ムエタイ
インタビュー

【RIZIN】“ハマの神童”吉成名高が那須川天心を意識「2RまでにKO。天心選手に負けないような試合をしたい」

2020/12/29 12:12
 2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.26』に出場する全選手の個別インタビューが、29日(火)に行われた。  第6試合のRIZINキックボクシングルール(※ヒジあり)50kg契約3分3Rで、ペットマライ・ペットジャルーンウィット(タイ)と対戦する吉成名高(エイワスポーツジム)がインタビューに答えた。 <質疑応答> ――対戦相手の印象は? 「本場のタイから来る選手で、7チャンネルっていうタイのテレビの団体のベルトを持っている選手で、その団体は前に出る選手が好まれる大会なのでどんどん前へ出てきて勝負してくると思うんですけれど、自分ではスピードが優っていると思うのでそのスピードを活かして相手を捌きながら自分の攻撃を当てていって最終的にはKOという形で終わりたいと思っています」 ――試合映像は見ていませんか? 「けっこう見ました。対策もやっている感じです」 ――前回は日本人選手が相手でやりたい放題な試合でしたが、今回はタイ人が相手であそこまで上手くいかないのでは? 「そうですね。首相撲からのコカしだったり、タイの選手は上手いので、前回のように自分の思うように崩してとはならないと思いますが、打撃では自分の方が分があると思っているので今回は打撃で勝負します」 ――タイでタイ人と戦う時とはまた別の戦い方をしますか? 「ムエタイは何でもできるので、いつもタイでの試合でやっているみたいにポイントを取るムエタイではなく、日本でやる時は倒すムエタイを見せたいと思っています」 ――予告KOラウンドはありますか? 「どうだろう…でも2Rくらいまでには終わらせられたらいいなと思います」 ――大晦日という舞台に立つことはどう思っていますか? 「大晦日は普段格闘技を見ないような人も見ている華やかな舞台なので、そこで目立つには自分もKOが一番いいと思っているので、KOで勝ちたい気持ちが大きいです」 ――那須川天心選手と同じリングに立つのは初めてですか? 「はい。同じ大会に出るのは初めてです。いつも凄いKOとか凄い試合をするので、それに負けないような試合をしたいなと思っています」 ――那須川選手以上のインパクトを目指しますか? 「はい、それを目指して頑張ろうと思います」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント