SirikaSirika
グラップリング
ニュース

【QUINTET】桜庭和志の長男SAKU Jr.がエキシ出場「目標はお父さんを超えること」=3月12日(金)六本木

2021/03/03 11:03
 2021年3月12日(金)東京・六本木の「EX THEATER ROPPONGI」にて開催される『QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO』に、桜庭和志ゼネラルプロデューサーの長男、SAKU Jr.(22)の参戦が決定した。  SAKU Jr.は、エキシビションとして「Special Iron Man Match」に登場し、鈴木和宏(トライフォース柔術アカデミー)と対戦する。エキシビションの時間は8分、試合時間内は双方いずれかが一本を取っても、改めて中央から試合を再開するというルールだ。  SAKU Jr.は、幼い頃から大学まで柔道に打ち込み、今春の大学卒業後、一般企業への就職が決まっている。社会人生活が始まる前に、桜庭Pが「これまで鍛え上げてきた技術や情熱をQUINTETの舞台で披露したらどうだ」と話をしたところ、本人が「やってみたい」と返答。今大会への出場が決定した。今後、プロ格闘家デビューするわけではないという。  対する“ラバンバ”鈴木は桜庭Pと同郷の秋田出身。柔術日本選手権紫帯フェザー級3位の実績を持つ。QUINTET秋田大会ではTEAM SAKURABAのメンバーとして出場。2月28日の柔術大会「KIT 02」では、寒河江寿泰をゴールデンスコアに下している。  今回のチャレンジに向けて父・桜庭和志は「社会人になるジュニアよ、柔道に明け暮れた青春の証をここに刻め! SAKUシニア・談」とのコメントを発表している。  QUINTETの公式YouTubeでは、得意技を「手足が長いタイプなので大外刈です」というSAKU Jr.は、所英男とのスパーリング動画でバックから、父譲りの腕十字の動きを披露。QUINTET参戦を「やったことのないことをやりたいタイプだったので楽しそうだと思った」という。  肌を合わせた所も「正直、強くてビックリしたのと、気を遣ってくれて投げたりしなかったですけど、ほんとうだったらここで投げられて死んでるなみたいなところがたくさんありますね」と、柔道仕込みの立ち技の圧力も感じたことを語っている。  人生の目標は「お父さんを超えること」と語るSAKU Jr.。父の目前で、どんな動きを見せるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事