グラップリング
レポート

【ZST】岩本健汰が今成正和に一本勝ち! 米倉大貴が高橋“SUBMISSION”雄己を極める。女子52kgトーナメントは杉内が優勝!=BATTLE HAZARD08

2020/11/22 13:11
◆2020年11月22日(日)コロブロックpresents BATTLE HAZARD08(GENスポーツパレス) ▼グラップリング ノーポイント・サブオンリー(15分)×今成正和(今成柔術)[14分21秒 肩固め]○岩本健汰(IGLOO)  今成は、10月27日(火)の「QUINTET FIGHT NIGHT5 in TOKYO」で所英男率いる「TEAM TOKORO PLUS α 2nd」に参加が決定しており、11月22日の「BATTLE HAZARD 08」との連戦となる。  2019年9月に英国で行われた「Grapple Fest 6」で、“ヒンドゥ・コントロール”の使い手として名を馳せるベン・エディ(10th planet)を残り43秒でストレートフットロックを極めるなど、足関節の生き字引としていまなお進化を見せている今成。その後も「コンバット柔術」でヒールフックで2試合を勝ち抜き、準決勝こそ優勝者のトム・ハルピン(アイルランド)に敗れたものの存在感を示している。  試合自体は、MMAでの2020年9月の「ROAD to ONE」以来。ケージの中で、立ち技を徹底する根津優太に再三のイマナリロールを仕掛けるも捕えきれず判定負けとなっている。  今回の舞台はリング。そして対戦相手はGTFフェザー級王者の岩本健汰(IGLOO)に決定した。サドルロックという名前が無い時代から、MMAのなかで足関節システムに磨きをかけてきた今成に対し、ノーギグラップリングのスペシャリストである岩本は、内・外に関わらずヒールフックほか足関節を得意としながらも、その極め手は絞め・関節と多岐にわたる。  果たして、ノーポイント・サブオンリー(ポイント無し、一本勝ちのみ)ルールで、いかに極めのセットアップを作るか。  コーナーで壁レスリングからダブルレッグテイクダウンに入る岩本にクローズドに入れて引き込む今成。片足を抜く岩本に腰を殺してコントロールする岩本。腰を切り半身で足を戻そうとする今成に、岩本はボディロックからパスし、背中ごしにクラッチを組み、肩固めへ! 深く入るが今成は得意のブリッジからズラして脱出!  なおもバックについていく岩本は両足を4の字に組んでリアネイキドチョーク狙い。ここも凌いだ今成に、腕を解いた岩本はトラックポジションからツイスター狙いへ。両手をクラッチし脇を潜らせない今成は、上体を起こし、岩本の左足にストレートフットロックへ。  これを立ち上がって外した岩本にデラヒーバからカーフスライサー気味に足を畳みに行くが、正対し今成の足をとらえた岩本に内ヒールフック狙う今成。岩本もストレートフットロックから内ヒール、外ヒールフックへ。これも横回転でズラす今成に、岩本は立ち上がりパス狙い。  半身でニーシールドの今成は体力が持つか。再び背中ごしにクラッチした岩本が足を越え、マウント、肩固めへ!  ブリッジから後転を狙う今成にそれをさせない岩本が絞め上げ、今成からタップを奪った。15分一本勝負の実に14分21秒の一本勝ちだった。  14分の大熱戦の末に今成を肩固めでタップを奪った岩本は、「19歳で大学に入ってグラップリングを始めて、23歳で道に迷いつつも出来ています。一つ言えることは僕はグラップリングには自信があります。今日は勝ちましたけど、全然、満足していないし、もっと強くなれるし、信じてやっていきます。来てくれた人、応援してくれる決して多くはいない人たちに感謝します」と勝利の挨拶。  続けて勝村周一朗プロデューサーから今後について問われ、「いろいろ大会も、ADCC予選も延期になりすぐに目標はないですけど、今回は僕が減量する形だったので、階級を上げての挑戦や無差別級でもやります。(誰と?)すぐに思い浮かぶんだったら、岩崎正寛さんだったり。(米倉と同門対決も?)