K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【Krush】連敗脱出かける蒼士「相手の手足が出なくなるような試合を」、再起戦の璃明武は「インパクトのある試合を」=前日計量

2021/02/26 16:02
 2021年2月27日(土)東京・後楽園ホール『Krush.122』の前日計量&記者会見が26日(金)都内にて13:00より行われた。  第6試合のスーパー・バンタム級3分3R延長1Rで対戦する、蒼士(昇龍會)は54.9kg、璃明武(=りあむ/K-1ジム総本部チームペガサス)はリミットちょうどの55.0kgで計量をパス。  その後の会見で、前回プロ7戦目で初黒星を喫した璃明武は「明日に向けていい準備が出来ています。調子もいいのでいい勝ち方をしたい」、晃貴と椿原龍矢に勝利するも吉岡ビギンと鬼山桃太朗に連敗した蒼士は「明日は減量もうまいことできてリカバリーもいい感じなので、終始自分のペースで相手の手足が出なくなるような試合をしていきたいと思います」と圧倒宣言。  お互いの印象を聞かれると璃明武は「身体は仕上がっているなと思ったがサイズは大きくないと思った」、蒼士は「身長があるだけ細いので、打ち合えば僕の方が強いのかなって。見せつけられると思います」と、それぞれ自信のコメントをする。  この試合へ向けて準備してきたことは、「前回の試合から間隔が開いていないが、試合が終わってすぐに話をいただいたのでダメだったことを修正して、自分の悪いところを潰してきた」と璃明武。蒼士は「今まで研究や頭を使う練習をしてこなかったんですが、前回ああいう負け方をして連敗しているので格闘技を一から考えて直して、頭を使うような練習をしてきました」と、それぞれ前回の反省点を修正してきたとした。  今大会ではスーパー・バンタム級が3試合行われるが、「そこまで意識してないですが、明日の大会で一番目立てたらと思う」(璃明武)、「意識はしてませんが比較的軽い階級が多いので、その中で一番目立つ戦い方をしたいと思います」と、共に一番目立ちたいと意気込む。  そして、璃明武は「インパクトのある試合をする」、蒼士は「復帰戦ということなのでしっかり復帰します」と、それぞれ勝利を誓った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事