SirikaSirika
MMA
ニュース

【UFC】ウスマンが元同門バーンズをTKOで涙「ギルバートのことを愛している。でも試合中はそこに友達なんかいない」=『UFC258』

2021/02/14 16:02
 2021年2月13日(日本時間14日)、米国ネバダ州ラスベガスのUFC APEXにて、『UFC258』が開催された。  メインイベントでは、王者カマル・ウスマン(ナイジェリア・33)がランキング2位ギルバート・ドゥリーニョ・バーンズ(ブラジル・34)の挑戦を受ける、ウェルター級タイトル3度目の防衛戦。  UFC史上初のアフリカ出身王者のウスマンは、NCAAディビジョン2で1度優勝し、オールアメリカンに3度選出されたレスラー。2012年にMMAプロデビューし17勝1敗。2戦目で一本負けを喫したものの、以降は16連勝。2015年にUFCに参戦し、オクタゴンで12勝をマークしている。  2019年3月にタイロン・ウッドリーを判定で下し、ウェルター級王座を獲得すると、同年12月にコルビー・コヴィントンを5R 右ストレートでパウンドアウト。2020年7月にはホルヘ・マスヴィダルも判定で下し、2度の防衛に成功している。  対するバーンズは、12歳から始めた柔術で、2011年のムンジアル黒帯レーヴィ級決勝でクロン・グレイシーを破り優勝。2012年プロMMAデビューし、7連勝でUFCと契約。2014年からUFCに参戦し、12勝3敗。2018年7月のダン・フッカー戦の1R KO負けを機に、2019年8月のアレクセイ・クンチェンコ戦でライト級からウェルター級に転向。グンナー・ネルソン、デミアン・マイア、タイロン・ウッドリーも下すなど、6連勝中(ウェルター級4連勝)だ。  ウスマンとバーンズは、サンフォードMMAでの練習仲間(ブラックジリアンズ、コンバット・クラブ、ハードノックス365、サンフォードMMAでともに練習)。現在はウスマンがジムを変えて、タイトルマッチに向けて別々に練習している。 ▼UFC世界ウェルター級選手権試合 5分5R〇カマル・ウスマン(ナイジェリア)170lbs/77.11kg[3R 0分34秒 TKO] ※右ジャブ→パウンド×ギルバート・バーンズ(ブラジル)170lbs/77.11kg※ウスマンが3度目の王座防衛に成功  1R、ともにオーソドックス構え。先に勢いよく右を振って行ったバーンズ。さらに右ミドルも。続くバーンスの右フックにダウンしたウスマン! さらにバーンズは右ハイも、かろうじてブロックして倒すウスマン。  シッティングガードのままのバーンズ。立ったまま足を蹴り、ボディストレートはウスマン。バーンズは下から足を回してヒザ蹴りを狙う。  立ち上がり際を右を狙うウスマン。ボディストレートを入れると、バーンズは立ち上がり、右ヒザ! ウスマンも13cm差がある長いリーチを活かし左ジャブを巧みに突く。 互いに右のカーフキックを放ち、ウスマンの左に右のクロスを当てるバーンズ。左ハイもブロックするウスマンに、テイクダウン狙いも見せるバーンズ。左ジャブのウスマンにバーンズは右を当てる!  2R、右で飛び込むバーンズ。左ジャブを返すウスマン。右インローを当てるバーンズ。さらに右アウトサイドローも。ウスマンはサウスポー構えに変えるがオーソドックス構えに戻す。左ミドルはバーンズ。ウスマンはサウスポー構えから左を振るが、そこにカウンターはバーンズ。  ウスマンもバーンズの入りに右を当てると左! さらに右フック! 左ジャブと連打をヒットさせる。  金網背にするバーンズ。右を当てるウスマン。サークリングするバーンズを追うウスマンは左ハイ、右ジャブ。スイッチから詰めるが、バーンズの右にカウンターの左ジャブ! ダウン気味に背中をつけるバーンズ。深追いはしない。圧力をかけるウスマン。ホーンに両者は顔を近づける。  3R、オーソドックス構えから入るウスマンは、バーンズの右ローをかわすとサウスポーにスイッチ。右ジャブ一発でバーンズを倒すと、中腰からパウンド。バーンズは何とか下から足を手繰ろうとするが、剥がしたウスマンは、パウンド連打。ハーブ・ディーンレフェリーが間に入った。  咆哮するウスマンだが、バーンズが立ち上がるのを正座して待ち、涙。  勝者コールを受けると、顔を腫らせたバーンズと長い時間ハグをかわし、互いのセコンド勢、元ブラックジリアンズのジョルジ・サンチアゴともハグをかわした。  試合後、ウスマンは解説陣に向けて「自分は、varsity(代表)だ!」