SirikaSirika
MMA
レポート

【ONE】スタンプがMMA初黒星の一本負け! 佐藤将光が新鋭に判定負け、澤田龍人は一本勝ち

2021/02/05 21:02
 シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された「ONE:UNBREAKABLE III」が2021年2月5日(金)、ONE公式アプリ「ONE Super App」や「ABEMA」にて配信された。  同大会では、ONEバンタム級で佐藤将光(日本)がファブリシオ・アンドラージ(ブラジル)と対戦、ONEストロー級で澤田龍人(日本)がロビン・カタラン(フィリピン)と対戦。佐藤が23歳の“ワンダボーイ”と接戦の末、惜敗。澤田はリアネイキドチョークで一本勝ちし、2連勝をマークした。  メインイベントは、MMA女子アトム級戦で、元ONEキック&ムエタイ二冠女王のスタンプ・フェアテックス(タイ)が、MMAでアリヨナ・ラソヒナ(ウクライナ)と対戦。ラソヒナの腕十字を再三凌ぐなど寝技の成長を見せたスタンプだが、残り7秒でギロチンチョークにタップアウト。スタンプはタップではないと主張したが、ジャッジはラソヒナの一本勝ちをコール。2021年開催のアトム級GPの出場候補争いは、混戦模様となってきた。 ▼MMA女子アトム級 5分3R(47.7kg- 52.2kg)×スタンプ・フェアテックス(タイ)52.10kg, 1.0172[3R 4分53秒 ギロチンチョーク]○アリヨナ・ラソヒナ(ウクライナ)52.20kg, 1.0023  元ONEキック&ムエタイ二冠女王のスタンプ・フェアテックス(タイ)が、MMAでアリヨナ・ラソヒナ(ウクライナ)と対戦する。  柔道家で元弁護士の経歴を持つラソヒナはMMA12勝4敗。うち10勝を腕十字でフィニッシュしている“腕関十段”だ。2014年にROAD FCでハム・ソヒ(韓国)に判定負け後、産休。2018年に復帰してからは母国のWWFCで2連勝を飾っている。  MMAでは5勝無敗のスタンプは、MMAキャリアでは上のグラップラーを相手にいかに戦うか。公式インタビューでスタンプは、「(2冠王となり)無名だった自分が有名になり、メディアのスポットライトを浴びて、みんなに知ってもらえた一方で、重圧があったし、質問にどう答えよう? とか緊張していました。表情はどうかな? とか。今まで経験したことがない状態でした」と、プレッシャーがのしかかっていたことを告白している。  練習、そして私生活でもパートナーであったロッタン・ジットムアンノン(タイ)とパートナーを解消。王座陥落を「失った物を後悔していますが、トレーニングに集中できなかった結果。集中力を失い、自己管理がなっていませんでした。一言でまとめると、自分は“悪い子”でした」と振り返る。  2020年8月以来の実戦、そしてMMAでは約半年ぶりの試合に臨むにあたり、「いくつかの出来事を経たことで、今年をより良い年にするための励みになりました。もっと自分のやるべきことに集中して、やる気を高めないといけないと。5カ月間、試合がなかったのでプレッシャーはありますが、また戦うのが楽しみ」という。  ハム・ソヒとも対戦しているラソヒナに勝利することは、2021年に開催が予定されているアトム級GPに臨むうえでも、重要なテストとなる。ハムはグラウンドにおいてもラソヒナを圧倒しているため、スタンプがラソヒナに手子摺るようであれば、GPに暗雲が立ち込める。ハムは対処したが、ラソヒナの腕十字のみならずガードからの足関節も、対処を間違えば危険なトランジションとなるだろう。  同級5位のスタンプは、立ち技2冠に加え、3つ目のMMAで世界タイトルを目指し、さらにかつてのタイトルも取り戻す、という。 「アトム級のトーナメントに参加したいです。そこから、3つ目のチャンピオンベルトを掴みたいと思っています。世界王者ベルトを掴み取る力、そして失った2つのベルトを取り戻す力があると、この試合で証明したい。今年は自分がどこまでやれるかを自分自身に証明したい。必ず戻ってきて、試合にだけ集中すると約束します」  ショートの髪を赤く染めて登場のスタンプ。ダンスも控えめでケージイン。しかし、コールには大きな笑顔。対するラソヒナは険しい表情でスタンプを迎える。  1R、ともにオーソドックス構え。左ジャブから入るラソヒナ。スタンプは右ロー。ラソヒナは左のダブルで飛び込む。シングルレッグでテイクダウンはラソヒナ! しかし、なんとオモプラッタのスタンプがスイープし、ヒジを打ち込みマウント&バックへ! 