SirikaSirika
キックボクシング
ニュース

【REBELS】王者・老沼隆斗と挑戦者・白幡裕星が「証明したい」こと=タイトルマッチで再戦

2021/02/28 01:02
 2021年2月28日(日)東京・後楽園ホール『REBELS~The FINAL』の前日計量&記者会見が、27日(土)都内にて正午より行われた。  ダブルメインイベント第1試合の【創世のタイガpresents】REBELS-REDスーパーフライ級タイトルマッチ3分5Rで対戦する、王者・老沼隆斗(STRUGGLE)と挑戦者・白幡裕星(橋本道場)は共に51.9kgで計量をパス。  その後の会見で白幡は「明日に向けて師範を始め道場の皆様ときつい練習を乗り越えてきたので、明日は僕が勝ってREBELSを締めたいと思っています」、老沼は「明日に向けてやれることを全力でやってきたのでそれを出すだけです」と、それぞれ意気込みを語った。 (写真)両者のフェイスオフ=KNOCK OUTチャンネルより 質疑応答で前回の対戦(2020年2月29日にノンタイトル戦で対戦し、延長戦で老沼が判定勝ち)とどこが変わったかと聞かれると、白幡は「1年前に負けてそこからいろいろ練習して。どこが成長したかは明日見せられればと思います」、老沼は「試合に向けてのメンタルとか気持ちの部分でもっと強くなっていると思う」とした。  ベルトへの想いについては「この試合が決まってリベンジというのとベルトが懸かっているのもあって。追い込みを頑張ってきました。追い込みしている時に改めて思ったんですが、明日試合ができるのは師範や道場の皆様、家族、応援してくれる皆様のおかげなので勝って笑って帰れたらいいなと思っています」(白幡)、「プロになって初めて巻いたベルトがREBELSだったので、封印ということでこのベルトも封印されると思うんですけれど、獲ってから最後まで守り抜きたいと思っているので思い入れは凄いあります」(老沼)と、それぞれの想いを口にする。  2021年の目標を白幡は「勝って言いたいことはあるんですけれど、明日勝つことだけに集中して。しっかり回復して明日に備えたいと思っています」と、胸に秘めているものがあるようだ。  一方の老沼は「しっかり勝って今年は他団体の王者とかいろいろやっていきたいと思っています。自分がスーパーフライ級で強いことを証明していきたい。まずは白幡選手に勝って行きたいと思います」と、同じ階級で最強を証明していきたいという。  また、老沼は結婚したことで「もうすぐ子供が生まれるので、しっかりと気持ちの面でももっと頑張らないといけないと思ったので、追い込みも頑張れたし、日常から全部キックに注いで全部懸けてきたので、やれることをやるだけですね」と、メンタル面で変化があったとした。  そして最後に白幡は「最近知ったんですけれど、僕と同い年の人って今、今年度で高校卒業らしくて。就職とか大学進学とか考えている友だちも多い中、僕は格闘技だけでやってきました。明日勝てば、俺にはこの道があるってことを証明できるので勝って証明したいと思っています」と、格闘技の道に懸けて正解だったとの答えを引き出したいと話す。  老沼は「ラストREBELSなのでREBELS王者としてやるべき仕事は分かっている。明日、リングの上で全てを見せます」と、REBELS王者としての最後の試合を全うしたいとの決意を語った。 [nextpage] 各選手のコメント ▼セミファイナル(第5試合)ライト級 RED ルール 3分3R延長1R潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/元WPMFスーパーライト級王者)=62.4kg「明日は2つテーマがあって、1つはライト級初戦で重森選手に全力で挑む。もう1つは、最後のREBELSにしっかり華を添える。その2つをしっかりリングで表現したいと思います。(REBELSvs新日本キックの団体対抗戦になるが意識はするか)最後のREBELSなのでホームの僕が勝たないといけないと思いますが、個人的にリスペクトしている重森選手と戦えるのが嬉しいです。(イケメン対決として注目を集めていますが、容姿を含めてここは負けてないと思うものがあれば)重森選手はカッコいいので、試合の気持ちは負けないようにしっかり勝って、ライト級の顔になれればいいなと思います。(ファンにメッセージ)明日はお世話になったREBELSにしっかり華を添えられるように熱い試合をしていきたい。メインの日菜太さんにつなげられるように勝ちます」 重森陽太(伊原道場稲城支部/WKBA世界ライト級王者)=62.2kg「潘選手も凄く調子良さそうで私も調子がいいです。先ほど『2人は和やかだね』と言われましたが、明日はお客さんが驚くような引いてしまう熱い試合を2人で作りあげられたらと思います。(REBELSvs新日本キックの団体対抗戦になるが意識はするか)私は新日本キックを代表して色んな団体で試合を経験してきました。明日もREBELSファイナルでいい試合をした上で、記憶に残る試合をしたいと思います。新日本キック代表として対抗戦をどんどんして、新日本キックを引っ張っていく存在になりたいので明日は落とせない一戦になります。