可能性としては全然あると思う。チームメイトなので出来ればやりたくないですけど、無くはないと思います。今回、メインで締めくくる言葉はないですけど、来てくれてありがとうございます」と語った。 [nextpage] (※写真&詳報は後ほど追加) ▼KOKルール 無差別級5分2R平 信一(綱島柔術)関根"シュレック"秀樹(ボンサイブルテリア)※平が練習中の怪我により欠場 ▼GTルール 60kg以下契約10分1R○米倉大貴(IGLOO)[1R 1分28秒 ヒールフック]×高橋“SUBMISSION”雄己(和術慧舟會 HEARTS)  先に外ヒールフックを仕掛けた高橋に、ロールしてロープ際へ。米倉は高橋の右足に今度は内ヒールフックでタップを奪った。 米倉「今日勝って12月ZSTがあると聞いているので、同じ階級で戦ってくれる選手もいないし、海外からも呼べないし、無差別級トーナメントかワンマッチでお願いします」 [nextpage] ▼ZSTジャケットルール バンタム級×松本大輔(IMNグラップリング)[判定0-3]○谷井翔太(大道塾横須賀支部/ロデオスタイル)  袖口が狭い柔術衣の松本と、袖が短い大道塾の道衣の谷井。下から道衣の襟を掴んで引き込んでオープンフィンガーグローブで殴る谷井。3Rに松本はダブルレッグから足関節もゴング。判定は道衣を掴んでパンチを当てた谷井が勝利。 [nextpage] ▼KOKルール バンタム級 5分2R○長野将大(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)[1R 1分43秒 ヒザ十字固め] ※前転からヒザ十字×平田真徳(ALLIANCE) 長野「いつもマイク持たせてもらったら言ってるんですけど、KOKルールのトーナメントをお願いします。フライ級の選手少なければ、バンタム級の選手も入れて、ZSTを盛り上げたいのでよろしくお願いします」 [nextpage] ▼ジュニアGTルール×川頭昊士(CARPE DIEM)[2R 0分52秒 リアネイキドチョーク]○野田獅王(トライフォース柔術アカデミー) [nextpage] ◆女子52kgグラップリングトーナメント(8人トーナメント) ▼決勝 ○杉内由紀(ポゴナクラブジムさいたま支部)[1R 5分29秒 腕十字]×坂元和子(今成柔術)        坂元の外ヒールに杉内はストレートフットロック。足を外した杉内は上を選択。パスガードを狙う杉内に、坂元は潜りから足をすくいヒザ十字、ヒールフック。杉内もアキレスへ。上になり、下の坂元はアームロック根愛。坂元の左足を抱えた杉内は坂元の左腕を掴み、腕十字へ。見事、タップを奪った。  GTF女子トーナメントを制した杉内は、「女子トーナメントを開いてくれてありがとうございました。坂元選手とはやりたかったので一本取れて良かったです。今日はめちゃくちゃ飲みます!」と酒豪らしく宣言した。   ▼女子52kgグラップリングトーナメント準決勝 7分1R○杉内由紀(日本)[0分27秒 腕十字]×悠花(日本) ▼女子52kgグラップリングトーナメント準決勝 7分1R○坂元和子(日本)[オーバータイム] ※坂元が24秒でRNCで一本、12秒でバックエスケープ×村上 彩(日本)       ▼女子52kgグラップリングトーナメント 1回戦 7分1R○村上 彩(CARPE DIEM)[1R 4分24秒 腕十字]×木越めぐみ(HAGANE GYM)      ▼女子52kgグラップリングトーナメント 1回戦 7分1R ○坂元和子(今成柔術)[オーバータイム] ※坂元がバックから24秒RNC、ARISAのバックは17秒でエスケープ ×ARISA(DRAGON'S DEN)      ▼第1試合 女子52kgグラップリングトーナメント1回戦 7分1R ○悠花(ALLIANCE)[不戦勝] ※橘園舞が計量後に負傷×橘園舞(パラエストラ柏)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事