MMA
インタビュー

【RIZIN】RENAが語る「空白の110日」――それでも彼女は拳を握って立ち上がる

2019/04/21 14:04
【RIZIN】RENAが語る「空白の110日」――それでも彼女は拳を握って立ち上がる

4月21日、『RIZIN.15』で再起戦を迎えるRENA。今だから語れる当時の様子を明かしてくれた

4月21日(日)、横浜アリーナにて開催される『RIZIN.15』で再起戦を行うシュートボクシング世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)。

昨年の大晦日『RIZIN.14』でサマンサ・ジャン=フランソワ(フランス)との対戦が組まれていたが、減量の最終段階で過度の貧血と脱水症状のため倒れ、病院へ搬送されてドクターストップ。試合は中止となった。

注目度の高い大会を減量の失敗によって欠場してしまったことは、知名度の高いRENAにとって逆風が吹き荒れる結果となってしまった。それでも、RENAは再び拳を握って立ち上がり、サマンサの待つリングへ上がる。大晦日から空白の110日、RENAは何を想い、何をしていたのか。
【試合レポートはこちら】

やれと言われればリングに立とうと思っていました


昨年7月の2連戦初戦となったエレイン・リアル戦。この時は相手が体重超過ながらRENAは試合を受けた。しかし、この2連戦が自身の体重超過の引き金になるとは

――今まで対戦相手の体重超過はありましたが、ご自身がしてしまったのは初めてでした。

「7月の2連戦でホルモンバランスが崩れ、通院はしていたのですがなかなか体調が戻らず、体重の落ち方もいつもと違っていたので焦りはありました。最後あと300グラムだったんですが…まさかという感じでした。MMA(総合格闘技)の練習を始めてから大きな筋肉が付きはじめ。減量がキツくなっている部分はここ2~3戦であったので、一つの体調の乱れで限界を迎えたんだなって感じです」

――具合が悪いと感じたら、そのまま倒れてしまったという感じでしょうか。

「そんな感じでした。意識はあったはずなのですが気が付いたら救急車の中で、どうしようって。刻々と計量時間も近づいていて、でもすでに病院で点滴を打たれていて、これはヤバいなって。それ以上にのどが渇きすぎてしまい、とにかく水分が欲しくてたまりませんでした」

――試合をすることを諦めたのは病院へ着いた時点でですか?

「それについてはRIZIN側とシュートボクシング協会側で話し合いをしていて、病院へ着いた時点ではまだどうするかという状況だったんですが、私はもう頭が全く回らなくて。今回は棄権しようという話をされてパニックになったのを覚えています。何せ相手がいることなので、どうしよう、でも自分は病院へ運び込まれて点滴を1kg以上打たれてしまってる…って」

――ご自身としては何が何でも試合をやろう、と思っていたのですか?

「やる、やらなければと思っていました。ただ、計量失敗というのは10年以上この世界でプロとしてやってきた私の中で一番許せないミスで、でも計量時間は過ぎているわけで実際にそれを犯してしまっている自分を信じられなくて、色々なことが頭の中でグルグルと回っていて言葉では説明できない心境でした」

――入院はされなかったんですよね?

「半日病院で安静にしていて、その夜に試合を棄権すると伝えられました。茫然としたまま翌日の午前中にさいたまスーパーアリーナへ行かせていただいて、榊原委員長、サマンサ選手、それとテレビ局の方々に直接会って謝罪させていただきました。そして試合があった浜崎(朱加)さんに頑張ってくださいと伝えて会場を後にしました」


――サマンサはコメントでかなり辛辣なことを言っていたんですが、ご存知でしたか?

「私が謝罪する前だったのかな? そのコメントは読みましたが、仕方がないことなので。私もこれまで何度も対戦相手の体重超過を経験してきましたし、立場が逆だったら、私も怒っていたはずです」

――その後、RENA選手はネットを中心にバッシングを浴びることになりました。相当メンタルをやられたのではないですか?

「いえ、そういうのわざわざ見ないんです。その時はSNSも止めていましたし、外に出ることもしなかったので感情も止まっていました。人から聞かされたりはしましたが、良くても悪くても話題にされているということはプロなので有難いことだと思っています。そういうネットの人たちから与えられるダメージとかではなく、自分で自分を許せないやり場のない怒りというかダメージの方がデカすぎたので、バッシングがどうとか以前に心は砕けていました」

――プロとして一番やってはいけないことをやってしまった、という自責の念ですね。

「一番嫌だったし、まさか自分がそんなことをしてしまうなんて…、許せなかったですね」

――再始動したのは早かったようですね。

「前に進むしかもう道はないと思ったんです。時間は進んでいく一方ですし。迷惑をかけてしまった関係者の方々や待ってくださっているファンの皆さんのためにも早く復帰はしたかったので、それには練習するしかないと。いつ声がかかっても、1週間前でも5日前でもカードに穴が開いて声がかかったとしても、それには出場しようという気持ちで病院の先生と相談して、体調を整えながら練習して準備していました」

 

VHTC ONLINE STOREVHTC ONLINE STORE

関連するイベント

関連する記事