SirikaSirika
MMA
レポート

【Road to ONE】平田樹が笑顔無きTKO勝利、健闘・中村未来がNext Young Guns Award賞=「Road to ONE:4th Young Guns」

2021/02/22 16:02
 2021年2月22日(月)東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにて、ONE Championshipが「CLASTY Presents Road to ONE:4th Young Guns」が開催された。試合は「ABEMA 格闘チャンネル」にて完全生中継された。 ▼メインイベント 女子アトム級 5分3R〇平田 樹(フリー・21歳)[2R 2分34秒 TKO] ※パウンド×中村未来(MARS GYM・28歳)  メインに登場する平田は、兄の平田直樹とともに兄妹MMAファイター。小学校1年生から講道館・春日柔道クラブで柔道を始め、2018年9月にAbemaTV『格闘代理戦争 3rdシーズン』に出演。パク・ボヒョン、MIO、古瀬美月に3試合連続で一本勝ちで優勝。  2019年6月からONEに参戦し、アンジェリー・サバナル(フィリピン)に1R アメリカーナで一本勝ちすると、10月大会ではリカ・イシゲ(タイ)に2R、センタク挟みから腕を伸ばしてのアームバーで一本勝ち。2020年2月の前戦ではナイリン・クローリー(ニュージーランド)に3R、パウンドでTKO勝ち。ラウンド間でゾーンに入った平田がインターバルでダンスしたことでも話題となった。  2021年のONE女子アトムGPが決定するなか、「圧倒的な試合をします。『ガキには、未来しかない』」と語り、約1年ぶりの試合を日本で前哨戦として戦う。  対する“北のストライカー”中村は、MMA3勝3敗。北海道でネイリストとして働きながら、マルスジムで総合格闘技を習得した。  2020年5月末の修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝では、AACCの杉本恵に2R、リアネイキドチョークで敗れたものの、腰の強さを発揮し、序盤の杉本のテイクダウントライを凌いでいる。またガードからのコムロック、ヒールフックなど意外なサブミッションも見せており、組み技耐性の強いストライカーと言える。2020年9月にAACCの永尾音波に判定勝ち後、12月の修斗大阪大会で古澤みゆきに判定2-0で惜敗した。  再起戦で強豪・平田と対戦する中村は、「平田選手は柔道というしっかりとしたバックボーンがあって気持ちも強く、全てにおいて勢いのある選手だと思います。試合を受けてくれてありがたいのですが、自分は失うものがないので、得意の打撃で、全力で倒しに行く」と語る。  1R、オーソドックス構えの平田に、右利きサウスポー構えの中村。左ミドルを先に出す中村。その打ち終わりに詰めた平田だが、中村が脇を硬く突き放す。ローから前手の右を振る中村。右をダブルで振って前に出る平田に、左で小手に巻いた中村。平田は大内刈テイクダウン! フックガードの中村にパスしてダースチョークを狙う平田。背を伸ばし首を抜き、スタンドバックに回る中村。  正対し、ダブルレッグからテイクダウンは平田。パスガードを狙う平田は片足をまたぐが中村はハーフで凌ぐ。ブザーに先に立つのは中村。  2R、右の蹴りは平田。左ストレートで前に出る中村にカウンターのダブルレッグからテイクダウンは平田! 足を戻して立ち上がる中村! 詰める平田は右で差し、シングルレッグも、中村は得意のネルソンで凌ぐが、首を掴んだ平田は首投げ払い腰! さらに袈裟固めから中村の右腕を両足で挟んで、パウンド! 腕を挟まれバックに回れない中村。レフェリーが間に入り、平田がTKO勝ちも表情に笑顔無し。  試合後、平田は「メインなのに……こんな微妙な試合、情けないというか(ONEで女子アトム級)GPがあるのに、こんな試合をしていては、もっともっと上に行きたいのにこんなのじゃダメだと思うので頑張ります」と反省しきり。続けて「こうやって、メインを女子の試合でやってくれるって言うことは、もう男子だけが格闘技じゃないし、女子でも戦えるって言う強さをアピール出来たと思うので、これからも、女子でも戦えるように、もっともっと世界で頑張っていくので応援よろしくお願いします。有難うございました」と挨拶した。  敗れながら青木真也からNext Young Guns Award賞(ほか吉野光、有井渚海が各10万円を受賞)を受け取った中村は、「勝って話をしたかったですけど、光栄な賞をいただいたので、頑張ります。(次、すぐに試合をしたいですか?)したいです」と語った。 [nextpage] ▼第8試合 ライト級 5分3R×長田拓也(BLOWS・26歳)[3R 2分50秒 TKO]〇葛西和希(マッハ道場・25歳)  兵庫県出身、BLOWSの長田はMMA9勝3敗。2015年に修斗でプロデビューし、2試合目から5連勝。2019年のウエタ ユウ戦の判定勝ち以降、ONE Warrior Seriesに参戦し、1勝1敗。2020年12月には「TTF Challenge 09」で飯田健夫に判定勝ちを収めている。  青森出身、マッハ道場所属の葛西は、2018年4月から7月のABEMA「格闘代理戦争 2nd Season」で4選手のトーナメントに参加も初戦敗退。PANCRASEでは鬼山斑猫にスプリット判定勝ち、平信一にTKO勝ち、小川道的に判定勝ちなど4勝1敗と好調だ。  1R、ともにオーソドックス構え。ダブルレッグから右で差して崩す永田。バックを譲らなかった葛西が突き放す。左ローの永田に右を振る葛西。右ローを打つ葛西は詰めて脇を潜り、スタンドの肩固めから押し込むも、腕を戻した永田は右カーフキック! さらにダブルレッグからテイクダウン。バックを狙うが、左かかとを持つ葛西が上に。永田は足を効かせて下のままブザー。  2R、右カーフキックを打つ永田。再びカーフ。葛西も右ローを打つ。右カーフを返す永田。葛西もカットし、右ロー。永田の右カーフキックに葛西は左足を上げる。永田の右ローを外側にチェックする葛西。詰めてボディロックテイクダウンを狙う永田だが、腰が強い葛西もがぶり倒されず。  3R、いきなり左ハイから入る葛西。永田はシングルレッグに入るが、スクランブルで立ち上がる葛西。右ローは永田。詰める葛西は右! さらに左ミドル。詰め際で組んで右ヒザは葛西! ダウンした永田に葛西は左右ラッシュ! パウンド連打に動けない永田に、中蔵代表がタオルを投入した。 [nextpage] ▼第7試合 フライ級 5分3R〇小川 徹(TRIBE TOKYO M.M.A.・33歳)[判定3-0]×山中憲次(FREEDOM@OZ・31歳)  2015年ネオブラッド・トーナメント スーパーフライ級優勝からPANCRASEで多くの戦績を積み上げてきた小川。MMA11勝8敗で、タテキ・マツダにYKO勝ちも上田将竜にKO負け、マモルに判定勝ちもライリー・ドゥトロにはTKO負けと、あと1歩でトップに届かない。1年5カ月ぶりの試合で再起を果たすか。  対する山中も小川の戦績に近いMMA11勝8敗1分。2020年ネオブラッド・トーナメントフライ級優勝で、第26回ネオブラッドトーナメントで川北晏生、井上暉也、前田浩平、聡-S DATEを下し、優勝を果たしている。 1R、サウスポー構えの小川に、オーソドックス構えの山中は右ロー。そこに右ストレートを狙う小川。左ストレートを狙う小川。左ローは山中。左から前進しての右でダウンを奪う! すぐに立つ小川は組みに左で差して押し込み立て直す。離れ際のヒジを狙う山中。  突き放した山中。飛び込む小川はダブルレッグテイクダウン! 山中が金網背に立ち上がり体を入れ替えてブザー。  2R、左ミドルを打つ小川。さらに左ハイもかわす山中が前に。右ハイを当てるが、それを掴んだ小川はスタンドでバックテイク。背後から崩してヒザを連打で突く。立ち上がり正対する山中。