K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】武尊戦2度目延期のレオナ・ペタス「美味しいところ全部いただこうかな」

2021/01/23 13:01
 本来なら明日24日に開催されるはずだったK-1 JAPAN GROUP年間最大のビッグマッチ『K'FESTA.4』(9日に延期が発表された)。  同大会ではK-1スーパー・フェザー級タイトルマッチとして、王者・武尊(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)vs挑戦者レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TOP ZEROS)が行われることが決まっていた。両者の対戦は2020年11月3日の福岡大会で組まれながら武尊の左拳負傷により中止となり、改めて組まれたもので2度目の延期となる。  レオナがインストラクターを務めるLARA TOKYOのYouTubeチャンネルにてレオナのインタビュー動画が公開され、心境を告白した。  2度目の延期となった武尊戦について、「1回目の流れた時はショックでしたけれど、2回目はもう“またね”って感じで。2度目は慣れていたので大丈夫でした」と前回ほどのショックはないと言い、「いろんな人に期待を膨らませてもらう時間が増えたのと、あとは自分のトレーニング時間にあてて期待以上の試合をしようかなと思っています」と延期をプラスに考えている。  大晦日の『RIZIN』には武尊が来場し、那須川天心(TARGET/Cygames)と対面したことで2人の対戦へ一歩前進、大きな話題を呼んだことについては「でも盛り上がってくれたら盛り上がった分だけ、それだけ僕に注目も来るし、美味しいところ全部いただこうかなって。世間が勝手に盛り上がっているし、2人も盛り上がっているので、盛り上がっているのはいいんですけれど、まぁ空気読むとかそういうのは別にしないので、空気ぶっ壊そうかなって感じですね」とニヤリ。  また、本日23日(土)に東京・後楽園ホールで開催される『Krush.121』で、Krushウェルター級王者・山際和希(谷山ジム)に挑戦する弟・加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS)については「ここは当たり前のように通過してもらわないと困りますね。TEAM TOP ZEROSの中で虎於奈だけベルトを持ってないので、獲ってもらって勢いを付けてもらいたいなと思います」と檄を飛ばす。 「Krushで同時にチャンピオンになった兄弟はいないので、K-1・Krushの歴史に名を刻みたいと思っていて。なので23日、しっかり勝ってほしいなと思います」とレオナ。虎於奈が勝った際には「兄として肩車したい」と話した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事