MMA
インタビュー

【RIZIN】平本蓮が吼えまくる「ローキックで失神しちゃうかも」「朝倉未来はマジでムカついた」

2020/12/29 14:12
 2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.26』に出場する全選手の個別インタビューが、29日(火)に行われた。  第8試合の68kg契約5分3R(ヒジ有り)で、萩原京平(SMOKER GYM)と対戦する平本蓮(THE PANDEMONIUM)がインタビューに答えた。 <質疑応答> ――いよいよMMAデビュー戦が2日後に迫ってきました。現在の心境は? 「最高です!」 ――試合が決まってからの練習期間は長くはなかったと思いますが、MMAファイターとしての自分の完成度はどれくらいですか? 「いや、平本蓮を見せるだけですね。MMAファイターとかK-1ファイターではなく、平本蓮を見せる練習をしてきたから何の不安もないです。いつもと同じです」 ――寝技の練習をやってみての感触は? 「寝技の練習をやってみて、自分の身体の動きというか人間の力の出し方とか、いろいろと改めて勉強になって。寝技はもちろん上達したんですけれど、それがいい具合に打撃に活きて打撃も凄く調子が良くなったというか。寝技をやって自分のポテンシャルが引き上げられて、強さが凄いレベルアップしたと思っています。寝技だけじゃなく、寝技の練習を取り入れたことによって全体的に強くなったって感じです」 ――自分の持ち味である打撃で仕留めようとしているのか、それともあえて寝技で仕留めたいと思っているのか、どちらですか? 「それは試合当日に見せるので、楽しみにしておいてもらえたら」 ――萩原選手はカーフキックを使いますが、その対策は? 「あれは白川陸斗がカットがヘタクソすぎて効いただけ。あんな蹴り、マジで通用しないっすよ。あれは素人同士のちょっとそこら辺でサンドバッグを蹴り始めた少年たちの蹴りと同じレベルくらいです。カーフキックとか自分で言っているのがマジなめていますね。あれを蹴りだと思っている萩原が恥ずかしい。格闘技やめた方がいいかも」 ――では、本物のカーフキックを見せてやろうって感じですか? 「いや、本物のカーフキックというよりかは、俺のローキック一発でノビちゃうっすよ。脳までダメージいっちゃうんじゃないかな。ローキックで失神しちゃうかもしんないす」 ――今回SNSを通じて舌戦が盛り上がりましたよね。 「萩原は思った以上に口数が少ないなって思ったので、多分ビビっているんじゃないですか、負けることを。それが頭の中のどこかにあるから行ききれないんですよ。それが試合中に出るんじゃないかなと思いますよ」 ――挑発しながらも相手の心理を読んでいる? 「いや、心理戦とかはないっす。思ったことを言っただけで」 ――舌戦の反響はいかがでしたか? 「まあ、いいんじゃないですか。他にも外野で皇治とか朝倉未来とかともやっていたので。そっちの方が(反響は)大きかったのかなって。朝倉未来は絶対にぶっ殺します、あいつは。俺がKO負けするって言ってるってファンに聞いたんですけれど、朝倉の動画をちゃんと確認してみようと思って見てみたらマジでムカついたんで。アイツはマジでぶっ殺すっす」 ――来年ぶっ殺す? 「はい、ぶっ殺します。でもどうだろう。(今回朝倉が)負けちゃうかもしれないから、本当に熱望しているのはRIZINのフェザー級のベルトです」 ――岡見勇信選手を育てた礒野元さんからの指導を受けているそうですが、どのような力になっていますか? 「礒野さんとは意見を交換しあって、僕の打撃で使える部分であったりとか。礒野さんはどちらかというと立ち技が強い選手にどう対処していくかを考えてきた方なので、凄く合うというか。こうやられると嫌だとか、こうされるとやりづらいとか。そこを意識して凄くいいトレーニングだったので、自分自身楽しみです」 ――昨年12月29日のRIZIN初試合から1年間空いてしまいましたが、長かったですか、短かったですか? 「夏休みくらいですかね。いい夏休みを過ごしたって感じです」 ――12月29日に出るのと31日に出るのとでは心境が違う? 「一緒っすね」 ――試合2日前、どんな感情がありますか? 「蒼く燃えています。空回りしないというか、常に落ち着いた状態でずっと闘志が燃えている感じです。感情に流されたら試合はダメなので蒼く燃えている。機械になると言うか、計画を遂行する。それだけの試合。相手は開始早々、僕のパンチでビビッて打撃は無理だと思って絶対に組んでくるので、そこからですね、試合の展開は」 ――フィニッシュの瞬間まで完全に見えている感じですか? 「フィニッシュと言うか、来年自分がRIZINをジャックする。その計画がもう僕の頭の中にあって。自分に勝てれば、覚悟があれば絶対にできるのでシンプルに楽しみです」 ――セコンドには誰が就きますか? 「礒野さん、長谷川賢さんが就きます」 ――フィニッシュまでのイメージは、セコンドの作戦通りに動きますか、それとも自分の感覚ですか? 「感覚です」 ――意識する対戦カードや選手はいますか? 「堀口恭司ですね。本物だと思うので。本物と戦いたいので意識するのは堀口選手です」 ――今回の入場曲は? 「本当に楽しみにしていてください。だからPPV買ってほしいですね。多分テレビで流れないと思うので。過去一でPPV売りたいというか、俺の試合は買ってみろっていう。入場も試合もマイクも全部PPVで楽しみにしていてくれたら。5000円以上の価値は絶対に届けるっすよ」 ――スポンサーさんにラーメンの鷹の爪さんが入って、計量後に食べたいなって伝えていましたね。計量後に大丈夫ですか? 「僕は試合前に胃もたれないので好きなものを食って試合に臨んでいるので。大体10kgくらい当日は戻るんですけれど、好きなものを食べます。今までも健康的ものを食った時ほど気持ち的にも動きも微妙だったので、好きなものを好きなだけ食って飲んでの方が俺は調子いいので、それはいつも通りですね」 ――少年時代にライバルだった那須川天心選手は意識していないんですか? 「お互い通じるものが絶対にあると思うので、同じリングに立つのは僕も感慨深いものがあります。僕は去年、RIZINではなくBellator JAPANの方だったんですけれど、日本のPRIDEの血を受け継いだRIZINには初参戦。大晦日も初めてだし、しかもその試合がMMAデビューっていう。全てが運命が重なっているというか。小さい時に同じ目標を目指して天心と頑張ってきたんですけれど、今の目標は僕と天心ではまた違うと思うし。そういう人生の分岐点って、俺には俺、あいつにはあいつにあると思うっす。俺は本当にここから始まるんだ、って感じなので。平本蓮の第2章っすね。それが日本の格闘技界と上手くマッチしたというか。僕は本当に格闘技の申し子だと思うので、そういう姿を見せたいと思います」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事