小川はダブルアンダーフックでヒジ打ち、ヒザを突き、大内刈狙い。  小川の左に崩れる山中! そこを詰めて右で差して押し込む小川がテイクダウン! 山中が立ち上がりブザー。  3R、左ローを突く山中。詰める小川は左で前に。山中も左ロー。右を突いて山中を崩すが、山中も右で小川を崩す。左を額に当てた小川の前進にギロチンチョークを合わせる山中だが、首を抜く小川が上に。手首を掴む小川。それを外して金網背に立ち上がる山中。なおもボディロックテイクダウンから両足を束ねてマウントを奪う小川はヒジ。立つ山中を追う小川。山中は首投げも捨て身気味、首を外して小川が攻めてブザー。  判定は3-0でダウン後を攻め返した小川が勝利した。 [nextpage] ▼第6試合 54.0kg以下契約 キックボクシング 3分3R〇有井渚海(及川道場・19歳)[2R 2分25秒 TKO]×平松 侑(岡山ジム・18歳)  今大会唯一のキックボクシングマッチ(54・0kg契約)で、19歳の有井渚海(及川道場)と18歳の平松侑(岡山ジム)が対戦。  ABEMAの人気恋愛バラエティ「恋する週末ホームステイ」出演で人気の有井は、19年の新空手全国大会「K-2GRAND PRIX 2019」軽軽量級優勝、JAPAN CUP2018-58kg優勝の実績を引っ提げ、同年7月にRISEでプロデビュー。  10月の『ONE Warrior Series』では3RKO勝ち。2020年9月の『Road to ONE』では黒田直也を2RTKOで下し、同年11月のRISE大阪大会でも寺山遼冴に判定勝利を収めるなど、プロデビュー以来7戦無敗(6勝1分)の戦績を誇る。  対する平松はムエタイスタイルで、岡山ジム主催興行で7戦5勝(2KO)2敗。高1でいきなりINNOVATIONフライ級8位の朝森永に3R KO勝ち。2021年1月のINNOVATIONバンタム級(53.52kg)王座決定戦では、白幡裕星をスプリット判定で破り、INNOVATIONバンタム級王者王者に輝いている。  1R、オーソドックス構えの有井。サウスポー構えの平松。右インローを当てる有井。平松も右ローを返すが、すぐに有井も右を蹴り返し。右ジャブ、左ミドルの平松。有井も右ミドルを返すと外に出て右ストレートを入れる。右の前蹴りは平松。その蹴り足を取って崩す有井は右ストレートを突く。ローブブローで平松中断。再開。金網に詰めて左右は有井。クリンチして右足を腿にあててデフェンスする平松。有井の右ミドルに蹴り返し、左ローを連打する。  2R、左ジャブの有井は前に。左ボディから右の対角線攻撃に。平松は金網背に。しかし、詰めた有井が左ヒザでダウンを奪う! 立つ平松になおも有井が右のテンカオ! ダウンも再開の平松は右前蹴りで前に。しかし、右のヒザを突く有井は、ワンツー&ハイから右バックフィスト! TKO勝ちを決めた。 [nextpage] ▼第5試合 フライ級 5分3R〇吉野 光(フリー・25歳)[判定2-1]×野瀬翔平(マスタージャパン福岡・23歳)  柔道出身の吉野は、HEAT、Gladiator、Fighting NEXUS、Demolition XFC、PFCでキャリアを積み、ONE Warrior Series に参戦し1勝1敗の叩き上げ。塗装の仕事から「THE PAINTER」の異名も持つ。ONE Warrior Seriesがコロナ禍で休止状態のなか、『Road to ONE』をチャンスに本戦出場を狙う。  弘中邦佳率いるマスタージャパン福岡の野瀬は、高校柔道時代に首の骨を折る大怪我を負うも、傷が完治するとMMAファイターを目標に再始動。2019年9月の「Road to ONE」第1回大会で高城光弘に勝利。闘裸男で岡田剛史に一本勝ち後、2020年9月の修斗・工藤諒司へのチャレンジマッチでキャリア初黒星を喫した。  ともにサウスポー構えの左を振る吉野が組んで小外からテイクダウンも立つ野瀬。しかし、野瀬の飛び込みにボディロックテイクダウン。そこに野瀬はギロチンチョークを合わせる。