と叫ぶと(解説のコーミエーはそれを聞いて笑いながら「彼は学校で喩えるならMMAのPhD(博士号)と言っていいよね」と反応)、下記の通り解説のジョー・ローガンのバックステージインタビューで、元同門対決への複雑な気持ちを吐露。さらに、2020年7月に勝利したホルヘ・マスヴィダルが敗れた言い訳を続けていることに怒りを爆発させた。 「(今の気分は?)最高さ。これは難しいタフな試合だった。(同じ)ジムを自分が去ってしまってからの状況すべてを、みんな知っていると思う。まずはじめにバーンズがこの階級で成し遂げたこと賞賛したい。彼は階級を上げて、この階級の人間を倒してきた。俺たちは一緒にスタートしたんだ。俺たちは旅路をともにしてきて、彼はここまでやってきた。一人ひとり倒して、登りつめてきたんだよ。だけど、悪いけど格が違うんだよ。俺は、versity guyだ。俺のファイトIQは次元が違う。もう同じジムにいた俺じゃあないし、違う戦いになっている。俺はヤベえ奴になったんだよ。彼は今日それを見せつけられることになったんだ。 (それは間違いないと思う。バーンズは立ち上がりいくつかのいい右があったり、スタートダッシュをかけてきたが?)彼のパンチが効くってことは分かっていたというか、面白いことに、これこそギルバートとのスパーリングでやってきたことだった。自分より重い階級と戦うために練習してきたときの。ライト級から階級を上げたことでさらにパワーも増して、ウェルター級で戦ったすべての相手を彼は倒せる。1Rで耳の後ろに当たったフックで、“クソッ、ヤバい”と一瞬思って“なるほどね、やってやるよ”ってなったね。 (セコンドのトレヴァー・ウィットマンは『君がチャンピオンだ、君にはジャブがある。それがチャンピオンにしている。最大の武器だ』と言っていたが、それはオーソドックスだけでなくスタンスを変えてもジャブを打っていたが?)そうなんだ。最初は打撃で(右)ジャブを出して試合を進めた。前のジムではダッチキックボクシングもやってきた。しかし、強さが増せば増すほど自分を防御するためにも、サウスポー構えが有効だと考え、サウスポーでもいいジャブが打てると分かって、スイッチする戦い方を好んでできるようになった。どちらでも戦えるように練習してきたので、それが活かせたと思う。トレヴァーも『ジャブがすごくいいんだから、そこに集中してしっかり打って行け』とずっと言ってくれて、ちゃんとコーチの指示に耳を傾けていられたし、感情的にならないためにもそれが重要だった。(元)同門で、大好きな相手と戦うっていうことはそれだけタフなことなんだ。 (オクタゴンの真ん中で対峙してどう感じた?)“ここは俺のケージだ。敗戦などとは無縁のウェルター級チャンピオン、それが俺だ。お前が何者かは知った事じゃない”、そういう感じだった。オクタゴンで対峙したギルバートは、友達なんかじゃない。彼にも彼の戦いがある。彼が求めているものを自分も求めている。だからこそ、ひとたび俺のケージに足を踏み入れたからには、やってやるよ。友達なんかそこにはいないんだ。このタイトルを防衛すること、それを、俺は成し遂げなきゃならない。これまでも言ってきたけど、この地球上で、ウェルター級で最強であることには理由がある。自分の名前を汚そうとする者は絶対に許さない、俺は王座に君臨する。 (間違いなく最強のウェルター級だ、おめでとう。そして次のタイトル防衛戦が楽しみだよ)ありがとう、ジョー、最後にひとつ言わせてくれないか。“ストリートのジーザス”とか言ってるチンピラ野郎! アイツとは何度か試合を組もうとしたけど、何度も逃げられた。あの野郎が試合に出たのは6日前の決定だったからで、その言い訳ありきだった。あの野郎は『6日前に受けた試合だったから鼻を折られた』とかぬかしやがる。いいか、分かるか? まだ終わってないんだよ。フルにトレーニングキャンプの時間をやるからな。お前のことをフィニシュしてやるからな、ホルヘ・マスヴィダル。こういう馬鹿どもはみんあぶっ潰すけどな、俺は馬鹿なことを言い散らかし続ける奴のことは必ずこの場所で黙らせる。俺を見てみろよ、ここで。  あと、行く前にこれだけは言わせてくれ。ベイビー、家に帰るからね。トレーニングキャンプから長い間、家を留守にしてしまって、寂しかったね、ついに家に帰れるよ!このキラッキラのベルトを持ってパパが帰ってくるのを待っててね。大好きだよベイビー」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事