MMA
インタビュー

【RIZIN】浜崎朱加、ハム・ソヒ離脱に「追いかけて行こうと考えたけど、RIZINの価値を下げないために残りました」

2020/12/29 22:12
 2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.26』に出場する全選手の個別インタビューが、29日(火)に行われた。  第11試合の49kg契約・5分3R(ヒジ無し)のRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチで、山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE22)と対戦する浜崎朱加(AACC)がインタビューに答えた。 アトム級では私が世界で一番だと思っている ――今のコンディションはいかがですか。 「減量も凄く順調で凄く調子がいいです」 ――今回の試合に向けては変わらずAACCでの練習を続けてきたのでしょうか? 「そうですね。AACCだけで練習の調整をしてきました」 ――山本美憂選手との試合に向けて、どんなテーマを持って取り組んできましたか。 「レスリングでトップレベルの選手なので、テイクダウンの展開をやって、打撃もしっかりと得意なところで戦えるように、ここ何週間かはそこをやってきました」 ――浜崎選手の「得意なところ」とは……。 「寝技になった時もしっかり極められるようにしましたし、打撃に関しては野木丈司先生からアドバイスをもらいながらやってきました」 ――山本選手の印象をお願いします。 「レスリング、テイクダウンは速いし、強い印象があります。テイクダウンされる覚悟でいますし、テイクダウンされてからの展開もやってきました」 ――昨年10月、ハム・ソヒ戦での山本選手は打撃のプレッシャーがある中で、遠い間合いからテイクダウンを切られるようになりました。今回の打撃戦をどのように考えてますか。 「打撃に関しても特に負けるとは思いませんし、しっかり打ち合えるところは打ち合っていきたいと思っています」 ――ところで、RIZINでベルトを獲ったハム・ソヒ選手がRIZINを抜けた後、ONEまで追いかけていこうと思ったのは本当なんですか? 「そうですね。ちょっと熱くなっていた部分もありました。次やれば勝てる自信もあったのでONEも考えていたのですが、日本でもやりたい選手もいるし、RIZINの価値を下げないためにも残りました」 ――日本でもやりたい選手と、日本で試合を見せたい人もいた? 「そうですね。それが一番にありました。ファンに生で試合を観てもらいたいという想いが一番強かったです」 ――コロナ渦の練習の中で新しく挑戦したことはありましたか? 「当たり前に練習していたことが当たり前ではなくなって、今もマスクを付けて練習しているのですが、特に新しく始めたことは特になく、普通に練習ができるありがたみを感じました。今までコロナになる前は普通に練習に行くことが当たり前だったのですが、こういう風に練習が普通にできるようになってからは、1つひとつのことに感謝できるようになりました」 ――練習メニューでは弱点を強化することもあったのでしょうか。 「特にないのですが、強いて言うなら身体が硬いのでストレッチを多くしていたぐらいです」 ――試合後、年明けに自分へのご褒美はありますか? 「正月にディズニーシーに行こうと思っています(笑)。もうチケットは取っています。綺麗な顔で行きたいですね」 ――昨日、歴代興収新記録となった『鬼滅の刃』もご覧になったのでしょうか。 「もちろん見ました。好きなキャラ? クールでカッコいい感じの冨岡義勇が好きです」 ――この試合を含めた来年の目標を教えて下さい。 「今のところ、まずはRIZINのベルトを獲ってからですね。ベルトを獲ってからは強豪を当てられると思いますが、しっかり“無双”というか圧倒して勝って防衛していきたいです」 ――世界から自分のベルトを奪いにRIZINのリングに上がってこいと呼びかけたい? 「そうですね。アトム級では私が世界で一番だと思っているので、どんどん世界中からやってきてほしいですね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント