シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】新設された女子王座を争う未奈と溝口孝湖が計量クリアー「いつも通りフルボッコ」(未奈)

2020/11/27 23:11
 2020年11月28日(土)東京・後楽園ホール『SHOOT BOXING 2020 act.2』の前日計量が27日(金)17:00より都内にて行われた。  セミファイナルのSB日本フェザー級(57.5kg)王座決定戦で対戦する同級1位・笠原友希(シーザージム)は57.5kg、同級4位・手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸)は57.4kgで計量をパス。  笠原は「今回、練習も体重も絶好調できました。明日はしっかり倒してベルトを巻こうと思います」と気合い十分のコメント。2018年11月に植山征紀とタイトルを争って以来のタイトル戦となり、「ここで落としたら先はないと思っています。何が何でも獲りにいきます」とベルト奪取を誓う。  対する手塚も「人生初のタイトルマッチで減量も練習もうまく行き、調子は絶好調なので明日はベルトを獲りにいきます」と自信を見せた。  第4試合、SB日本女子ライト級(62.5kg)初代王者決定戦で対戦するSB日本女子ライト級1位・未奈(秀晃道場)は62.45kg、HOOST CUP女子スーパーライト級王者・溝口孝湖(WATANABE GYM)は62.35kgで計量をクリアー。  2つ目のタイトル奪取を狙う溝口は「ベルトを獲りに来ました。未奈選手はガンガン前に出て打ち合ってくれる選手なので打ち合いを楽しみにています。ガンガン打ち合いたい。両肩にベルトを下げるとかっこいいので、ベルトを持って帰ります」と打ち合った上で勝つと宣言。  すると未奈は「普通に勝ちます」と一言。相手が打ち合いを要求したことについては「ここはSBのリング。投げ技、立ち関節が認められていて、ジャンケンでグー、チョキ、パーがあるのにグーだけを出せというのはおかしい。蹴り、パンチ、投げ技、絞め技の全部を使って勝ちます」と全ての技を駆使して倒すとした。  新たな女子王座が新設され、23戦目にして初のタイトル初挑戦となった未奈。さぞや待ち望んでいただろうと思いきや、事前のインタビューでは「今回タイトルマッチが決まったからにはチャンピオンになりたいのですが、“私は誰よりも強くなりたい”という想いで続けています。シュートボクシングで戦い続けている以上はSBのベルトは欲しいですが、特にベルトにこだわりはなく、ただの通過点としか思っていません。試合を組まれたらやる、今回たまたまタイトルマッチだったという意識の方が強いですね」と、タイトルにこだわりはなかったという。  対戦する溝口については「こういう選手がいるな~と名前は知っているぐらいで、試合映像も見ていないので特に印象はないです。太田秀俊代表がいつも対策を考えていて、私は何の先入観もなく太田代表の指示通り純粋に戦うだけです」と、映像も見てないとした。  試合については「いつも通り相手をフルボッコにしてダウンを取って倒して勝つだけですね。最近はダウンすらも取れない女子選手が多く、自分は毎回ダウンを取っているので他の選手とは違います」ときっぱり。ダウンを取れる秘訣は「やはり私のパンチ力が強いからですね。力まないで脱力して打っているので威力のあるパンチが打てているんだと思います」と話した。  溝口が「ドンフライvs高山善廣戦のようなガンガン打ち合う試合をイメージしている」と話したことには「自分の立ち位置が分かっていないのでは? 私とそこまでやり合えるレベルの選手ではないですよ」と一蹴。  さらには、溝口が12月27日にHOOST CUP女子スーパーライト級タイトルの防衛戦を控えていることを聞くと「試合ができなくなるんじゃないですか? 1カ月後に試合があるのに私との試合を入れるなんて格闘技をナメているとしか言えません。今まで本物の格闘技をしてこなかったんだと思います」と言い放つ。  大晦日のRIZIN出場をアピールする選手が多いが、未奈は「全く思いません。むしろ年末は家でゆっくりしたいです(笑)。そういうのは自分でアピールするのではなく、SB協会にオファーが来て私に話が来るのが普通なので、私からアピールするのはおかしいです」と、アピールするつもりはないという。  来年の目標を聞かれると「“来年の事を言えば鬼が笑う”ので何も言いません(笑)」とした。  最後にファンへのメッセージを求めると「黙って見てろ!」との答えが返ってきたが、この真意は「コロナのせいで声を出して応援ができないのでそういう意味で(笑)。ソーシャルディスタンスを守って観戦してください」との理由からだと笑った。  なお、今大会チケットは全席種が完売となり、会場に来られないファンのために今大会の模様を「ローチケ LIVE STREAMING」にて有料配信が行われる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事