MMA
ニュース

【RIZIN】亀田興毅やボブ・サップとの対戦アピールする皇治に白鳥大珠が苦言、しかし皇治は「暇な時でも」

2020/11/24 12:11
 2020年11月21日(土)大阪城ホールで開催された『Yogibo presents RIZIN.25』のリング上で、再起戦を行うことをファンに告げた皇治(TEAM ONE)。 「大晦日はみんなが元気になるような挑戦の試合を、ボブ・サップとかチェ・ホンマンとか、大きな相手と試合をしたいと思っています」と無差別級での試合をアピールすると、大会後の総括で榊原信行RIZIN CEOは「皇治は競技者、プロの格闘家ですから、その範囲内で逸脱するにしても範囲をどこまではみ出させるのか。MIXルールだったりとか、ボブ・サップやチェ・ホンマンは分かりやすい異次元なカードですが、それに限らず少し変化球を投げられるようなカード編成に皇治選手に関してはしたいなと思います」と話した。  これに反応したのが、プロボクシングで日本人初の3階級制覇を成し遂げ、2019年6月にはABEMAの特別企画で那須川天心とボクシング対決を行った亀田興毅だった。亀田は『ボブ・サップやチェ・ホンマンとの対戦アピールした皇治に「変化球用意したい」(榊原CEO)』のニュースをリツイートし、「皇治、やるか?」と投稿。  これに皇治も反応し、「オモロイですね。大晦日は祭り。盛り上げましょう。誰が何を言おうが亀田家が大阪からボクシング界を盛り上げた。尊敬してるからこそ、越えないと。亀田3人兄弟、1ラウンドずつ交代でもええですよ。お猿さん、大晦日リングの上で会いましょう」と、亀田に挑発で答えた。  一方、11月1日に大阪で開催された『RISE』にて皇治との対戦をアピールした中村寛、『RIZIN.25』で勝利した後に大晦日の対戦相手として皇治の名をあげた大雅、以前から皇治との対戦を希望している白鳥大珠など、皇治の首を狩りたいキックボクサーたちが多くいる。 (写真)「(皇治の相手は)他にいますかって感じです」と大晦日での皇治戦に意欲を見せていた白鳥 白鳥は前述の榊原CEOのニュースをリツイートし、「みんなこんなの求めてるのかな?」と苦言を呈した。その後には「まあいつでもいーや。戦える準備だけはしっかりしとく」と、大晦日での対戦にこだわらないとの姿勢を見せたが…。  皇治はそういった声に反応してか、23日には「身体、一個しかあれへんのやわ笑。名もなき坊や達、また暇なときでもあったら順番に相手したるわな。おとなしい並んどき」と、大晦日以外で相手にしてやると投稿している。  亀田の真意も気になるところだが、果たして大晦日に皇治に用意される“変化球”とは何なのか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事