MMA
ニュース

【RIZIN】さくらvs竹林エルの試合は実施、竹林が勝った場合のみ公式記録、さくらは減点&ファイトマネー減額

2020/12/30 21:12
【RIZIN】さくらvs竹林エルの試合は実施、竹林が勝った場合のみ公式記録、さくらは減点&ファイトマネー減額

体重超過のさくらが勝つ、もしくは引き分けだった場合は無効試合となる

 2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ『Yogibo presents RIZIN.26』で、「RIZINチャレンジマッチ」として将来を嘱望される10代の女子高生同士の試合が組まれることが12月23日に発表された。

 柔術をベースとする17歳の“サブミッション系女子”さくら(フリー)と、空手をベースとする17歳の“JK必殺拳”竹林エル(総斗會三村道場所属)が、5分3Rのヒジ無しルールで対戦する。

 30日(水)都内にて10:00から行われた計量で竹林は50.60kgで51.0kgの契約体重をパス。しかし、さくらは52.70kgで1.7kgの超過。RIZINでは「現在、試合成立に向けて調整しております」としていたが、21:20過ぎ、公式発表がリリースされた。


(写真)30日午前10時から行われた計量で、さくら(左)は1.7kg超過、竹林はパス

 この試合は公式ルール第7条第4項および第5項に基づき、次のとおり条件付きにて試合を実施することが決定。また、規定通りファイトマネーは50%没収となる。

1.さくらの勝利は記録されず、次に掲げるとおり裁定される。

(1)竹林エルが勝った場合、その結果を公式記録とする。
(2)竹林エルが負けるか、引き分けた場合、記録はノーコンテストとする。

2.さくらに減点を課した上で、試合を開始する。 本試合は階級超過体重が0.5kg以上につき減点(レッドカード)とする。

 さくらは自身のSNSにて「お詫び」と題し、「この度は、RIZIN出場という大きなチャンスを裏切る形になり、本当に申し訳ありません。今があるのは、応援してくださる皆様のおかげです。感謝して、感謝して、皆様にこの場を借りてお詫び申し上げます。明日は感謝を形に、がんばります。よろしくお願い致します」とファンに謝罪している。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント