ONEONE
キックボクシング
ニュース

【RISE】史上初女子マッチがメインに、小林愛三vs陣内まどかのフライ級王座決定戦

2020/12/01 12:12
【RISE】史上初女子マッチがメインに、小林愛三vs陣内まどかのフライ級王座決定戦

144回目を迎えるRISEのナンバーシリーズで初の女子メインが決定、小林vs陣内の決勝戦

 2020年12月18日(金)東京・後楽園ホール『RISE 144』の全対戦カード&試合順が発表された。

 全9試合が行われる今大会、メインイベントを務めるのは2003年にRISEが旗揚げされて以来、ナンバーシリーズでは初となる女子マッチ(ナンバーシリーズ以外では神村エリカが務めたことがある)。


 初代RISE QUEENフライ級(-52kg)王座決定戦として、WPMF女子世界フライ級王者・小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)と元J-GIRLS&WPMF日本バンタム級王者・陣内まどか(フリー)が、3分5R無制限延長Rで対戦。9月大会で開幕した「初代RISE QUEENフライ級王座決定トーナメント」がフィナーレを迎える。

 2021年にはトーナメント開催候補にあがっているミドル級の一戦、RISE同級1位・緑川創(RIKIX)vs同級7位・憂也(魁塾)がセミファイナル。この一戦が2021年につながっていくかどうか。


 新たに発表されたのはフェザー級(-57.5kg)3分3R延長1Rで、同級11位YUU(リアルディール)vs青木朋哉(和術慧舟會 駿河道場)。YUUは今年2月の新宿FACE大会で津田鉄平と対戦し、敗れはしたものの延長にまで及ぶ熱戦を演じた。対する青木は2018年7月16日以来のRISE参戦となる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事