首を抜いた吉野がサイドも立ち上がる野瀬は大内刈テイクダウン! ここもすぐに立つ吉野が上に。下の野瀬はオモプラッタ狙いも外す吉野。  野瀬の左ローに右を狙う吉野は小手に巻いての払い腰も残す野瀬。四つから大内を狙う吉野。テイクダウンからパウンドを打つが、金網背に立つ野瀬に吉野が跳びヒザを入れてブザー。  2R、ともに柔道の足技テイクダウン狙い。ともに崩すが残して立ち上がる。大内刈の野瀬にすぐ立つ吉野。次の払い腰は吉野。ここも野瀬はすぐに立つ。左カーフキックの野瀬はダブルレッグテイクダウンも、そこをなんとブリッジから切り返す吉野! シングルレッグに入る野瀬。スイッチを狙い吉野に、バックテイクする野瀬だが、正対する吉野! そこにアームインギロチンチョークを狙う野瀬! 吉野が頭を抜いて下になったところに野瀬がパウンドしブザー。両者、恐るべきフィジカル、そして野瀬もスタミナの強さを見せる。  3R、左スーパーマンパンチを狙う吉野。左を返す野瀬。低いシングルレッグは切られる野瀬。詰める吉野の左に金網に詰まる野瀬。しかし、右を当てる野瀬! しかし吉野は大内刈テイクダウン!立ち上がる野瀬はなおも右! 吉野のダブルレッグを切ってバックを奪う野瀬だが、正対を狙う吉野。しかし、4の字ロックから右足にヒザ裏を足かけてネッククランクを狙う野瀬。ヒジも連打! しかし、足が解けて正対する吉野が上からパウンド狙いでゴング。  熱戦の判定は2-1で吉野が接戦を制した。 [nextpage] ▼第4試合 フェザー級 5分3R×岩本達彦(BLOWS・32歳)[1R 3分33秒 TKO] ※右ヒジ〇中田大貴(和術慧舟會HEARTS・24歳)  大阪・BLOWSの“遅咲きルーキー”岩本は2020年のPANCARSEネオブラッドトーナメントのフェザー級優勝者。キャプテン禎、立成洋太、齋藤拓矢、12月の決勝で井上雄斗を三角絞めに極め、優勝を果たした。  和術慧舟會HEART所属の中田は、ラグビーから空道の大道塾渋谷支部入門。MMAを目指し大沢ケンジ率いるHEARTS入りした。2019年アマチュアパンクラス全日本選手権で優勝後、ネオブラッドトーナメントではライト級にエントリー。春川広明に判定勝ちも、決勝戦で狩野優に判定負け。今回が再起戦となる。  1R、ともにオーソドックス構え。詰める中田が左を当ててダウンを奪うとパウンド。ハーフガードの岩本はブリッジ返しでリバーサル。立ち上がると右ヒザを狙う。回転を上げる中田はシングルレッグ。アームロックを狙う岩本に腕を外す岩本。立ち上がり、左ハイは中田。詰めるが岩本も左ヒザ。掴んでシングルレッグから詰める中田が離れ際、右ヒジを当てると、右フック! 岩本は金網にもたれかかるようにダウン! レフェリーが間に入り、中田がTKO勝ちした。 [nextpage] ▼第3試合 ストロー級 5分3R×安芸柊斗(MMA Zジム・20歳)[2R 2分21秒 TKO] ※パウンド〇山北渓人(Me,We・24歳)  安芸は、小学校入学前から修斗を始め、17歳・高校生でプロデビュー。地元・徳島で切磋琢磨し、上位を狙う。プロデビューから阿部剛、ふじい ☆ ペリー、マッチョ ザ バタフライと実力者相手に3連勝も、木内 SKINNY ZOMBIE 崇雅、本田良介には一本負け。しかし、牧ヶ谷篤、旭那拳をいずれもTKOに下すなど2連勝中だ。  対するMe,Weの山北は、2018年レスリングフリースタイル東日本学生選手権(秋季)57kg級2位。2019年MWJ杯フライ級優勝&MVP、同年アマチュアパンクラス 全日本選手権フライ級でも優勝を果たすと、2020年ネオブラッド・トーナメントストロー級で優勝。大城正也、大塚智貴、谷村泰嘉を下している。  1R、ともにオーソドックス構えから。長身の安芸に右で飛び込む山北をかわし、左ジャブ、右アッパーを当てる安芸。右で差して組む山北は四つから大内刈テイクダウン。下の安芸は腕十字狙い、蹴り上げから立ち上がり上に。離れた安芸になおも組んで行く山北はバックテイク狙い。