K-1K-1
K-1
インタビュー

【K-1】村越優汰、挑発する芦澤竜誠に「こんなところで負けていられないし、“普通に”勝ちます」

2021/02/19 22:02
 2021年3月21日(日)東京ガーデンシアター『K'FESTA.4 Day.1』で、芦澤竜誠(PURGE TOKYO)と対戦する第2代K-1フェザー級王者・村越優汰(湘南格闘クラブ)のインタビューが主催者を通じて届いた。  村越は2011年4月にプロデビュー。2014年7月には第5代RISEバンタム級王座を獲得。K-1には2017年12月から参戦し、2018年6月の第2代K-1フェザー級王座決定トーナメントで優勝して王座に就く。2019年3月に卜部弘嵩の挑戦を退け初防衛に成功すると8月にスーパー・フェザー級転向のため王座を返上。11月には武尊に敗れるも武尊を苦しめた。2020年3月にレオナ・ペタスに敗れて連敗を喫したが、12月の両国大会で山本直樹からダウンを奪って再起。戦績は29勝(11KO)9敗。 芦澤は「特に変わった印象はなかったです」 ――昨年12月K-1両国大会で山本直樹選手に勝利し、スーパー・フェザー級転向後、初勝利をあげました。あの試合を振り返っていただけますか? 「自分の気持ちがすごく出た試合だったと思います。連敗中というところで考える部分もあったので、本当に勝ちがほしいと思って戦いました。だから勝った時はめちゃめちゃ嬉しくて“勝ちってこんなに嬉しかったっけ?”と思いましたからね。改めて一戦一戦の勝ちってすごく大事だなと思いました」 ――連敗・トンネルから脱した感じがありますか? 「ありますね。試合に負けた時は『モチベーションが~』とか言ってましたけど、やっぱりどうモチベーションを上げていくかだし、それに気づかされたので、今回もしっかりモチベーションを上げて目の前の試合に勝ちます」 ――その相手が芦澤選手となりますが、復帰戦を見た印象はいかがですか? 「別にそんなに。前もあんな感じかなと思うし、特に変わった印象はなかったです」 ――芦澤選手は自身の変貌ぶりを口にしていますが、それほどではないと。 「結局変わったと言っても根本的なところは、そんな簡単には変わらないと思うので。その人その人が持っているクセもありますからね。特に今回は3年前に1回やっているというのが大きくて。その時の感覚・イメージを持ちつつ、もちろん芦澤選手もレベルアップしてるとは思うので、前回より強いと思って臨みます」 ――注目度の高い相手となりますが、どんな試合を見せたいですか? 「3月28日に同じ階級のタイトルマッチもある中で、みんなの目がそっちへ行かないぐらいの試合をしたいです。僕は誰とやってもテクニックで負けるイメージはないし、いくら芦澤選手の技術が上がったと言っても、僕は技術に自信を持っているので、そこで負ける気はしません」 ――カード発表会見では「芦澤選手の攻撃は当たらない」と話していましたが、触らせないような試合をしたい? 「僕の理想の試合ができれば、相手の攻撃はもらわず自分が一方的に当てる試合になるんじゃないですかね」 ――また芦澤選手からは「俺の試合を観て、参考にしたほうがいい」など挑発的なコメントもありましたが、それについてはどう感じましたか? 「結局、勝った方が偉いので。こんなところで負けていられないし、“普通に”勝ちます」 ――それでは試合を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをお願いします。 「前回連敗を脱出して、身体的にも勝つことを思い出した感じがあります。今回もしっかり勝って、また一戦一戦、一つ一つ上に行きたいと思います」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事