正対したラソヒナがリバーサルからパスガード、得意の腕十字へ!  すぐに上体を起こしてヒジを抜いたスタンプ。明らかに寝技の向上を見せる。スタンドへ。右ストレートを打つラソヒナに右のカーフキックはスタンプ。ラソヒナはシングルレッグテイクダウン。完全にパスガードしないまま腕十字も、ここは腕を抜くスタンプが起き上がり、スタンドでヒジ打ちへ。ラソヒナの右ローに、スタンプは右ストレートを放つ。  2R、強いワンツーで入るラソヒナ。スタンプ相手にスタンドでも対峙する。そこに打ち返すスタンプ。左ジャブを突くラソヒナ。前足重心のスタンプに右ローを狙うラソヒナ。しかし、そこに右のカウンターを狙うスタンプ。低いシングルレッグはラソヒナも、切るスタンプ。  ラソヒナの入りに右のダブルを見せるスタンプ。かわすラソヒナ。スタンプの右をかわしてニータップからテイクダウンを狙うラソヒナ。しかしスタンプは切って差し上げるとヒジ! ラソヒナのテイクダウンを切って上を取るとマウントへ。ラソヒナはケージウォークで上を取ると、腕十字へ!  ヒジは入っているが、スタンプはまたいで抜いてスタンドに戻る。ラソヒナの入りに右を当てるスタンプ! ラソヒナは後方にダウン! 立ち上がるが動きが落ちる。  3R、左ジャブを狙うラソヒナの打ち終わりに右ローを当てるスタンプ。待ちのスタンプ。左ミドルを当てるが、それを掴みながらラソヒナも右を振る。距離を取るスタンプは右ミドル。しかし、前足を上げながらムエタイの構え。そこにラソヒナは左ジャブを突く。ラソヒナの右ミドルにすぐに蹴り返しは入れる。互いに手数を落とした最終R。カウンター待ちのスタンプに、ラソヒナはシングルレッグから小外を合わせてテイクダウン。  またもオモプラッタを狙うスタンプだが、ここは察知するラソヒナがインサイドガードに入る。パスガードを狙うラソヒナに、シングルレッグに入るスタンプだが、そこにノーアームギロチンチョークを合わせるラソヒナ!  ハイエルボーで首を捩じられたスタンプは左手で1度強くタップ、2度目は触るような仕草でレフェリーがストップ。ゴングにスタンプはタイムアップと勘違いか、ダメージを感じさせずすぐにガッツポーズしたが、腕を叩いた動作はタップと判断されてもおかしくなく、ラソヒナの一本勝ちとジャッジされ、スタンプは「WHY?」と不服を表明した。  勝者インタビューでラソヒナは、「とてもハッピーです。とても疲れました。相手は思っていた以上に寝技が強かった。もっと成長して勝って、タイトルを狙っていきたい」と王座戦線に名乗りを挙げた。  残り7秒でギロチンチョークにタップアウトしたスタンプ。ONE初参戦で金星を挙げたラソヒナが加わり、2021年開催のアトム級GPの出場争いは、混戦模様となってきた。 [nextpage] ▼MMAバンタム級 5分3R×佐藤将光(日本)65.40kg, 1.0095[判定0-3]○ファブリシオ・アンドラージ(ブラジル)65.70kg, 1.0214  33歳にしてMMA35勝16敗3分1NCというベテランの佐藤は、PANCRASEから修斗を主戦場に2017年に第10代世界バンタム級王座を獲得。2019年5月よりONE Championshipに参戦し、マーク・アベラルド(ニュージーランド)、ファン・チャンファン(韓国)、ハファエル・シウバ(ブラジル)、クォン・ウォンイル(韓国)相手に負け無しの4連勝。全試合を2Rまでにフィニッシュしている。  現在、ONEバンタム級2位につけており、2020年12月には修斗世界バンタム級王座を返上、ONEバンタム戦線で王座獲得を目指しているが、そんな佐藤に組まれた相手は、ランキング外のファブリシオ・アンドラージ(ブラジル)。 “ワンダーボーイ”と呼ばれる23歳のアンドラージは、タイガームエタイ所属で立ち技の「Kunlun Fight」や「WLF(武林風)」で活躍。キックボクシングでは28勝1敗の戦績を誇る。柔術も学び、2020年7月のONEデビュー戦では、佐藤と2Rまで戦った強打者アベラルドを同じく2R、リアネイキドチョークで極めている強豪だ。  現在、ONEバンタム級ランキングは、  王者 ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)  1位 ジョン・リネカー(ブラジル)  2位 佐藤将光(日本)  3位 ケビン・ベリンゴン(フィリピン)  4位 ユサップ・サーデュラエフ(ロシア)  5位 上久保周哉(日本)  と日本人2選手がトップ5に入っており、4連続フィニッシュの佐藤は王座戦線にからんでもおかしくない状況だったが、UFCで16戦12勝4敗のリネカーが、ムイン・ガフロフ、ケビン・ベリンゴン相手に2連勝したことで、佐藤を飛び越えて一気に1位に。今回、佐藤はランク外でノーリスクのアンドラージにチャンスを与える形となった。見方によっては、日本人ランカー潰しのカードと言ってもいい。 そんなイキのいい新鋭アンドラージを約1年ぶりの試合でぶつけられた佐藤は、「とりあえず試合が決まってくれて良かったなというのはあります。勝っていけばいいだけなので」と、淡々と語る。  しかし、リネカーがランク上になるなど、ONEでの日本人選手の存在感について聞くと、「世界的に見て、ジョン・リネカーのほうが僕より全然名前あるし、ビビアーノとぶつけてどっちが面白いかといったらリネカーなので、そういう風には取れますけど、腹の底では“ふざけんなよ、なめんなよ”というのはあります。僕がこれから勝っていけば──世界的にちょっと下に見られちゃっていますけど──日本の格闘技で実績を積んだ選手たちが、これから活躍していけばまた評価は取り戻せると思うので、そういう気持ちで臨みます」と、日本代表の矜持を見せた。  1R、オーソドックス構えから入るアンドラージ。佐藤もオーソドックス構え。圧力をかけるアンドラージが右カーフキック。佐藤も右カーフを狙う。アンドラージは再び右ロー。鋭い右を当てる! テイクダウンフェイントも入れる佐藤に下がらないアンドラージ。  佐藤は左で差して組み付き押し込むが、体を入れ替えるアンドラージに、佐藤は予告通り、カニ挟み狙いから潜りで自ら下になり足関節、内ヒールフックへ。しかし、早めに対処するアンドラージは離れる。  ニータップ気味にテイクダウンを狙う佐藤。しかし、相手を崩せずのダブルレッグはアンドラージに切られる。アンドラージの右をかわして右を振る佐藤だが、かわすアンドラージ。右のカーフキックも打つ。  細かいステップを踏む佐藤だが、右を振るアンドラージ。佐藤は右のカーフキック! さらにシングルレッグで組むが、右を差して体を入れ替えるアンドラージ。しかし、佐藤もワンツーからの連打、得意の前進しての連打でアンドラージとの打ち合いに退かず。  2R、すっと間合いを詰めて右を振る佐藤。さらに右カーフキック。アンドラージの入りに左で差して組む佐藤。しかしアンドラージは金網を背にしない。金網際で得意のかかと蹴りを見せる佐藤、さらに引き込みを見せるが、アンドラージは付き合わない。  ワンツーの右を振る佐藤。圧力をかけるアンドラージはサウスポー構えに。左ハイをかわす佐藤。アンドラージは左ミドルを当てる。アンドラージがオーソドックス構えになると佐藤は右のカーフキック。佐藤は右のアッパーをヒット! アンドラージも左ミドルを返すと佐藤も右ハイ! さらに組みもアンドラージは突き放す。  サウスポー構えになるアンドラージ。右を振り頭から入る佐藤にアンドラージは左ヒザ蹴りもローブローに。中断、再開。  アンドラージの入りにカウンターのダブルレッグは佐藤。差し上げたアンドラージに左で差して崩すが凌ぐアンドラージ。佐藤はヒザ蹴り、バックフィストも見せるが、アンドラージもヒザ蹴りを入れていた2R。  3R、オーソドックス構えからスイッチしての左ローを打つ佐藤。アンドラージはオーソドックス構えで圧力をかける。アンドラージはオーソドックス構えから左ミドル! 佐藤は角度をつけてアッパーから入るがさばくアンドラージ。組み際のヒジ&ヒザは佐藤も、アンドラージもヒジを打つ!  出血した佐藤の入りに下がりながら右を打つアンドラージ! 佐藤はダブルレッグからボディロック、小外を合わせてテイクダウン、下からヒールフック狙いで立ち上がるアンドラージにバックテイクは佐藤! しかし、前方に落とすアンドラージ。  右カーフキックをヒットさせるアンドラージ! 佐藤も右カーフキックを効かせると、アンドラージはサウスポー構えに。佐藤はここで休まずダブルレッグテイクダウン! しかしヒジ打つアンドラージに佐藤はなおも出血。バックテイクも落とされる。スタンド。バックフィストは佐藤。さらに追うが、アンドラージは逃げ切り体制でさばいてゴング。  3Rトータルマスト判定のONE。判定は3-0で、佐藤の組みを凌ぎ、的確な打撃を当てた、23歳のアンドラージが勝利した。最後まで動きが落ちずアタックし続けた佐藤だが、王座戦線から一歩後退となった。 [nextpage] ▼MMAストロー級 5分3R○澤田龍人(日本)56.0kg, 1.0005[1R 4分19秒 リアネイキドチョーク]×ロビン・カタラン(フィリピン)56.0kg, 1.0040  ストロー級戦。「ONE Warrior Series」を勝ち上がった澤田龍人は現在Evolve MMA所属。2019年8月のアジズ・カリム(インドネシア)戦では、リアネイキドチョークによる68秒一本勝ちで本戦デビューを白星で飾ったが、続く12月の前戦では、南アフリカのレスラー、ボカン・マスンヤネにコントロールされ判定負け。2020年10月に10カ月ぶりの試合で、MMA12勝4敗のミアオ・リータオ (中国)に判定勝ちし、再起を果たしている。妹の澤田千優がアマ修斗デビューし、兄として勝利の背中を見せられるか。  対するロビン・カタランは、MMA9勝6敗。レネ・カタランとともにウーシュー散打出身で、ONEでは5勝4敗。鈴木隼人に一本負け、ポンシリ・ミトテサティートにTKO負けも、2019年11月の前戦ではグスタヴォ・バラルトに2R、ハイキックでTKO勝ちしている。  現在、ストロー級のランキングは以下の通り。箕輪ひろばも11月に当時5位のリト・アディワンに判定勝ちで存在感を示しており、澤田は勝ってランキング入りを果たしたい。 ストロー王者 ジョシュア・パシオ1位 猿田洋祐2位 内藤のび太3位 ボカン・マスンヤネ4位 レネ・カタラン5位 アレックス・シウバ  1R、ともにオーソドックス構え。左のミドルを掴まれた澤田だが、蹴り足を戻す。カタランの右にシングルレッグに入る澤田は右で差しながら右足でカタランの左足を引き出し崩すと、足を戻して左ヒザを突くが、ローブローに。中断後、再開。  カタランの蹴り足を取ったまま、右のストレートを入れてシングルレッグテイクダウンは澤田! ガードの中に入れるカタランに、右で差すが左腕で小手に巻くカタラン。澤田はパウンドを入れながら細かいパウンドとパス狙い。カタランは金網使い立ち上がる。  すぐに右で差して左手でシングルレッグテイクダウンは澤田。カタランの立ち際をバックにつき、右腕をのど下に巻き直し、手のひらを合わせたパームトゥパームのクラッチで絞め上げ、タップを奪った。澤田は2連勝。ストロー級上位戦線のなかに、3人目の日本人として名乗りを挙げた。  試合後、澤田は「一本で勝ててすごく幸せです。ストロー級のランキングに日本人選手が3人入っているので、僕も入れるように頑張ります」と笑顔で語った。 [nextpage] ▼MMAヘビー級 5分3R×メフディー・バルギ(イラン)104.60kg, 1.0191[1R 4分50秒 TKO]○カン・ジウォン(韓国)110.55kg, 1.0172  ヘビー級戦。バルギはイランのレスリング王者。MMA4勝2敗で今回がONE初参戦。対するジウォンは、MMA3勝無敗。前戦は2019年7月にHEATでセルビアのアドナン・アリックにTKO勝ちをマークしている。  1R、ジウォンの左に右を当てて、ダブルレッグテイクダウンでサイドを取るバルギ。片足を戻し、ハーフガードにするジウォンはマウントも奪われるが、ブリッジからスタンドに戻す。  右で前に出るジウォンは、前蹴りも効かせて前進。しかしバルギも力を使い、シングルレッグで引き出してテイクダウン。サイドからマウントへ。背中をつけるジウォンだが、またもブリッジからリバーサル! パウンド連打から足を抜きマウントへ。  亀になるバルギはスタミナ切れに。ジウォンはバックマウントでパウンド連打し、動かないバルギを見て、レフェリーが間に入った。 [nextpage] ▼MMAライト級 5分3R×ラウル・ラジュ(インド)77.10kg, 1.0095[1R 0分56秒 KO]○アフメド・ムジタバ(パキスタン)76.35kg, 1.0005  WSOFからONE参戦のムジタバは、ONEで2勝2敗。2018年3月のマ・ウェンジァ(中国)に一本負け以来の試合となる。対するラジュは2019年に2連勝も、2020年10月にアミール・カーンに1R TKO負け。今回が再起戦。  ともにオーソドックス構え。カーフキックを打つムジタバは、ラジュの右ストレートに対し、左に身体を傾け外側に避けて右クロスでKO! [nextpage] ▼MMAバンタム級 5分3R○ティアル・サン(ミャンマー) 65.65kg, 1.0233[1R 2分25秒 TKO]×ポール・ルミヒ(インドネシア)65.00kg, 1.0148 ※インサイドガードから後ろ手で左手を縛り、片手でパウンド。サンはONE3連勝。ルミヒは4連敗に。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事