EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
インタビュー

【RIZIN】カイル・アグォン「クレベルから一本取っても驚かないで」vs. クレベル・コイケ「勝つ自信がある。斎藤でも朝倉でも問題ない」

2020/12/31 09:12
 2020年12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナで開催される「Yogibo presents RIZIN.26」の第9試合 67kg契約(5分3R・ヒジ有り)で対戦するカイル・アグォン(グアム/SPIKE22)とクレベル・コイケ(ブラジル/ボンサイ柔術)がインタビューに応じた。  アグォンは、グアムPXCの元バンタム級王者。山本美憂の夫でコーチとしても知られている。2019年10月のPANCRASEで、かつて判定勝ちしているISAOとの再戦に臨みスプリット判定負け。2020年2月の浜松大会でヴガール・ケラモフと対戦し、接戦の末、判定負けで現在2連敗中だが、その実力は誰もが認めるところだ。  対するブルテリア ボンサイ柔術のクレベルは、MMA25勝5敗1分。元KSWフェザー級王者で、2019年9月の「ONE JAPAN SERIES」で3年5カ月ぶりに日本で凱旋試合を行い、西浦“ウィッキー”聡生に一本勝ち。フェザー級戦時代の矢地祐介にも一本勝ちしている強豪だ。今回は1年3カ月ぶりの試合となる。ボンサイ柔術から豊橋のBELLWOOD FIGHT TEAMにも打撃の出稽古を重ねており、豊橋ではかつて朝倉未来とも練習。対戦を熱望している。  フェザー級ファイターによる今大会屈指の注目カード。両選手のインタビュー全文は以下の通り。 アグォン「この試合は動きを止めた人間が負ける」 ──隔離期間中はどんな生活でしたか。 「結構しんどかったです。自宅で隔離生活を2週間過ごさなければならなかったので、美憂と家で出来ることをやりました。たまにアーセンも来て練習をしてくれました。基本的には厳しい練習はグアムでやってきたので、今回の隔離期間も問題ありません」 ──グアムでのロックダウンが大変だったと思います。どのように練習をしてきましたか。 「グアムは非常にロックダウン中のルールが厳しかったです。そん中で、健康的にも信頼できるチームメイト5名ほどとジムでの練習が許されていたので、練習仲間にもルールに全部したがってもらい、必要以上に外出しないなどの約束のもとに、いい練習が出来ました」 ──美憂選手のコーチとしてはどのような練習をしてきましたか。 「この試合に向けて特に強化するというより、ロックダウン中に、彼女はすでに世界レベルのレスリングを持っているので、彼女に足りないもの、ボクシングと柔術を強化しました。スパーリングではなくひたすら技術の反復練習に重点を置いてきました。今回の美憂は、これまでと違う美憂が見られると思います。フィニッシュしてくれると思うので楽しみにしていてください」 ──元KSWフェザー級王者のクレベル選手が相手に決まった時の率直な感想は? 「試合のオファーがあったのが、3、4週間前だったと思います。まずは『日本で試合しないか?』と言われ、試合がしたいので快く『やりたいです』と言ったら対戦相手が出てきた。調べてみたら、タフな戦績を持っている非常にレベルの高い選手と戦っている選手で、強敵だと思いましたが、自分としては相性は良いと思っています。自分も経験はあるし、自分にとってはいい試合だと思いました。何より、世界がこのような状況のなかで、再び自分が日本でこうして試合ができる事に非常に喜びを感じています」 ──もし時期が少しでもずれていたら来日も不可能でした。こうして日本で山本美憂選手と共に試合ができることについてどう思いますか。 「この状況下で、夫婦揃ってグアムの外で試合ができることはほんとうに恵まれていると思います。そもそも試合は来年になるだろうと覚悟していたので、このタイミングで自分だけでなく夫婦そろってで試合ができることを幸福に思っています。周囲からも反響が多きく、『ちゃんとルールに従って検査して、隔離生活を経て、ビザも取って試合をするんだよ』と説明すると羨ましがられました」 ──クレベル選手の強い柔術に対して、あなたのボクシング&ケージレスリングで相手をドミネート出来ると思いますか? 「クレベル選手は本当に柔術が素晴らしいと思うけど、僕もグアムで世界レベルの柔術家と常に練習してきているので心配はいりません。この試合は動きを止めた人間が負けると思っています。寝技でもたくさんスのクランブルになって、止まったものが負けます。僕がクレベルから一本とっても驚かないでください」 ──第9試合のアグォン選手と第11試合の美憂選手と試合が近いですが、彼女のセコンドに付く予定ですか。 「自分の試合の後に休憩が入ると聞いています。試合後に美憂選手のセコンドに入ることを今は考えています」 ──2021年、フェザー級グランプリの噂も出ていますが、来年の目標は? 「当然、フェザー級でGPがあれば参加したいです。RIZINのフェザー級は優秀な選手が揃ってきているので非常にレベルの高いものになると思います。GPの一員として入れたらと想像するだけで、鳥肌が立つくらい興奮しますが、そのためにもまずは目の前の試合に勝って、来年の予定を立てたいと思います」 クレベル「次のプランはRIZINのチャンピオン」 ──計量はいかがでしたか。 「(※すべて日本語で回答)減量はまったく問題ない。前日でラスト3kgくらい水抜きだった。全然大丈夫でした」 ──強い柔術に加え、立ち技がとても強くなっていると聞きました。どこでどんな練習をしてきましたか。 「コロナのときがちょっと大変だったけど、すごく良い練習ができた。ブルテリア・ボンサイ柔術でマルキーニョス先生、サトシ先生、関根“シュレック”秀樹、鈴木琢仁、打撃ではBELLWOODにも出稽古に行って、鈴木博昭選手、内藤大樹たちと良い練習ができた。それに、自分の家族や生徒たち、仲間たちのサポートがすごく力になったね」 ──対戦相手のカイル・アグォン選手はどんな印象ですか。 「彼は強いね。レスリングとかボクシングとか。ケージレスリングもあまり問題ないね。リスクはあるけど問題ない。私、ずっと練習してきた。ずっとRIZINでの試合を待っていたからね」 ──今回は望んでいた朝倉未来選手との対戦は実現しませんでした。今後、どう考えていますか。 「自分は来年、朝倉未来と絶対に試合をする。たぶん凄いいい試合になる。日本のファンもみんな待ってると思う」 ──朝倉未来選手が相手でも勝つ自信はありますか? 「未来? 自信あります。誰が相手でも自分は勝てます」 ──もし2021年にフェザー級グランプリがあったら出場したいですか。 「うーん、出場したいけど、でもできればタイトルマッチの方が良いです。トーナメントはもったいないね」 ──現チャンピオンの斎藤裕選手と戦っても問題ないですか? 「問題ない。斎藤でも朝倉でも問題ないです」 ──KSWではチャンピオンになりました。日本のRIZINで戦うのとどんな違いを感じていますか。 「KSWでは自分と先生だけだったけど問題なかった。でもここではもっとプレッシャーがある。生徒たち、家族たちがいるから、それがちょっと緊張する(笑)」 ──やはり家族の前でベルトを獲ることは大切ですか。 「家族が一番大事。そして生徒も。みんな一緒に戦う。それが一番大事です。次のプランはRIZINのチャンピオンです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント