ONEONE
キックボクシング
ニュース

【NO KICK NO LIFE】森井洋介の相手はWBCムエタイ&ジャパンキック2冠王の永澤サムエル聖光

2021/01/15 16:01
 2021年2月24日(水)東京・TSUTAYA O-EAST『NO KICK NO LIFE 新章-雲外蒼天-』の対戦カード第二弾が発表された。  出場が決まっていた初代KING OF KNOCK OUTライト級王者・森井洋介(野良犬道場)の対戦相手が、WBCムエタイ日本統一ライト級王者でジャパンキックボクシング協会同級王者の2冠王・永澤サムエル聖光(ビクトリージム)に決定。62kg契約3分3R。  森井は国内ライト級屈指のハードパンチャーで、近年はKNOCK OUTのエースとして活躍。2016年9月の旗揚げ会見スペシャルマッチから2019年2月までに11勝(9KO)2敗1分という戦績を残した。2017年に開催された「KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメント」では3試合全てKOで制し、初代王座に就いている。チャンヒョン・リー、原口健飛に連敗してどん底を味わったが、2020年10月のNO KICK NO LIFE復活大会で翔貴にダウンを奪われながらも逆転KO勝ち。再起を果たした。戦績は45勝(30KO)9敗4分。  永澤は新日本キックボクシング協会で日本ライト級1位まで昇りつめ、トップランカーとして活躍。ジャパンキック旗揚げ後は2020年1月大会で興之介を右フックでマットに沈めて第2代ライト級王座に就き、9月にはNJKFで鈴木翔也からダウンを奪っての判定勝ちでWBCムエタイ日本統一バンタム級王座も獲得した。しかし、11月に古豪シラー・Y’ZDに判定で敗れている。戦績は20勝(8KO)8敗3分。  両者ともにパンチ&ヒジを得意とし、好戦的なタイプであることから打ち合いになりそうだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事