正対した安芸にシングルレッグからテイクダウン。クローズドガードの安芸にパウンドを狙う山北。足を開き、腰を引いて安芸が立ち上がりブザー。  2R、右を振ってシングルレッグは山北。そこに横三角絞めを狙う安芸。首を抜いた山北はがぶりからヒザを連打! 安芸は亀になるが、サイドバックの山北はパウンドを連打! レフェリーが間に入った。 [nextpage] ▼第2試合 バンタム級 5分3R×前田浩平(GRABAKA・25歳)[1R 3分04秒 TKO] ※ツイスターからパウンド〇風間敏臣(和術慧舟會HEARTS・23歳)  熊本県出身、GRABAKA所属の前田は、2018年4月から7月のABEMA「格闘代理戦争 2nd Season」で4選手のトーナメントに参加も初戦敗退。PANCRASEでは平田純一、宮川峻、竹内直矢に勝利も、ネオブラッド・トーナメント準決勝で山中憲次に判定負けを喫した。今回が再起戦となる。  茨城県出身の風間は、幼少の頃から柔道を続け、高3年でブラジリアン柔術を始め、19年の第20回全日本ブラジリアン柔術選手権のアダルト紫帯オープンクラス準優勝。パラエストラ川崎からHEARTSに移籍し総合格闘技に転向し、2020年にPANCARSEでプロデビュー。デビュー戦は判定で敗れたものの、以降は上田厚志をTKO、山本敦章を腕十字に極めるなど、2試合共にフィニッシュ勝利を収めている。  1R、オーソドックス構えから詰める風間。サウスポー構えの前田に、風間はシングルレッグからテイクダウンもすぐに立つ前田。バックテイクから右足をかけていく風間。崩して中央でバックを奪うとシングルバックからツイスター! 極めたままパウンドでTKO勝ちした。 [nextpage] ▼第1試合 ストロー級 5分3R〇田上こゆる(BLOWS・18歳)[判定3-0]×リトル(ガッツマン・35歳)  第1試合に、プロ修斗4戦全勝の期待の19歳・田上こゆる(BLOWS/修斗世界ストロー級7位)が登場する。アマチュアシュートボクシングで日本一となり、全日本アマチュア修斗選手権優勝。プロでも4連勝の田上は、「日本格闘界、5年後の主役たち」をテーマに行われる同大会で、どんなインパクトを残すか。  対するリトルはMMA10勝10敗の35歳。ガッツマンで石渡伸太郎ら先輩の背中を追って、アマチュア修斗、プロ修斗、PANCRASEで戦ってきた。  ジムを経営しながら受刑者への指導も行い、睾丸破裂を経験、『炎の体育会TV』にも出演した。プロ修斗4戦無敗の新星を相手に“最も勝利を望まれない”十年選手は「おっさんにも未来だらけだから、勝ちは譲れない」と語る。  1R、ともにオーソドックス構え。右のヒザ蹴りがリトル。じりじりと詰める田上。右ローは田上。リトルが右回りでサークリング。左ハイを打つ田上。2発目をかわすリトル。左の蹴りはかわされる。リトルのダブルレッグから足関節・外ヒール狙い、バック狙いを立ち上がる田上。シングルレッグに入るリトルは右で差して引き込みも付き合わない田上。右を振り、詰めてボディロックに入るリトル。右ヒザを突いて金網に詰める。  2R、右バックフィストのリトルも浅い。右を振るリトルにスイッチして左ハイは田上。詰める田上。右ローにリトルは右にサークリング。田上のバックフィストをかわして組んでボディロックから足関節はリトル! 50/50から外ヒールフックのリトルは内ヒールに。田上が凌いでブザー。  3R、右前蹴りから入るリトル。田上も右ローも浅い。組みを嫌い圧力を弱める田上。低いシングルレッグは切る田上。右ローはかわすリトル。跳びヒザは田上もそこで組むリトルは組めず。田上の打ち終わりに組んで引き込み腕十字狙いも外す田上。リトルはダブルレッグも金網で立つ田上。ヒザを当てて尻餅をついたリトルに田上はバックに。しかし、リトルが正対して組んでブザー。  判定は3-0で、打撃で試合を作った田上が勝利した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事