(イケメン対決として注目を集めていますが、容姿を含めてここは負けてないと思うものがあれば)とてもタイプが似ていると思います。潘選手は背が高くてカッコいいので試合で負けないように頑張ります。(ファンにメッセージ)かなり注目されている大会ですし、潘選手との試合はメインに負けない内容で盛り上がると思うので、会場に来られない皆さんはスカパー、ツイキャスで楽しんでいただけたらと思います」 ▼第4試合 スーパーウェルター級 REDルール 3分3R延長1R津崎善郎(LAILAPS 東京北星ジム)=69.9kg「凄く調子も体調も良くて、いいものが見せられると思います。(REBELSvs新日本キックの団体対抗戦になるが意識はするか)前回は新日本キックのリングで戦ってドローだったので、今度はホームで決着を付けたいと思います。(ファンにメッセージ)ジムで石毛会長に稽古をつけてもらっていて『これといった技がない』と言われています。僕は海上自衛隊で培った海軍魂、バックパッカーで培った旅人魂に注目してください」 リカルド・ブラボ(伊原道場アルゼンチン支部/日本ウェルター級王者)=69.9kg「いい練習をやってきたので素晴らしい試合をします。(REBELSvs新日本キックの団体対抗戦になるが意識はするか)新日本キックは強くて古い協会です。明日はいい試合をして倒し、KNOCK OUT、RIZINで試合をしたい。(ファンにメッセージ)明日の試合は絶対に負けません。勝ったら、いい選手とやっていきたい。70kgで一番強い選手になります」 ▼第3試合 64.0kg契約 REDルール 3分3R延長1R良太郎(池袋 BLUE DOG GYM/REBELS-RED ライト級王者)=63.9kg「最後のREBELS、僕が最後のREBELSのライト級チャンピオンなので、しっかり結果で盛り上げたいと思います。(明日の試合で注目してほしいのは?)試合中に橋本選手に殴られてプッツンきて、またノーガードで殴り合ってみんなに怒られる様が見られると思います。(山口代表がエキシビションで復活しますが、REBELS王者としてどういう試合を期待するか)山口代表の映像をよく見ていて往年の名チャンピオンです。8オンス、生脛、ヘッドギアなしの試合が見たい。1Rは皇治選手、2Rは僕、3Rは日菜太さんでどうでしょうか?(ファンにメッセージを)最後のREBELSで最後のREBELSチャンピオンに相応しい戦いをしたいと思います」 橋本 悟(橋本道場/INNOVATIONスーパーライト級王者)=63.8kg「明日スカパー、ツイキャスで見る人、会場に来る人も人が倒れるところが見たいと思うので、しっかり倒して決めたいと思います。(明日の試合で注目してほしいのは?)自分はパンチだけになってしまいますが、パンチだけじゃないところをしっかり見せたい。(最後のREBELSでREBELSチャンピオンとやることに関して)美味しいということしか思わないので、僕が強いところを見せたい。(ファンにメッセージを)後輩の裕星につなげられるように盛り上げてしっかり倒します」 ▼第2試合 ライト級 BLACKルール 3分3R延長1R紀州のマルちゃん(武勇会)=62.2kg「急遽決まりましたが、使っていただきありがとうございます。明日はマルちゃんファンになってもらおうかなと思います。(明日の試合で注目してほしいのは?)華のある入場だけを見てもらえれば。試合はええです。(ファンにメッセージ)初出場なのでファンはいないかと。見ている人にマルちゃんファンになってもらいたい」 麻火佑太郎(PHOENIX)=62.4kg「好カードがたくさんある中で2試合目に選んでいただいたので、序盤でしっかり僕が盛り上げて後半につなげます。最初からご来場いただいて注目していただけたたらと思います。(明日の試合で注目してほしいのは?)前回の試合で足技を評価していただいたのですが、自分はパンチもできるので、何でも出して皆さんにもっと魅力を感じてもらえるように頑張りたいと思います。(ファンにメッセージを)REBELSファイナルですが、これからのKNOCK OUTにつながる大事な試合になるので、見ている皆さんが僕に可能性を感じていただけるような試合内容にするのでこれからの僕に注目して下さい」 ▼第1試合 55.5kg契約 BLACKルール 3分3R延長1R鈴木貫太(ONE'S GOAL)=55.4kg「REBELSファイナルに出場できることを光栄に思います。大川選手とは再戦なのでしっかり内容を意識して、自分の成長を証明するために圧勝したいと思います。(明日の試合で注目してほしいのは?)蹴りもパンチも右の攻撃に自信があるのでそこに注目してほしいです。(ファンにメッセージを)第1試合から会場が盛り上がる試合をしたいので注目してください」 大川一貴(青春塾)=55.4kg「記念すべき最後の興行なので僕がリベンジして締めくくりたいと思います。(明日の試合で注目してほしいのは?)僕はパンチが得意なのでパンチで倒したい。鈴木選手も倒しに来ると思うので打ち合って盛り上がるような第1試合にしたいと思います。(ファンにメッセージを)スカパー、ツイキャスで観られるので盛り上がる試合になると思うので期待してください」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事