピン大会も可能性はある」と、パッキャオ自身のRIZIN参戦を含めて交流を深めていきたいとした。


 また、来場を予告していたプロボクシング5階級制覇フロイド・メイウェザー(アメリカ)は、結局姿を現さなかったが「メイは来る来る詐欺ですから(笑)。本人は来たかったようですが、メイウェザープロモーションとして管理下での活動が抜けられなかったと聞いています。2日前までは何があっても来ると言っていたんですよ」と、来場の意思はあったようだと榊原委員長は説明した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事