MMA
ニュース

【UFC】マネル・ケイプのUFCデビュー戦がまたも流れるも、いきなり王座戦のバックアップファイターに

2020/12/05 15:12
 2020年12月19日(日本時間20日)、米国ラスベガスの「UFC APEX」にて開催される「UFC Fight Night: Thompson vs. Neal」で予定されていたアレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)vs.マネル・ケイプ(アンゴラ)が、パントージャの新型コロナウイルス感染検査陽性反応のため延期となったことを、複数の米国メディアが伝えた。UFC米国の公式サイトでも同カードがラインナップから外された。  元RIZINバンタム級王者のケイプと現UFCフライ級5位のパントージャの試合は2021年2月に行われる予定(※【追記】2021年2月6日のUFCでパントージャと対戦)で、さらに今回すでにラスベガス入りしているケイプが、12月12日(日本時間13日)の「UFC 256:Figueiredo vs.Moreno」にて、メインイベントのUFC世界フライ級選手権試合デイブソン・フィゲイレードvs.ブランドン・モレノのバックアップファイターとなったことも、「MMA Fighting」により報じられている。もしモレノが欠場となった場合、ケイプはUFCデビュー戦でいきなり王者と対戦する可能性がでてきた。  ケイプの試合が流れたのはこれで2回目。2020年8月のUFCデビュー戦を、対戦予定だったフライ級8位(※現7位)のホジェリオ・ボントリン(ブラジル)と自身の双方の怪我でキャンセルしており、今回のパントージャ戦で、朝倉海戦以来、約1年ぶりの試合を迎える予定だった。  果たしてバックアップファイターとなるケイプの王者挑戦はあるのか。ケイプは「このベルト争奪戦のために信念を貫こう」と、SNSに記している。  また、パントージャは「3週間前に検査で陽性が発覚し、11月30日の検査でも陽性反応が出たため現在も隔離中だが、体調は良くなっている。12月4日に再度の検査を行う」と語っており、アメリカントップチームで練習を積んだパントージャが、堀口恭司らほかファイターといつどれくらい接触しているのか、確認中だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事