K-1K-1
K-1
ニュース

【KRUSH】ファン予想は王者・晃貴が有利、挑戦者・隼也は「見る目ないですね」

2019/04/18 16:04
 2019年4月19日(金)東京・後楽園ホール『K-1 KRUSH FIGHT.100』の前日計量&公開練習が、18日(木)都内にて行われた。  メインイベントでK-1 KRUSH FIGHTバンタム級タイトルマッチを争う、王者・晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST=初防衛戦)と挑戦者・隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)はともにリミットちょうどの53.0kgで計量をパス。  計量後にタイトルマッチ調印式を終え、会見に出席した両者は、「計量をパスしてホッとしています。明日は頑張ります」(晃貴)、「計量をパスして調子もめっちゃいいので後は明日やるだけなので期待していてください」(隼也)と、それぞれコメント。  今日の相手の印象については「身体を見てもいい感じなのでいい試合ができそう」(隼也)、「調子がよさそうなのでいい試合ができるんじゃないかと思っています」(晃貴)と、相手のコンディションがよさそうと認めるとともにいい試合になりそうだとの予感があるようだ。  今大会より『Krush』が『K-1 KRUSH FIGHT』にリニューアルされ、Krush.1から数えて100回目の記念大会となる。そのメインを務めることについて隼也は「一発目なのでいい仕事をしないといけない。今まで以上に倒す気で行きます」と意気込んだのに対し、晃貴は「あまり考えてないです。リベンジのことだけです」と、王座に就く前の2018年4月に判定で敗れている隼也へのリベンジのことしか考えていないとした。  自信満々の隼也は「何でも自分が勝っていると思う。負けているところはないので普通にやれば普通にチャンピオンになれる。自信しかない。ここで負けたらヤバいけれど、負ける気は全然ない。警戒しているものも何もない」と言い放ち、晃貴は「明日は絶対に自分が勝つので自分が勝つところを見てください」とだけ答えた。  隼也に比べるとかなり元気がないように見えた晃貴だが、そのことを指摘されると「減量がなくてもいつも元気ないです」と言って場内を笑わせた。しかし、前回の対戦での反省を踏まえて「前回はテクニックで負けたと思っているので、テクニックも磨いてきました」と、前回のようにはいかないとする。  公式サイトでの勝敗予想では晃貴が有利。そのことを聞くと晃貴は「普通に嬉しいです」と笑顔を見せたが、隼也は「見る目ないですね。(不利と言われると)逆に燃えるので見とけよって感じです」とさらなる闘志を燃え上がらせていた。■関連リンク王者・晃貴、リベンジ&初防衛して無傷でK-1の舞台目指す「1RでKOします」王者・晃貴、挑戦者・隼也ウィラサクレックとの初防衛戦は“本当の王者”を決める戦い。2度目の王座挑戦・隼也は「『自分が本当の王者なんだ』と分からせたい」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント