ONEONE
キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治が謎のカタカナ投稿連発も「同じ階級でまず証明する。そしてアイツをぶん殴るで」と意気込み

2021/02/22 12:02
【RIZIN】皇治が謎のカタカナ投稿連発も「同じ階級でまず証明する。そしてアイツをぶん殴るで」と意気込み

新たな出稽古先としてウィラサクレック・フェアテックスムエタイジムで練習を積んでいる皇治(皇治のSNSより

 RIZINで活躍するキックボクサーの皇治(TEAM ONE)が、謎のカタカナのみの投稿をしてファンを戸惑わせている。

 最初に投稿されたのは2月17日で「ツヨクナル ファンノタメニショウメイスル ケイケンハコンビニデカエナイ」と、新たな出稽古先としてウィラサクレック・フェアテックスムエタイジムにてウィラサクレック会長とのミット打ち動画を公開。

 次は2月21日に「ツヨクナルヨ ラクショウ オナジカイキュウデマズショウメイスル ソシテアイツヲブンナグルデ イクツニナッテモチョウセンスルヨ イイタイボウヤハオスキニドウゾー」と、さらに長いカタカナのみの投稿。


(写真)「経験はコンビニで買えない」「男はつらいよ」「カルビ3人前」など様々な持ちネタがあるウィラサクレック会長と皇治(皇治のSNSより)

 この投稿にもウィラサクレック・フェアテックスジムでの練習風景の写真が付いていることから、おそらく漫画などで外国人のセリフがカタカナになっているように、タイ人っぽくしたかったのではと推測される。「ケイケンハコンビニデカエナイ」というのは、ウィラサクレック会長がよく選手に伝える言葉でもあるため、ウィラサクレック会長風にしたかったのではないかと思われる。

 気になるのは「オナジカイキュウデマズショウメイスル」という部分。皇治は今年に入って「今は60(kg)で強い奴とやって勝たなな」「今年はトーナメントやるんちゃうか」と発言しており、60kg前後のトーナメントが計画されていると思われる。

 また、ファンからは「カタカナツイートバズったら面白い」「カタカナは読みにくい」と、面白いという意見と読みにくいとの意見が寄せられているほか、皇治が示す「アイツ」とは誰なのかが気になるとのコメントが多く寄せられている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事